2020/8/7

2類から5類感染症への検討  カルト・宗教・犯罪

このままスペイン風邪程にならないままに終息しインフルエンザとして残った?歴史と同じになったならば、後には、世界的なヒステリー状態だったと評価になるのかも、と。

1、まあ、戦争や革命、その恐怖での反革命よりは良かったと。

2、その重症率、死亡率に何より注目すべきだろうと。
―蔓延をゆっくりとさせ、それを高くさせないで切り抜けられると分ったならば、大きく変更しないと。

3、頼りは、日本の医療水準、健康保険、多くあるCTスキャン、病院は受診体制をとるべし。

―長崎のように、保健所を介さずに一般病院で受診できるようにしていく、という体制にもっていくとできれば最も良い。―新型コロナウイルスのだ液によるPCR検査について、かかりつけの病院でも受けられるよう環境整備を進めていることを明らかにしました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0b506744c1b219ad03a083d1ce3b9f3f07bba73

※ 弁護士への法律相談に見る実感として、ホント凄い不景気になっていくと。
1、事業者の売り上げは大きく減り、非正規から解雇などが続いてる、失業率がうなぎ上りになることは確実。
2、小規模事業者は今、何とか給付金を手続きを苦労しつつしているけれど、倒産が次々と始まるだろうと。
3、何万人が死に、何百万人が塗炭の苦しみを味あうのだろうか、とブルブルなんです。
★ 安定した職場や年金生活している人は、まだ分からないのかもしれないが。


 こう書くと、ともかく封じ込めを、徹底せよという方から批判される。が、それらの方とて「一切の外出を禁止にしよう」と言っているのではなく、つまり何を言いたいのか分からない。

★ そも日本でも、インフルで毎年死亡2--3000人、超過死亡1万人、ウイルス性脳炎なども元からある実態を忘れていないか、と。

★お金がかからず、蔓延を抑制するために重要なのは、「手洗い、うがい、消毒、マスクそして換気を」なのだと。ーテレビやネットで、常に若手芸能人らを使ってコマーシャルしてよぉぉ、なのだと。


スウェーデンの状況―ご参考までに
https://www.gentosha.jp/article/16250/?fbclid=IwAR2-GRdCjgLOnG1_XXPGm0Flt45yMzYWEMlrrmJL0EQV3t5hfYx9X2qQ1D4
オオカミ少女に気をつけろ! 2020.08.05 更新 ツイート
政策がナチュラルに無秩序な日本で、スウェーデンのコロナ対策を素直に見てみる
泉美木蘭

そして、指定感染症(2類感染症相当)から外し、風疹や通例のインフルエンザと同じ5類感染症へにするか検討すべき段階だろうと

感染症の種類については、下記が分かりやすいです。
https://suplab.jp/infection031002/
2

2020/8/6

解散―次の政権  憲法・社会・官僚・人権

臨時国会冒頭での解散なのかなあ。

1、安倍さんで選挙するのか、菅さんか岸田さんなのか。
―自民党から消費税を当面5%にとか言い出さないか、

2、自公に、維新を入れた政権になるのか。

3、対して、国民と立憲が合流し、共産・れいわが協力し野党共闘できるか、対抗軸として市民が了解し、政権交代となるのか


★何にしても、次の政権は大変に過ぎる。そも、日本銀行が引き受けてお札も更に刷っていると。中小事業者や末端労働者こそが実感していようが、ホント凄い不況になっていく。塗炭の苦しみと。

★世界各地で株の大暴落、あわせて日本円の信頼喪失も十分あり得る

★安倍政権はホント「後は野となれ山となれ政権」だったのであり、菅氏も岸田氏もその一翼なんですれどね。
1

2020/8/5

イソジンとパオキシメーター  カルト・宗教・犯罪

イソジン
クリックすると元のサイズで表示します
こちら、私が10年ほど前から使っているイソジン。ガガラペーにはこれ、クチュクチュペは「GUM」、のどにシューは「のどヌール」でして。

下記の吉村大阪府知事発言は、
https://news.livedoor.com/topics/detail/18683545/
「イソジンうがい」と「うがいせず」は比較しても、「塩水うがい」とかは比較対照にして居らず、夏休みの研究発表でも矛盾を指摘されるレベル、数も少なく、その他論文も検討してないから、府知事が広告宣伝めいてまで言っていいレベルではない。

 大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターによる新型コロナウイルス感染症患者への研究協力について- 2020.8.5-PDFなどあります。
http://www.pref.osaka.lg.jp/kenisomu/povidon/index.html?fbclid=IwAR2Dre03cK-IFrwWBf6V1WPBdmKqEztZ5Gth9pv-In7oGhfhE3nUSWIouAw
 で、追及されると、治療薬でも予防薬でもないと弁明で言い出したり。あのー「消毒薬」なんだからアカンのではと思える。


このうがい薬に殺菌効果はあると言っていいのでは。いつも使ってるのには、「細菌・真菌ウイルス殺菌消毒」とあり、第三類医薬品なんだが。 ★まあ、高濃度の酒にもあり、なんか紅茶にも効果あるみたいだが。紅茶エキスでうがいに便利なのは売ってないかな、探してみようと。


パオキシメーター
クリックすると元のサイズで表示します
パオキシメーターが届いた。5年近く前に購入したのがこの初夏壊れてしまい通販にて。薬局外でも売ればいいがない。いざという時、「熱がある」「咳がある」とかに加え「89%だあ」と言えば、病院・保健所も相手してくれるかも。血圧と同じくゆったりしてしてないと数値はきついですね。―今更に大阪府知事の言うイソジンやらを高額で買うより、皆さんこちらを買いましょう。体温計、血圧計は勿論。ああ血糖値測定器は私、まだ要らないかと。
1

2020/8/4

論点―京都ALS「嘱託殺人」事件  カルト・宗教・犯罪

京都ALS「嘱託殺人」事件、そりゃ治療医ではないからまずはまず有罪だろうけれど、

@ 刑法202条の嘱託殺人なのに、199条の殺人事件として述べたり

A 自死一般に敷衍(ふえん)して述べたり、

B 本人が叫び続けたブログやツイッター(本人が視線PCで書いている)も見ずに述べたり、

C 被疑者の動機・性向等とは別のこととして、本人にとってはどう見ても「救い」だったことを直視せず、

D 意識はしっかりあるが眼球運動を初め一切の意思疎通ができない「totally locked-in state=TLS状態」に至ることを考えいなかったり、

E それ以前の、胃瘻をそも造らない方法での「尊厳死」が可能なのだ、というパラドクスを知らなかったり、

F もとより、自分自身のこととして自問自答しての記載では無かったりで、実に弱ります。


 ★ それらは故人への侮辱ではないか、とさえ思える

 ★私は、私の強い気持ちとして、意識が終始あるALSだから、他の末期状態の場合とは異なり、胃瘻や人工呼吸器は設置して欲しいな、とも思う。

 ★しかし、TLS状態になった時にはまあ確実に死なせてほしい―それも、胃瘻にリキッドを入れないいわば餓死という既に合法的な「尊厳死」ではなく、薬物で眠るように死ねる「安楽死」で死にたい―ので、何度も記載しています。


故林優里さん(2019.11.30死去、享年51)のツイッター
https://twitter.com/tangoleo2018
@tangoleo2018 ALS患者、ALS Patient since 2011 動かない食べられない話せない身体
独居 24時間体制支援 「生きている」意味
自らの「生」と「死」の在り方を自らで選択する権利を求める
2018年4月からTwitterを利用しています

故林優里さん(2019.11.30死去、享年51)のブログ
https://ameblo.jp/tango522/entry-12373192710.html
ALS患者 タンゴレオの挑戦 ー安楽死を認めて!−
死を待つだけ、苦しみだけの毎日から解放されるべく、人権を求める戦い

3

2020/8/3

日曜政府広報  メディア・ネット

ツイッターで見つけた。

昔、オウム問題で出たことがあり、政府高官あてには首脳が出て深々と頭を下げていたなあ。
今、こんなことになっているのか。なんなんだ。

ホント受信料をまた払いたくなくなる。

HOM55 @HON5437
8月2日のNHK日曜討論。新型コロナの感染拡大と、全国の自然災害という重大な問題が取り上げられましたが、なぜか出席者は菅官房長官のみ。各政党からの出席者は一切なく官房長官が政府の主張を述べるばかりで全く「討論」ではありませんでした。これでは「日曜討論」ではなく「日曜政府広報」です。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/8/2

「命の選別」と安楽死問題  カルト・宗教・犯罪

  「命の選別」と安楽死問題

ツイッターに貴重な書き込みがあったので、レスしつつ、ここに転載しておきます。
―ホント「尊厳死」「安楽死」にあっては、本人の意思こそが重要な前提条件だと。それがなければ「政治による命の選別」に近づいていってしまいます。
―だからこの問題につき、「命の選別」を少しでも認める論者には、実に全く一切の口を出してほしくないと。


響 @hibiki5250 
あいつは死にたいと思っているはずだ、だから殺すべきだ。
と、人を殺したい連中が騒いでいますね。
「死ぬ権利」とは「殺す権利」だということが
わかってない馬鹿が多すぎ。


滝本太郎 @takitaro2
ええ、尊厳死・安楽死議論で、政治経済からの「命の選別」感覚が出ることは止めないと。だが尊厳死の法制化さえせず、ためにズルズルと医師の誘導で、本人ではない家族や関与弁護士の同意でできてしまう異常さ。医師や国の胸先三寸にすぎると。


大熊真春 @Okuma_Masaharu
私は本当に本人の意思であっても安楽死はいけないことだと思うのですがここで230億光年ゆずって本人の意思ならいいと仮定しましょう。本人の意思であるという証明はどう行うのでしょうか。そんな方法は存在しませんよ。#障害者にとって最大の敵は家族である。


滝本太郎 @takitaro2
ええ、同調圧力の強い日本にあって大熊さんの心配はわかる。だが本人サイト等の叫びをしっかり読んでみませんか。障害は皆違う。また尊厳死法制化がないまま、ズルズルと医師の誘導で、本人ではない家族や関与弁護士の同意でできてしまう今の状態、医師や国の胸先三寸過ぎ、しっかり決めるべきでは。
1

2020/8/2

「安楽死」「尊厳死」―ALS  カルト・宗教・犯罪

このことにつき、時に誤解がある。

時には、ナチスや植松がしたような重度知的障害者の「殺人」につき、痛みなく殺せるならば「安楽死」問題だと誤解している人さえいる。

違うって、「尊厳死」も「安楽死」も、「本人の意思に拠る」を大前提とし、ために医師らが「嘱託殺人罪」や「保護責任者遺棄致死罪」と問擬されても、違法性が阻却されるか、と言う論点なんです。

★で、「広義の安楽死」の中に、
(なにかをしないという)消極的安楽死≒尊厳死
(なにかをするという)積極的安楽死≒「狭義の安楽死」
がある、という関係になる。
★そして、尊厳死は、法制化されていないが、判例基準により実は合法化されている実態だと。


―このあたり刑法総論とその判例を学ぶ中であることであり、この4月1日、裁判までして公益法人になれた「日本尊厳死協会」でも当然の前提にしていること。

★ですが、この「すること」「しないこと」はつき詰めると実はあいまいです

1、胃瘻の管を入れないこと、人工呼吸器をセットしないことは、「しないこと」だから、本人が尊厳死宣言をしていれば、尊厳死の類型とされ、日本は法制化されていないが、他の要件がそろえば判例上、可能です。

―それどころか、重度認知症では実際、胃瘻の管を入れないことにつき、「本人の意思」ではなく、家族の意思や時には関与弁護士の意思で、入れないままに亡くなっていってます。日本は、本人として尊厳死宣言をするのか否かに関係なく、ズルズルと進めている実態です。実に全く他者による「命の選別」と類似してしまっています。(これホントおかしいと考えます)

2、ある日から、胃瘻にエンシュアリキッド(まあ美味しくないコーンスープですね、あれは)を入れなくすることも「しないこと」に含まれるから、本人が尊厳死宣言をしていれば、尊厳死に入るとされるかと。
 それにより、実は飢餓死である老衰死と同様に死ねるものではある。


3、だが、ALSでは、重度の認知症と異なり、本人の意識はしっかりあるから、これは本人として実につらい。

 そして、ALS病態の進行は人によってスピードがだいぶ違うようですが、いつかは視線移動もできなくなり意思があるのに表明がまったくできない「totally locked-in state=TLS状態」になると。

4、一方、人工透析では、呼吸器や胃瘻と異なり、本人自身にあってある日から行かなくすることも可能なので、「毎回それぞれの治療」と言え、中止することを「尊厳死」と捉えることが可能となっている。―意外に知られていない。

5、だから、ALSにつき、本人の求めで、胃瘻にリキッドを入れる管にて、眠ったように死ねる薬物を入れることも、「すること」ではあるけれど、違法ではないとする道があってもいいではないか、という問題なんです。


 それを認めなければ、それ以前である「胃瘻をしない」「人口呼吸器をつけない」いう方法での尊厳死という方法か、意識ある中ではつらい飢餓死という方法しかなくなってしまう。

 「あとしばらくは生きたい、だが、TLSの状態にまでなって生きるのは恐ろしすぎる、その前に死にたい。だが飢餓死もまた怖い、楽に逝きたい」という本人の希望を、かなえさせないのでいいのか、たしかに「すること」ではあるけれどの問題なんです。

 ホーキング博士のALSは進行はホントゆっくりでしたね。TLS状態になる前に亡くなったのかな。ホント恐怖だったろうと。それが氏の下記URLにある言葉になったのかな。そして、どこかの段階で安楽死させて貰えたのか。明確に記載されていない。
 著名な理論物理学者スティーブン・ホーキング博士(74)―私たちは死を選ぶという個人の自由を奪うべきではありません」BBCに対してホーキング博士はそう語った。」
―2015.6.5記事、なお2018年3月14日死去

https://www.huffingtonpost.jp/2015/06/04/stephen-hawking-assisted-suicide_n_7516268.html
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ