2021/1/28

単に共同親権欄ができるだけ?  憲法・社会・官僚・人権

離婚の9割は、役所に届けるだけの「協議離婚」

こんなに容易に離婚できる国は、まあない。
子がいて、その親権だは決めなければならないが、監護方法・養育費も決めずとも届け出られる。まして、直ちに差し押さえできるような「執行力」もつかない。


共同親権の導入に反対・賛成の議論ばかりがあり、未だ
「導入は必然とし、家裁関与について議論する」となっていないのだもの。

つまり、今の協議離婚を含め、単に「共同親権」という欄ができるだけになるのかな。
―子のある離婚のすべてについて、家裁関与とし色々決め、執行力も付けられるチャンスなのになあ。


下記は、昨日のツイッター書込みの修正転載にて。

離婚後の親権につき、子に希望を聞けばある程度は共同でしょうね。中学生あたりからはより本人の意思が尊重されるべきもの。すなわち、「離婚後強制単独親権の維持」は子の人権を無視していると。小学生以下だけや、虐待DV父だけをイメージして議論するなどはそも間違いです。簡単な話にすぎるのに。

だからこそ、虐待DV片親にどんな親権もいかないようにさせないため、子のある離婚の手続法制こそが論点と指摘し続けてきた。子のある離婚は親権、監護方法、お金決めも家裁関与が適切と
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20200824/archive

だがまあ、無意味な反対を続けるならば、届出に(共同親権欄)が入る改正だけでも構わないかも。自民党案は金のかからない案になるものです。

韓国も10年余り前か、家裁関与にした。下記をご参照に。
https://www.kokusai-rikon-law.com/qa/qa4#:~:text=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%B3%95%E3%82%82%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8,%E8%81%B4%E5%8F%96%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

日本は子のある離婚までも手続きが簡単にすぎた。9割は協議離婚だからこの際、パート家事調停官の100人でも入れて全件家裁とできる−家事調停官による1回の調整で成立可能かと−チャンスなのに。裁判員制度などに比べ費用もかからず容易です。
3

2021/1/24

おっかあ、雪が降って来たぞ !  メディア・ネット

おっかあ、雪が降って来たぞ !

クリックすると元のサイズで表示します

坂本スミ子さん、死んじゃったんだなあ。


あの「抜け殻の隣には誰もいない♪」の歌「夜が明けて」は、なんかとても好きです。
―今はやりのとても歌えないような歌より遥かに良いと思うんだがなあ、単に若い時の歌だけだからなあ―
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202101230000914.html

もとより、映画「楢山節考」−坂本スミ子主演のがもっとも凄いかも。
映画「生きる」とともに、日本映画の金字塔なんだろうと。
小説を読んだのは映画の後だったのかなあ。


あの姥捨ての後、息子は決して戻ってはいけないルールだが、めでたいとされる雪が降って来たので、思わず戻ってしまい
★「おっかあ、雪が降って来たぞ ! 」という息子役の緒形拳
★「早く帰れ」と言うように、手を振った坂本スミ子
その、苦悩を超えた愛というかなんというか。涙がとまらないものでした。「命」というのも、考えさせる。

もとより、その他の様々な物語りとも、深沢七郎の原作からして凄いんです。

ユーチューブって便利だなあ、直ちに「夜が明けて」が聞ける。
カラオケしたいなあぁぁぁ。
https://www.youtube.com/watch?v=5E6qQsyEyts
3

2021/1/23

1910年1月23日だったんだな、沈没事故  カルト・宗教・犯罪

1910年1月23日だったんだなあ、沈没
寒かっただろうな
「真白き富士の嶺」の歌
昔から知っていたなあ
小学校の遠足でガイドさんから習ったのかな

クリックすると元のサイズで表示します
真白き富士の嶺 緑の江の島
仰ぎ見るも 今は涙
帰らぬ十二の 雄々しきみたまに
捧げまつる 胸と心

ボートは沈みぬ 千尋(ちひろ)の海原(うなばら)
風も浪も 小(ち)さき腕(かいな)に
力も尽き果て 呼ぶ名は父母
恨みは深し 七里ヶ浜辺

み雪は咽(むせ)びぬ 風さえ騒ぎて
月も星も 影を潜め
みたまよ何処に 迷いておわすか
帰れ早く 母の胸に

みそらにかがやく 朝日のみ光
暗(やみ)に沈む 親の心
黄金(こがね)も宝も 何にし集めん
神よ早く 我も召せよ

雲間に昇りし 昨日の月影
今は見えぬ 人の姿
悲しさあまりて 寝られぬ枕に
響く波の 音も高し

帰らぬ浪路に 友呼ぶ千鳥に
我も恋し 失(う)せし人よ
尽きせぬ恨みに 泣くねは共々
今日も明日も かくてとわに


● 多くの人が歌っているが、倍賞千恵子のが下記
https://www.youtube.com/watch?v=llIAcAtT2hU
 なんと沈没事故のわずか14日後の1910年2月6日、逗子開成中学校での追悼大法会で、鎌倉女学校生徒らにより合唱されたんですね。

● 原曲は『Garden Hymn』というアメリカの讃美歌で、聞けばほんと確かにです。作曲はジェレマイア・インガルスのようです。下記にあります。
http://www.worldfolksong.com/hymn/garden-hymn.html?fbclid=IwAR18aPCJxFXkkUFU-RB-MEL29c3i7V1bLfi5R9oXGV0ZFK9Y-EqxlfPCPQ0
クリックすると元のサイズで表示します

つまり「庭の讃美歌」と言ったもので、歌詞にはユリが出てくるんですね。驚いた。
The Lord into his garden comes;
The spices yield a rich perfume;
The lilies grow and thrive,
The lilies grow and thrive.
主が庭に来りて 香り満ちる
ユリは育ち 咲き乱れる
Refreshing showers of grace divine,
From Jesus flow to every vine
And make the dead revive,
And make the dead revive.
神の恵みが降り注ぎ 死者をも蘇らせる
2

2021/1/22

「ふるさとの町医者」さん  カルト・宗教・犯罪

クリックすると元のサイズで表示します

「ふるさとの町医者」さんは、栃木県の宇都宮市で、新型コロナに立ち向かっている町のお医者さん。―頭が下がります。

「2時間前 大変申し訳ございません。院長が昼休みに失神したので午後は病院に行きますので休診となります。スタッフ」

―「14分前 大変ご迷惑をおかけしました スタッフに連れて行ってもらい脳外科を受診し、頭部や心臓や採血の検査を受け、問題なしでした 担当医は明言しませんでしたが、おそらく神経調節性失神かと自分では推察しております 夜診療をやろうと思ったんですが、スタッフに止められたので休みます 院長」
とのこと。

★今、発熱があっても受診できない心配、そして自宅療養者が急激に悪化することが大問題です。どうか、多くの開業医が発熱外来を作る、個別防護衣にて往診するなどして―70歳以下、持病などない医師は―立ち向かって下さい。

 この医師ほどまでに、とはまったく求めていません。「人を救う医師」であって下さい。そして、高額の往診加算を、この医療従事者に特別給を。


https://twitter.com/vwsovFTTN7X4wzR/status/1352531755857666049?s=20

★下記のツイッター書き込みもありました。


「1月18日 ただただ大切なことは 手洗い•うがい•マスク•アルコール消毒•換気•密回避です もうほんとよくわからんことには目をくれず、これを繰り返すのみです」

「1月16日 せん妄ついでに PCRへの過信は足元すくわれます 感染対策においてPCRは適切に運用したいと思います 否定派とか賛成派とかそういう議論は投げかけないでください 保健所との関係においても 保健所に言われたとか当院は保健所の下請け機関ではないので 当院での検査は全て僕の判断責任下で行います

「1月14日 発熱診療をするということは、裏で莫大な負荷がかかってます。 スタッフと患者様、そして自分を守るための措置です。どうかお許しください。 発熱診療や夜間休日診療をやめることも考慮しましたが、それは僕の道理に反します。 引き続き頑張ります!」

「1月12日 他院かかりつけの患者様で多いのが、かかりつけのクリニックに断られたから当院にきたっていう例 その医者さ、医者ならみろよ、自分のかかりつけの患者くらい、命懸けでみろよ 医者ならさ 感染者数なんて関係ない、重傷者が大切だと言ってる人 見学させてやるから見てみろ現場を」
3

2021/1/21

自宅療養者―往診を。  憲法・社会・官僚・人権

 新型コロナ対応にて、一般の病院・診療所で「発熱外来」を作ってきた処を尊敬す。

 今、自宅療養者への70歳以下医師らの往診や、オンライン診察が必要です。増悪判断、酸素や薬剤投与など対症療法ができる。
 高額の往診加算と個別防護服の指導を。感染力あるが強毒性はさほどは強くない。


 もとより、悪化した人につき入院できる病院の確保も必要です。それをろくに作ってこなかった自公政権、自治体は大失敗、予備費を使って、急ぎ対応すべし。

 だが、その前に自宅療養者らに対症療法することで、症状の憎悪する人数を減らすことができるのだから。


★医師会は強く指導すべし。できない理由ばかり探してはいけない。強毒性の程度が分かってきた、自宅療養者がとても心配なのに「救おう」としなければ、医師の名が廃る。

―弁護士会なぞ、被疑者弁護が必要だが少ないので被疑者の国選制度制度を求めたが、容易に実現しなかった。そこで全弁護士がお金を出し合って「当番弁護士制度」をまず作った。そのうえで被疑者国選ができたものです。

―公害事件は「青年法律家協会」などの弁護士や、カルト団体では一部の弁護士が、実に厄介時に危険だったが、尽くしてきた。人権が侵害されていて「救う」のが仕事だから。

 まして医師には、弁護士と異なり医師法第19条第1項の応召義務がある。強毒性の程度と防護方法があることからして、70歳以下・持病がない医師につき、応召義務を免れる正当事由はないと思う。そう説明せずとも、「救うのが仕事」でしょうが、と。

 もとより、高額のリアル往診加算を、医師・看護婦ら従事者には、高額の給与補助を。予備費はこのような処に使うべし。
3

2021/1/20

マイナンバー、信頼できない権力下でこそ検討を。  憲法・社会・官僚・人権

 マイナンバー制度、その少しの紐付けにも反対する理由として「今の政権は信用できないから」なぞの声がある。
 それを言う方に、聞きたいです。「貴方が信頼できるとする政権になれば、それに賛成なんですか?」と。


 そも、権力というのは、古今東西、国民の情報を確保し、濫用したい存在です。今、折角極めて容易・安価かつ継続的に情報収集・保存ができる以上、誘惑は一層強くなる。
 どんな権力でもね。

● 「とても信頼できる権力がありえる」と設定するのは、正しい態度ではないと。
● 「いかなる権力も監視せよ、絶対的権力になれば尚更に監視せよ」と。


★ また、民主主義の本質は、下記にありましょう。
@ 多数意見を、当面の正しいとして進める。
A 少数意見を尊重し、抑え込まない。
B 権力が、自分の考えと違う勢力に平和的に移行したり、逆に移行する可能性を承認する。


 したがって、「今の権力が信頼できないからマイナンバー制度に反対」なぞは、的外れに過ぎます。

★ 「より信頼できない権力にあっても認められるマイナンバー制度、紐付けの内容・限度、情報修正の権利システムを検討する」のが、適切な態度でしょうね。
3

2021/1/17

自称56歳の誕生日  日常のこと

https://www.facebook.com/taro.takimoto.94/
上記フェイスブックの方に、夜書き込んだ内容です。

 こんばんは。私の自称56歳の誕生日の祝い、ありがとうございます。まあ生物学的には64歳でして感慨があります。父が64歳の誕生日の前日に亡くなったものですから。苦労していた父を長生きさせたかったなあ、と強く思う一日でした。

 今日は山口百恵さんが62歳、なんか小泉進次郎氏とオモテナシの人の間の子の1歳であり。また熱海の金色夜叉の「今月今夜のこの月を」の日でもあります。

 そして、あの1995年の阪神淡路大震災の日です。6434人の人の命日が今日、明日という所です。

 同年強制捜査のオウム事件では、私は前年の1994年には薬物使用・内部死亡を知り、警察に様々な情報外を提供して来ましたが、1995年1月4日の永岡さんVX殺人未遂事件を警視庁が見逃した直後に、あの大震災となりました。

 警視庁はあの立派な建物のずいぶん奥で、湯飲みにスミチオンをいれて私に嗅がせ、抗議と徹底捜査を認める私に、永岡さんはこれを飲んだんだ、なぞと大ポカをしました(後にオウム集団によるVX殺人未遂と判明)。そして阪神淡路大震災と。

 神奈川県警からは、1994年末には、早期に徹底した強制捜査に入ると警察庁の会議で決めた、他言無用でとされましたが、1月17日の大地震により何日後か、しばらく延期になったとのことで、不安が増しました。

 その2月末には仮谷さん拉致事件、そしてあの3月20日の週に強制捜査に入ると決め近い人らには知られていたのに、警察は私が求めた何人ものヴァジラヤーナの戦士幹部を監視していなかったのでしょう、地下鉄サリン事件をやられてしまいました。

 この後、報道はオウム絡みが圧倒的になりました。それもあって阪神淡路の被害者らの支援・復旧に遅れが出たとも思え、申し訳なかったです。

 もう26年も前ですが、つい先日の感がします。まあ未だ「麻原彰晃」という幻影を信じたままに、折角の命を使っている人よりは、まともかもですが。

 また1年、ぼちぼちとやって参ります。ありがとうございました。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ