2019/7/6

罰則入りヘイトスピーチ条例  カルト・宗教・犯罪

川崎市の罰則入りヘイトスピーチ条例の案について。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-177109.html

まだ具体的な条文までは出はていないのかな。これ、神奈川県内の弁護士の間でも議論があります。他のことで同じ考えばかりの弁護士間でも、刑事弁護畑の方々を中心に批判、不安の吐露もある。

地元弁護士会では、下記の通り6.13一応賛成の議決をしたけれど、具体的な条例案への態度はあいまいにて。
http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2019/post-313.html


・「50万円以下の罰金」とする。
・市の勧告、命令に従わずにヘイトスピーチを繰り返した場合にのみ適用する
・差別的言動の定義を
▽市内の道路や公園など公共の場で行うもの
▽国外退去や危害を告知したり侮蔑したりするもの
▽拡声器を使ったりビラなどで配布されたりしたもの−と限定化かつ明確化
・市長による勧告、命令と段階を踏み、それでも従わなかった場合に氏名の公表と刑事告発
・命令の際は、有識者でつくる「差別防止対策等審査会」に意見聴取する


私、下記の通りにて賛成します。
・条例では2年以下の懲役、100万円以下の罰金まででき、
・刑法では個人あてである名誉毀損罪で3年以下か50万円以下である
・のたに対して、50万円以下の罰金と考慮していること。
・上記手続きからして、刑事処罰として重要な「謙抑性」を守っていること、
・ヘイトスピーチがやまず、多く涙が流れ恐怖があるという「立法事実」があること、
・もとより、仮に後に拡大させようとする場合、それぞれに大激論をしていくべきこと。
8

2019/7/6

謝罪しないアレフ  カルト・宗教・犯罪

謝罪しないアレフ

 丸1年ですね。いろいろと考えてしまいます。

 オウム真理教から名を変えた「アレフ」は、いまだ総括・謝罪もしないまま。1年前、教祖の死刑執行もあったのに、なんのメッセージも出さないまま。

 まあ、判決文も読み込まないまま「真相がわからない」なんていう一部メディア・知識人もいたりするし、関係者で未だ教祖の指示による事件だったことを保留としたままの人もいるから、こんな態度も不思議ではないのだが。そんなのも「歴史修正主義」なんだろうな。

 そう、昨年の死刑執行後、アレフが出したのは、広報部の下記2019.3.18のもののみ。そう地下鉄サリン事件につき、「哀悼の意」「ご冥福を祈る」だけ。
 松本サリン、坂本3人事件などその他には殺人事件は忘れて、とでも言いたいのかな。
 アレフは、自ら今も麻原の写真を掲げ、その教えに従っているのに、団体として「謝罪」のないまま。
   ******
アレフ広報部サイト
http://info.aleph.to/news/201903.html
icon 2019年3月18日(月)
 95年の地下鉄サリン事件から今年で24年を迎えます。オウム真理教の流れを受け継ぐ団体として事件を重く受け止め、立場を問わず、一連の事件に関係して亡くなられたすべての人たちに対して深く哀悼の意を捧げ、改めてご冥福をお祈りいたします。また、一連の事件の被害者の方々に対する補償については、これからも継続していく所存です。
   ******


 「救済としての殺人」という教えだから、こうなる。 教祖は、法廷ではそんなことを言わず弟子のせいにしていただけだったけれどね。
 実際アレフの旧代表上祐が出所直後、2000年1月16日頃の会議で示した通り「殺された人は今、感謝している守護者」という位置づけなのだから、こういうことになる。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20060502/archive
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shiryou21-.htm

 まあ、今のアレフは、この上祐提案にあった、形ばかりの団体としての謝罪方針さえも変えてしまった、と。それゆえに先日の東京地裁の判決―原告がオウム真理教犯罪被害者支援機構原告、被告がアレフ、10億円程を支払え―があるのに、とんと支払わないのだと。

 新たなグルの出現をもとめて、じっとしている、のだと。
 「麻原彰晃尊師」こそが、「ホー湖面に映る虚像」だったんだがなあ。

7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ