2021/1/1

あけおめ  日常のこと

あけおめ、ことよろ。
 昨年、私が書いた今年の経済ほかの暗き見込みが、どうかすべて外れますように。
 2021/1/1


「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」ではありますが、近年は「また一年間生きられたな」ということでもあるとホント実感します。だから 「あけおめことよろ」
合掌しつつ

2

2021/1/1

新型コロナ―ワクチン  日常のこと

中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチン、日本の一部富裕層が接種を受けていた。https://news.yahoo.co.jp/articles/1ddd2dd3f5d7b8b98a5fb37dc0701d1564550f52

―わあ、怖いなあ。中国のを秘密になんてそも怪しいのに。そも新しいワクチンは怖くもあるが、「承認ある場合」との決定的な違いはその信頼性と、万一の副作用があったときに何らの補償もないということ。

―昔、ハレー彗星が地球に近づいてきた時に、地球の空気が30分だったかなくなるという話があり、地方の大金持ちがその子どものためにタイヤのチューブに空気を入れて何本も用意したとかいう笑い話があったなあ。ホントだったみたい。ググると下記に書いてある。こういうのこそ、今も教科書に入れてほしいなあ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B0%97%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%97%A5

●私、承認されたワクチンがうてるようになれば勿論うちます。

1、地元の市では人口25万人弱だがそろそろ500人にもなる。まあホントはその10倍5000人ではないかなと思っている。さらに感染力が強い変異種も広がって来るとのこと。感染するのは、数日か長くて数か月とヒシヒシと感じます。

2、手洗い、うがい、鼻ウガイまでしているし、パルスオキシメーターで日々測っているが、私は肺が弱いから罹患すれば急激に悪化する危険性が大きいだろうと。

3、感染したときに、人にうつすのもホント心配ですし。

4、ワクチンの副作用はそりゃ時には出てくるが、ごくごくごく一部であり、新型コロナと異なりその補償もある。そも3万人に一人は毎日死んでいるのであり、ワクチンの副作用騒動がそのうち始まろうが、多くは間違いのもの。


―なお、先進国で唯一、子宮頸がんワクチン投与が止まってしまったのは日本。あの性病でもあるウイルスによる子宮頸がんは、数十年後にはうち日本だけの病気になるのだと、恥しい話。初交前に投与すべきで今も中1から高校1年生の女性は安くうてるのになあ。

1960年頃、小児ポリオにつき未承認のソ連の生ワクチンを、市民運動でなんとか輸入させ、劇的な効果がでたことがあったのですね。知らなかった、勉強になる。こちらが詳しいかとも。小児麻痺は、今は不活化ポリオワクチンになっている。
https://www.min-iren.gr.jp/?p=3097


おいおいに新型コロナのワクチン投与も始まろうと。私、うちます。そも旧くからある薬剤でも、何故か行政が間違ったことをしてきたことで、怖ろしいこととなっていたのが、下記の薬害スモンの経緯。
●ごくごくありえる副作用よりも、既にいつ感染してもおかしくない新型コロナの発症防止こそが大切だから。
https://suzuka.hosp.go.jp/smon/disease/history.html#:~:text=%E7%8A%AC%E3%81%AB%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%92%E6%8A%95%E4%B8%8E,%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%80%81%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ