2019/8/3

核爆弾  日常のこと

お暑うございます。
また8月になりましたね。軍事のことに関して色々ありますが、また8月6日、9日だと。とても多くの人の命が失われ、その後も実に多くの人の人生に影響を与えているな、と感じる季節です。


でも昨日、1987年成立の米ソ中距離核戦力廃棄条約が、昨日失効してしまいました。
核兵器禁止条約が保有国や、日本を含めて締結しないどころの話ではなくなってきました。
使われる危険性がまた増してしまったのかも、と。

★「核兵器は絶対悪、もちろん使えない兵器、したがって実は抑止力にもなってない」というまあイデオロギーを、全人類に支配的なものとしないと。


そもそも、化学兵器も生物兵器も、既に条約で製造使用譲渡など禁止されているのにー締結していない又は実質上持ったままの国は強く強く批判対象だと―なんで核兵器が禁止されないのか、実に不思議ではないですか、と。
・核兵器を今後使った国・民族らは人類がある限り未来永劫、強い非難に遇う
・したがって、持っていても使えないのだ、
・だから抑止力になどなり得ない、「核の傘」なぞまったくの幻想なのだ
と思います。

まずは、
日本でこの考えを支配的にし、核兵器禁止条約を締結させ、日本から核保有国に対して、
「廃止せよ、条約を締結せよ、そも核兵器を使えると思っているのか、使えばあんたの所は人類がある限り未来永劫非難されるのだ、それすなわち抑止力なぞ幻想なのだ、おバカを言うのもいい加減にせよ、そんなのに金を使うよりも他に使った方がはるかに紛争防止に役立つだろうがぁ。」
と繰り返し、強く言うようにしないと。


「過ちは繰り返しませぬから」の主語は「人類」なのだと考えます。
「ヒロシマが最初に核爆弾の使われた都市、ナガサキが最後に使われた都市」として、まあ悔しいけれど確定させたい、と


核爆弾が製造使用されてから既に74年

です。これ、兵器開発と普及・使用の歴史からして、実に奇跡的なことであり、人類はその程度には賢くなったんだ、と思われます。

これを二度と使わない―まあ大きな隕石が来た時の対応のために人類が得たものだったという結論―とすることは、決して不可能ではないはず、と。


草々―滝本太郎
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ