2019/10/17

2019.10の恩赦  憲法・社会・官僚・人権

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000053-jij-pol&fbclid=IwAR1ZYoIaRLaQeMnnqSsz6sWf7fAj_UISDLt59VqZ7QAoDi7EpfnMpI5LMWE

10/15(火) 12:25配信 時事通信
22日の「即位礼正殿の儀」に合わせ、約55万人を対象に恩赦を行う方針
恩赦は、天皇、皇后両陛下のご結婚以来26年ぶり。
対象を軽微な犯罪などに限定する方向で検討
平成の代替わりの際は昭和天皇の逝去時と上皇さまの天皇即位時の2回にわたり恩赦が行われ、対象はそれぞれ約1000万人と約250万人だった
今回は天皇陛下の即位時の恩赦に限り、「規模はおおよそ55万人程度と見込まれる」
9月世論調査では、恩赦に反対する人は54.2%で、賛成の20.5%を大きく上回っている


2018年、オウム真理教でまさに絶対者であった教祖のみの死刑を執行し、12人は生かしておきたかった、この恩赦で無期懲役(実質は終身刑になろう)にしたかった。

1 12人を生かして、オウム集団をつぶす、一人の信者も居なくなることに役立てたかったから。

2 「昔のこと」になってしまった新たな信者が入りやすくなるのを、少しでも止めたかったから。

3 生き証人として残すことで、この破壊的カルトの問題につき、社会への警告となるから

4 高齢化していく中でどう心境が変わるか知りたかったから。

5 12人は、麻原の手足でしかなかったから。

6 「麻原彰晃」につき、12人を道連れで死なすことにより、喜ばせたくなかったから。


(補充:袴田事件―外にいるが死刑再審開始が止まってる―に、何かやりようがないのかなあ。)
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ