2020/9/25

死刑廃止決議―東京弁護士会など  カルト・宗教・犯罪

9月24日、東京弁護士会で死刑廃止に向けた決議が出たのですね。
―北村晴男弁護士のツイッターでの説明によれば下記とのこと
https://twitter.com/kitamuraharuo
 *******
死刑廃止に向けた決議がギリギリ成立。滅茶苦茶悔しい!
・12時30分に始まった総会は、18時26分現在の出席者233名、有効委任状2194通(計2427)で決議。
・決議賛成1199と発表された瞬間に勝ったと思った。
・出席者一人が行使できる委任状が10枚に限るという滅茶苦茶なルールにやられた。
・270枚の委任状が死票に。
*******
執行部が動員した人が17時を過ぎて続々参加。これに対し、時間の経過と共に、委任状10枚を背負いながら止む無く退席した人が27名。いつ頃採決するかコントロール出来る執行部にやられた!負け犬の遠吠え。応援してくれた皆さん、本当に申し訳ありません。

*******
―9.26追加−東弁の小川義龍会員の下記フェイスブックによると、下記の意見もあったとのこと。
*****
*死刑制度検討協議会の会員が、「協議会内でも死刑廃止意見が多く出ているが、しかし、まだ議論の最中であり、会内協議会として特に検討を委ねられ、世間にも働きかけていて、それをやっている最中に、なぜ急いでこのような決議をしなくてはならないのか。協議会の議論半ばであるのに、協議会の存在を無視されたようで残念である」との趣旨で、協議会として反対意見を述べていました。思ってもみなかったこの反対意見、これは僕としては衝撃的でした。
******


―東京弁護士会は、本日現在8,634人が所属しているが、その中での意思表示が2427人どまりだったと、そして上記のとおりの、死刑存置の考えの人の委任状270枚を無効としつつの、昨日『可決』だと。これでいいのかな。

★うーん、私は死刑は存置するべきと思っているけれど、弁護士会ではまあ7割くらいが廃止の考えなのだろうと勝手に思っていたので、決議はやむなしと思っていた。

―人権・司法に関するもので、強制加入団体の弁護士会でも決議してよいと思ってきた。日弁連も、2016年10月7日に開催された第59回人権大会において、「死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言」を採択し、その中で、日本政府に対し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることなどを求めてきていたし。まあ「人権大会」は総会のように「委任状」を含めて票数を数えての決議をするのではなく、関心ある人会員だけが集まりもの、だとしても、

★だが、その「弁護士の7割ぐらいが廃止に賛成―終身刑の導入を前提としてでも」ということ自体が、間違っていたのかとも。


―日弁連の改革実行本部のサイトは下記なんだが、全国の弁護士会の決議状況とか整理されていないなあ。その数値と共に整理して公表すべきだろうに。
https://www.nichibenren.or.jp/activity/human/criminal/deathpenalty.html

★おいおいに、日弁連の決議問題となっていくのだが、回答期限1か月くらいはかけた会員全員(9月1日現在で42,118名)へのアンケートをもとに意見集約を図らないまま、これと同様に委任状合戦をするのかな。

 説得力がまったくなくなってしまうと思うのだが。廃止せんとする人にとっても、約7割程度は賛成するのでないと、役立たくなる、弁護士会・日弁連の信用が失われてしまうだけの結果になるのではないかなあ、と気になります。


なお、
・京都弁護士会では、2012年3月8日、「3時間を超える議論で異論が相次いで出され、出席した会員227人のうち賛成は80人」
https://jlfmt.com/2012/03/09/28944/

・2019年末現在で、―宮崎県弁護士会、札幌弁護士会、滋賀弁護士会で死刑廃止の決議をした。否決した弁護士会が京都と埼玉―
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/organization/data/190614.pdf

・大阪弁護士会は2019年12月9日、可決したが、会員4624人のうち約200人が出席。委任状での表明も含めて賛成1137票、反対122票、保留・棄権30票で採択された。会員の約7割にあたる約3300人は意思表明をしなかったと。

・埼玉弁護士会は、2020年3月26日に、廃止についての決議が成立したんだな。それ以前に否決されたことがあるところひっくり返したのかな。
2020年3月26日―賛成351(内委任状308)、反対242(内委任状223)、棄権20(内委任状15)と。なお、3月26日時点での会員数:902
https://www.saiben.or.jp/proclamation/view/1163%22

・私の地元、神奈川県弁護士会では、ここ数年、討論会その他があって私が出て発言もしたりした。総会にはまだ至っていない
―何年も前から、「今回の死刑執行に強く抗議するとともに、政府が死刑の廃止に向けて広く情報を開示して全社会的な議論と検討を開始すること及びその議論と検討の間すべての死刑執行を停止することを強く求めるものである」との会長声明はいつも出ているけれど、「廃止を決議」はまだ出てないと。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ