2020/9/2

トップの選出方法ー自民党と他党と  カルト・宗教・犯罪

次の自民党総裁≒議席数からして次の第99代の内閣総理大臣は、誰になるのでしょうね。

いわゆる手続き論は、この場合とても大切だと。


党員の意思がしっかり表出できることは、その政党に党内民主主義があること、すなわちその政党とそのトップの正当化機能をもつ。

★自民党において、何やら分からず決まるのではなく、少なくとも議員や地方代表者の直接投票により決まる、更に一般党員の投票も反映するのであれば、よりまともです。

★まあ候補者は、誰しも経済格差を狭くしようとは言っておらず、原発も廃止方向に明言しておらず、私は、その誰であっても反対なのだが、手続き論として、いくつかの政党よりもまともなのだと。


 下記は、それなりに集まったが―何人集まったのかな―、党幹部は受けいれなかったとのこと。―そりゃ、衆議院選挙が近いところ、その公認、金銭・配布をする菅義偉幹事長が派閥の数合わせからして次の総裁になるみたいだから、若手自民党議員はこれ以上は抵抗できないのだろうと。―それでも、党内民主主義の制度があるという事ではあると。

 他党の制度はどうなっているのかな。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/9/2

安倍首相がやめる理由  憲法・社会・官僚・人権

下記は、8月29日にFBに書いたことですが、こちらにも転載しておきます。まあ備忘録までに
       *********
安倍政権を国民の手で直接倒したかった。できなかった。が、実に危うく、諸問題にまともに対応できない政権だと知られてきていて、影響したのだろうとも思う。今年春のツイッターデモ「#検察庁法改正案を反対します」は、新たな運動の形にもなった。

「病気が悪化したから辞める」のではない。この病気の他の人に対し失礼極まる。


1 北方領土の回復希望を無くしたことにより外交の大失敗

2 米国兵器の多年度契約、IRカジノ米国に象徴される益々属国となっての笑い者政権、

3 アベノミクスの失敗による経済政策失政、追々くる塗炭の苦しみの前の逃走

4 公文書の隠し、偽造、作成せず、そして近い人びいきの諸政策・疑惑、

5 「首相妻は私人である」に代表される嗤われる閣議決定の続出、

6 あげくは検察庁まで忖度させる検事長の超法規的定年延長、改正法案において、法の支配どころか法治主義まで崩壊させる悪徳

7 ヨイショ議員を無理に引っ張り上げ、1.5億円も送金した議員・前法務大臣夫婦の、とんでもない犯罪と自分と自民党本部の与が暴露されることを前に、座礁して辞めるのだと、と
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ