2019/8/22

横浜にIR、つまりはカジノ  日常のこと

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/082000617/
 横浜市がカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する方針を固めたと報じられた。カジノ誘致に対しては住民や地元経済界の意見も分かれるなか、林文子市長が誘致に舵をきった。

お隣の横浜市の市長さん、すごい話だ。

 カジノにつき「白紙」との公約にて、2017.7.30投票で三選し、その後、住民投票はもとより、市民意見聴取の機会もなかったものを。

 まあ選挙当時、こうなるよと反対側は言ってたが、林氏に入れた市民の方が多くて。野党側が、元逗子市長の長島一由氏、元横浜市議の伊藤大貴氏に割れたこと、連合が林氏支持となったことが痛かったと聞く。民進党系はなんと実質3分裂選挙だったもの。長島・伊藤の調整ができていたら変わったかも、と。

 横浜って中学校給食さえもまともになく、中学社会科教科書も育鵬社の、基本的人権も秩序のために制約されるという明治憲法的な書き方わしているのを採択する所でして、実に私は馬鹿にしているものです。ヨコハマが益々危うい市になっていくが、実にカジノは周辺市民にもかかわる。それでなくても公然の秘密カジノのパチンコが隆盛のところ、益々ギャンブル依存が増えるのだ。

 ★この人に投票した横浜市民598,115人を恨みます。まあ投票率が37.21%、得票率が52.49%だから、市民有権者中の19.53%なんだが、当選は当選にて。

9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ