2020/9/17

虐待事件―男  カルト・宗教・犯罪

子の虐待事件は、生まれたばかりの子の殺人は別として、件数としては男によるものが多いと思っていたが、それはそのようですね。

2019年の警察が摘発した児童虐待事件は1972件
―児相への通知ではなく摘発件数だから、より重大な事件ですね。

うち、加害者は、実父が最多の913人、実母が550人、養父・継父が302人、内縁の男が187人とのこと。重大事案はやはり男の方が多く起こしている。

そして、実父が913人に対して実母と同居している男性が約489人弱だと。https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_tyosa-jikenchildren-casualties-case

クリックすると元のサイズで表示します
★で、これだけ見て、
実父913人は、母と同居する男の計489人より、1.867倍も多いから、実父の方がひどい虐待をする比率が高いんだな、などと思わないでくださいませね。

言うまでもなく、子が大人の男と同居している比率としては、実父が遥かに多いのでしょうから。その比率が分かれば、危険性の違いが計算できるのだが。


 10倍まではいくかなあ
仮に5倍の違いだとすれば489×5÷913=2.68倍、継父など場合の方が高い
同居率が10倍違うならば、5.356倍、継父などの場合の方が多い、という事になる。

★もちろんこれはあくまで統計です。逆に実父で酷い人も、継父で素敵な人も多くいます。

★実父らと生活している子と、継父らと生活している子とは、その母数がまったく違うところ、その人数なり、比率が分からないなあ。下記があるが、どうにも読みこなせないなあ。誰か分析した人はいるのかな。

下記の2017年調査報告とか、
https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/kihon3/pdf/gaiyou.pdf

第7回世帯動態調査結果表(Excelファイル)
http://www.ipss.go.jp/ps-dotai/j/DOTAI7/tab/tab.asp
2

2020/9/16

菅義偉様、おめでとうございます。  憲法・社会・官僚・人権

菅義偉様
第99代内閣総理大臣の就任おめでとうございます。
菅様と関係者にとってめでたいことではあり、ここに祝意申し上げます。


総務大臣になられた時は祝電を送った記憶もあるが、私は、いろんな点で多くを批判するものでもあり、今回はここに記載するだけとします、
総理には、NHKの「奇跡の詩人」問題の時に、国会で質問してもらった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA

その折はお世話になりました。ありがとうございました。
人は、まして政治家は、一つのことだけで評価できない、多面性あるものです。当時は総務大臣でもなかった菅議員の国会での質問・NHKの回答は下記です。ここと闘う姿勢になる契機だったのかも。

https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20141202/archive

第155回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第2号
平成14年11月14日 議事録
https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=115504127X00220021114
3

2020/9/13

木村草太氏の人権感覚  歴史・定義・知識人の責任

木村草太先生へ

この書き込みがありましたね、たしか学校の色んな横暴とかについての、書き込みだったかな。人権をここでは持ち出してくる。

遅ればせながら、9月12日、2つ書き込みました。保存までにツイッターをこちらに転載。

木村草太  8月1日
人権の歴史っていうのは、人権獲得のための闘いの歴史。誰かが何とかしてくれるのを待っていたのでは、「その程度だったのね」と言われるだけ。我慢していた方が楽だというなら、我慢すればいい。我慢ならないと思うなら、自分なりのやり方で闘えばいい。


滝本太郎
木村草太氏は離婚後強制単独親権を護持したいと言いながら、こう書くんだなあ。日本では毎年約8万人の子の片親への庇護請求権と、片親の監護権代理権が失われてるのに。虐待DVは一部で、共同親権が可能・了解も多いのに。
「人権」と言うなら、面会交流は勿論、可能なら共同親権、共同養育だろうに。

滝本太郎
今、最大の論点は、子のある離婚は届出だけなく、家裁関与とできるか。養育費に執行力、まともな親権・養育とするには必須、多くは「家裁関与の協議離婚」とし直ちにできる。
★まともな制度にしたいが、木村草太氏らが実に邪魔。このままでは、計画書添付の役所届出で、共同親権も可、で終わるよ。

滝本太郎
選択的夫婦別姓と、離婚後の共同親権も可能との制度変更は、違う制度課題だが、家庭面で、個人の選択の自由・人権の伸長をはかる制度変更であることは同じ。
片方だけは認める、というのはおかしいんです。
2

2020/9/12

京都ALS事件―尊厳死協会  日常のこと

ああ、ようやく長尾和宏医師が書いてくれた。まさに日々現場で、考え実践してきた方、尊厳死協会で色々と議論されてきた。多くの人が読んで欲しい。

そう、京都ALS事件は「人生会議」がなかったんだ(後記2つがそのポスター)。その主治医教育が必要なのだと。尊厳死の形でもなんとか苦しまずにできたみたい、残念です。

―京都ALS嘱託殺人事件への僕の想いを日本医事新報9月号に書かせて頂いた。
掲載は9月19日号
http://blog.drnagao.com/2020/09/als-web.html
************
 傾聴と対話に徹して安易に結論を出さない。そんなことを1〜2週間の間に2〜3回繰り返す。 もしそれでも彼女の気持ちが変わらなければ、人工栄養のカロリーを徐々に減らすことを提案するかもしれない。すぐには生命に影響しないし、その間に彼女の考えが変わるかもしれない。注入するカロリーを緩やかに減らしながら、彼女の心境の変化を確認する作業を続ける。
 それでも気持ちが揺るがず、家族やスタッフも彼女の意思を尊重するという意見で一致したなら、さらにカロリーを減らして水分だけにするかもしれない。 カロリーがゼロになっても、水分が1日500mLでも入れば人は死なず月単位で生きる。ただし、水分もゼロになれば7〜10日後に最期を迎える。全身倦怠感と呼吸苦が強くなるのでモルヒネ等による緩和ケアや場合によっては持続的鎮静も考慮する。でもこれは安楽死ではなく尊厳死。人工栄養を差し控えた結果の死は尊厳死と呼ばれている。
************

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/9/12

「安楽死」―くらんけさんと  日常のこと

「安楽死」―くらんけさんと

ツィッターで、「尊厳死」「安楽死」、その限界はどこにおくべきか、考えさせらせれた。
スイスは、死期が近い場合でなくても、認めているんだなあ。


Kaoru_UDA@スイス在住記者 @SHINJO55 9月8日
くらんけさんの記事、近況を追加して更新しました。
2019年末に配信して以来、日本語サイトでは常に読者数トップ、10カ国語全体でもコロナに次いでトップの人気記事です。

*******
スイスで安楽死の権利を得た日本人が思うこと- 下記リンク先の記事です。
https://www.swissinfo.ch/jpn/%E6%AD%BB%E3%81%AC%E6%A8%A9%E5%88%A9_%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A7%E5%AE%89%E6%A5%BD%E6%AD%BB%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%88%A9%E3%82%92%E5%BE%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8/45451154
重い神経性疾患を持つ20代後半の日本人女性が、スイスの自殺ほう助機関で自死する許可を得た。生死に関わる病気ではないが、生活の質が著しく低い患者が豊かに生きるための「お守り」として、日本でも安楽死を認めて欲しいと感じている。

「ようやく終われる」
「ようやくこれで(自分の人生を)終えられる。ほっとしたというよりもむしろ達成感でした」。
そう語るのは、九州地方に住む20代後半の女性、くらんけさんだ。2019年10月、スイスの自殺ほう助団体ライフサークルから自死を引き受ける旨のメールを受け取ったときのことを、こう振り返る。
※この記事は本人と家族の希望により匿名とし、病名も伏せました。名前はツイッターのアカウント名です。2019年12月26日に配信した記事を一部更新しました。
*******

滝本太郎 9月10日
うーむ、「生死に関わる病気ではないがQOL(生活の質)が著しく悪いー。そんな患者にこそ、救済措置の1つとして「死ぬ権利」を認めてほしいと訴える。」

―死に確実に近づくALSとは異なる。実に重い身体障害の人は多くいる。日本で議論の「安楽死」でも認め得ない類型。私は、認められないと考える。

滝本太郎 9月10日
尊厳死の法制化、安楽死の議論をしたいと考える方へ
1、死期が近くない場合、安楽死要件はなく認めてはならないと。重度障害は多く、「自殺する権利」になってはいけない。死期が近いからこその議論だと。
2、まずは「尊厳死の法制化」、そして死期が近い「安楽死」の議論・法制化だろうと、一歩ずつ


くらんけ 9月10日
その場合死にたくても死ねない人は苦痛にまみれ生殺しになるわけですが、それにはついてどうお考えですか


滝本太郎 午後9:00 · 2020年9月10日·
はい、確かにそれは、京都ALS事件の彼女とも似た感覚だろうと推察します。しかし死期が近くない、類似の人は極めて多数います。殺してくれと伝えられた介護者・家族は多数いるだろうと。小さい頃から育ててきた親御さんも居ます。尊厳死の法制化、安楽死の議論からとしか言えず、申し訳ないです。


くらんけ 9月10日
なるほど、ありがとうございます。
介助自殺の権利でも安楽死の権利でも、本人の強い意思がないことには行使できず、それも他国では病名や病状で審査員が可否を決めているわけではないですから、死期や病名、病状を要項に入れる滝本さんのお考えは、個人的に人道的ではないように思いました。

1

2020/9/11

8月自殺者数―関東で特に増加  カルト・宗教・犯罪

警察庁―8月全国で自殺した人は速報値で1849人
去年の同じ時期に比べて246人、率にして15.3%増加

・男性は60人増えて1199人―計算すると。5.7%増
・女性は186人増えて650人―計算すると、40.1%増

▽東京都―65人増え210人―計算すると、44.8%増
▽愛知県―46人増え119人―63.0%増
▽神奈川県―27人増え109人―32.9%増
▽千葉県―47人増え107人―78.3%増
▽埼玉県―41人増え105人―64.1%増 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200910/k10012611691000.html?fbclid=IwAR2rPqhmG86j7Dr1Pz18J9LDCoFeyp9X7Lqr3qFk0Xrf7_Uxqp3yCF46X1Y


2

2020/9/9

死刑問題の弁護士アンケート&大阪弁護士会  カルト・宗教・犯罪

死刑問題の弁護士アンケート

2016年関東弁護士会連合会のアンケートってあったんですね。私もその中の弁護士なんだけれど。うーんあったかなあ、そして答えたかなあ。

私は弁護士の、まあ7割ぐらいは死刑制度廃止に賛成かと思ってきたので、人権が絡む司法問題ではあるし、会で色々と決議することにつき疑義は出して来なかったのだが。前提が違ったのかな。日弁連が、全会員からアンケートをとるべきだと思うんだが。

←関弁連のアンケートの詳細を調べるべく同会のサイトなど見たが、ないなあ、何処かわかる方はおられますか。なんないんだ。


あったのは、下記の産経新聞2016年11月9日
https://www.sankei.com/west/news/161109/wst1611090014-n1.html

産経新聞が入手した資料によると、

・関弁連全体の集計では死刑賛成38%、反対46%、保留が16%
・九弁連のアンケートでは死刑賛成31%、反対48%、保留21%だった。
・各弁護士会のうち第一東京弁護士会では回答率が2・9%と極めて低かったものの、死刑賛成が58%で、反対(29%)を上回る結果も出た。
・九弁連では実施時点で2463人の会員のうち32%に当たる789人が回答
・関弁連では2万2816人の会員中、6%に当たる1404人が回答


      ***********
追加2020.9.10−と思ったら、2019年12月9日大阪弁護士会の臨時総会では「死刑制度の廃止に関する決議」を出していたんだなあ。

http://www.osakaben.or.jp/speak/view.php?id=215
賛成1173票
反対122票、
保留・棄権30票 ―なお、2020.9.1現在で会員弁護士4,707名

★他の会ではどうなるのか、よく知らないうちに総会議決とかされていたりだと嫌だなあ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ