2019/10/5

「盗人猛々しい」=ぬすっとたけだけしい  カルト・宗教・犯罪

かんぽ生命保険の不正販売を昨春報じたNHK番組「クローズアップ現代+」に日本郵政グループが抗議していた問題で、日本郵政の鈴木康雄副社長(元総務事務次官)が3日、番組の取材手法や報道内容にも問題があったとしてNHKを痛烈に批判した。「まるで暴力団」とも表現し、抗議を「反省する」とした長門正貢社長とは異なる考えを示した。
https://www.asahi.com/articles/ASMB345WBMB3ULFA016.html?fbclid=IwAR2NOEmhw3g7HaSvgi7ouZU55ttexitGaf5Hgxf7hbbRWjfnFhxFfN-U1v8

 この元総務省事務次官、今もこんなこと言ってるんだ。組織的な詐欺をしているかと思われる会社−実際そうだった−につき、調査報道をするは褒められる行動なのだ。

 こういうのを「盗人猛々しい」という。

 法人として大きな問題点だったと認め。反省を示したのに、それをいち早く取材報道してきたNHKのスタッフらを未だ批判する「副社長」ってなんなんだ。感謝すべきこと、昨年、続報を止めるべくNHK経営委員会にいろいろ求めたことを撤回・恥とすべきことなのに。そしてまた、この副社長の態度自体が、「日本郵船のガパナンスがなってない」ことを示すものなのに。

少なくともこの人が辞職するまで、皆、抗議を続けるべし。NHKはしっかりとすべし、反論・抗議すべし。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ