2019/6/30

「不同意性交等罪」−伊藤氏のツイッタ―  憲法・社会・官僚・人権

 伊藤和子氏のツイッターでは、伊藤氏は毎日のような同じことを何度も何度も書き込んでいて、流れてしまう。一度、下記につき書き込んだが、今はまず見つからない。まあ、ツイッターに長々と書くものではないが、同氏のフェイスブックは見当たらず、ブログもコメントできないみたいなのでして、仕方ないものでした。
 議論の発展性なんてどうでもいいのかな、まさに反復話法での扇動になってしまっている、と感じます。参考までにまとめておきます。


伊藤和子 #刑法改正
ついに6月24日に署名を提出します!! 50000で提出したい❗是非広めてください。お済みでない方は署名お願いいたします。


1、<強制性交罪>から<不同意性交罪>への改正運動において、運動される人の中の一部に誤解があるのではと思い、書きます。強盗罪235条、強姦罪177条、強制わいせつ罪176条の「暴行又は脅迫」について、そして議論されている「性交の同意」についてです。

2、なおまた、伊藤先生からは、聞けばドイツ刑法の先の修正「認識可能な意思に反して」で犯罪成立、という改正を紹介されたが、日本刑法の改正として案を提示しないので弱っています。なお、この条文ですと、いわば「過失強制性交等罪」もあり得る可能性さえもあります。

3、さて、同じ「暴行または脅迫」だが、判例上は
235条が「反抗を抑圧する程度」、
177条がそれより弱くても成立「反抗を著しく困難にする程度」とされ、
176条が法定刑が低いから更に弱く「困難にする程度」でも良いという所かと(ために強制わいせつは電車内チカンで強いて手を入れたでも成立など)。

4、問題はその具体的適用です。改正運動の前に気が付くべきは、条文はどれも「暴行又は脅迫」という同じ表現なのです。
 すなわち運動として「強姦罪は、強制わいせつ罪の「反抗を困難にする程度の暴行・脅迫」で認めよ。」という世論と裁判官に訴えることもできる、ということです。

5、さらに重要なのは、176、177条とも文言上は「同意」があっても有罪とできること。勿論「和姦は強姦ではない」ことから同意が議論となります。
 しかし「暴行又は脅迫の上での同意」なんては「同意」ではもちろんないし、判例上、直截にそうして有罪としたと思われるものも多く、かなり裁判官の考えによると感じます。

 補充@−「同意」が構成要件ではないので、暴行・脅迫と姦淫との因果関係判断の一環としての「同意」判断であり、同意があっても因果関係が断絶していない、という発想ができるのです。
 補充A−判例の変更ということはあるんです。上品な話ではないが、大昔は、強姦罪は大昔は陰茎を全部挿入して初めて既遂でしたが、後に一部挿入にて既遂となりました。そんなのも判例変更というものでして。

6、「同意なくして」とかが構成要件となった場合は、尚更に裁判官の考え次第になってしまう、と気になります。合議体でも、です。このような、文字通り外見に示されない主観的な構成要件は、なるべくは避けるべきとされてきたものでした。

 さらに、何度も書いているように、高松高裁S47.9.29例など、2週間前の「脅迫」で有罪としたが、同意要件にすれば被害者が電話して場所と日時指定していて「同意ある」から無罪だろう、まずいのでは、と考えます。

7、上記のことから、「不同意性交等」への変更論議の前に、
・まずは、全ての裁判官に向け、研修所等で被害者心理をもっと学べ、
・併せて判例変更を求める、という運動をすべきでは、と思うんです。
―「支配と服従」のこと、知られていなさすぎですから。

補充: この手法であれば、殆どの弁護士何も言わないものです。そもそもが検察立証の問題であり、高裁もあるのに、直ちに裁判官批判、果ては罷免運動にまでなってきたから、疑義が多く出たのです。各裁判官それぞれ無罪判決を出すときは実に相当に精査して、勇気を出して下しているものなんです。それ以前に当該裁判に関わっていたのでもない人が、判決の精査もしないままに激烈な批判を始めれば、違和感が表明されるのです。

8、また、同意の立証責任や詐欺的同意は同意か−そんなはずじゃなかったあという性交での、男や女の有罪・無罪−の問題に答えずに、その改正を言うは説得力を失わせると思います。

「同意があれば罪にならない」典型例は、私文書偽造罪でしょうが、そちらは詐欺的同意は「同意」にはならないと思われるので、同様に考えると、例えば「独身という話だったから性交した」という場合の、言った男や女も不同意性交罪になってしまいます。

9、最後に、178条準強制性交等罪は「心神喪失又は抗拒不能」とありかなり限定的であるところ、「著しく心神を減退または抗拒困難な状況」という条文への改正運動は、理解できます。
「ともかくも不同意性交等罪に」という動きは、まったく訳が分かりません。

以下、20190704補充
10、補充しておきます。先生の6月24日の下記書き込みについて。
    ******
1 不同意性交を性暴力として認識するか
2 不同意性交ないしその一部の可罰的違法性を認めるのか
3 構成要件をどのように定めて罪刑法定主義の要請に答えるのか
それぞれの論点があり、それぞれ議論すればよいと思います。
    ******
これは、運動家たる質問であり、法律家たる質問でないです。
1は、どちらの構成要件も現行刑法にないのだから答えようがない。もとより民事上多くは違法だろうが。 
2は、その構成要件が今はないから刑法学上の「可罰的違法性」を論じようもない。 
3は、改正したい側が提示するのが当たり前であり。

以下、20190706追加
4つの判決を丁寧に分析した園田寿教授の文書が出ましてね。どうぞ広くご参考までに。
https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20190705-00132901/
 それにしても、7.21参議院議員選挙の大阪選挙区、共産党の辰巳議員と立憲から出ている亀石弁護士につき、このことが影響しないことを祈ります。どちらも議員でいてほしい方です。
4

2019/6/28

死刑・少子問題と中絶問題  カルト・宗教・犯罪

少子化問題がらみ、死刑制度がらみでも、言われていないのが中絶問題。日本では、まだ年20万近く。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei_houkoku/16/dl/kekka6.pdf
私は、中絶は年10万人、減らせるのではと思う。
―経済的支援、若年の未婚母への支援と、それを偏見でみない社会常識の変更、学校に保育園を併設は当たり前といった施策があれば、中絶しなかったのでは、と考えるから。

もとより、「殺すな」との死刑廃止論者は、中絶問題にも取り組んでほしいが。

私は、米国のいくつかの州のように、暴行による妊娠でも中絶を禁止すべし、処罰をなんて言っているのではない。日本は異様に多すぎて、経済支援などで減らすことができるのだ、と。事件でいくつも見てきて、好きで中絶する女性など見たことがなかった。涙も、生まれない命も減らしたいだけの話。

「死刑を廃止するかどうか」は、「おぞましく人を何人も殺した人の命を奪うかどうか」の問題だが、中絶は「親とくに女性の考えで、無垢の命を奪うかどうかの問題」ですもん。

★「死刑は廃止すべし」と言いつつ、「中絶は女性の完全な自由、日本は素晴らしい!」なぞと言うばかりで、中絶数を減らそうとしないならば「似非人権派」だろうと。

毎年の出産数は100万人を切ってる。中絶数が20万近くって、6人に一人は中絶されてるということ、悲し過ぎませんか、と。制度と支援の拡充そして社会常識の変化(フランスでは正式結婚の方がむしろ少なくなっていると聞く)があれば、うち10万人の命は助かるのでは、と。

「透明なゆりかご」素敵な番組でした。
https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/?fbclid=IwAR3sn8e-OytwFKQ7_27ioYH8KlFqWmWO1I1VDDff2p2H_OF-f2hTUrWEdRM
中絶は女性の権利であることを保障しつつ、社会政策も法制度を大きく変える、その過程で社会常識も変わっていくと。日本では、女性間でこそこの議論がタブーみたい。あかんよと。事件で遇うけれど、気軽に中絶する人はまずいない、涙。
6

2019/6/26

教祖三女さんの国相手訴訟など  カルト・宗教・犯罪

以下、備忘録までに

1、三女さんの国相手の訴訟につき、昨2019.6.25、地裁判決が出ました。
 2015年の観察処分更新のための2014年請求書において、公安調査庁は麻原三女を幹部として記載したのですが、それにつき、オウム教祖の三女は、国(公安調査庁)を被告として、その取り消しと1000万円の国家賠償請求訴訟を起こしていたのですが、昨日午後2時からの東京地裁判決ではこれを認めませんでした。
 朝倉佳秀裁判長は「幹部との認定は公安庁が認識を明らかにしたにすぎない。行政処分に当たらず、原告の訴えは不適法だ」とし、公安庁が注意義務を尽くさず、漫然と認定したとは認められないとし、慰謝料請求も棄却しました。
 三女さんブログによれば、判決文は計210ページだとのこと。

 この裁判については、三女さんではなく、下記の二女さんのブログ「木の葉が沈み石がうく」の2019.2.4「麗華の想いを直接聞いて、涙が止まりませんでした――対公安調査庁の裁判傍聴記」として、2019.1.31の裁判の様子が書かれています。三女さんを心配する傍聴人も多くいたようです。この傍聴人らが、次に書く、三女さんのアレフ相手訴訟でかなり分かってきた状況につき、分かっているのか、気になります。
https://ameblo.jp/matsumoto-umi/entry-12437803873.html

2、三女さんは、アレフ相手に、アレフ幹部の二宮が、アレフ内部の掲示板で「悪魔だ」などとまで記載したことにつき、1000万円の名誉棄損訴訟を起こし、これをアレフと離れていることの一つの証明だと言っていましたが、2018.9.14さいたま地裁で全面敗訴しました。

 そして、2019.5.22 東京高裁はその三女からの上訴を棄却しました。高裁も、三女が2014年にアレフとの関与を否定するまで、信者と連絡を取り、運営に関する意向を伝えていたと認定し、投稿はおおむね事実に基づいていると判断しました。
 これについては、下記に記載してあります。とくに20190130のさいたま地裁判決の紹介では具体的な関与内容を示しています。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190522/archive
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190130/archive




8

2019/6/25

「強制性交等罪」から「不同意性交等罪」へについて  憲法・社会・官僚・人権

 「強制性交等罪」から「不同意性交等罪」への改正論議のこと、ネット上なんか建設的な議論になってない。
 反対論者が判例分析などしても、賛成論者が対応していない感じ、無理筋の他の罪との比較までしているし。
 そして、改正論議なのに条文案も示されず、伊藤弁護士は先の修正ドイツ刑法を紹介してた、下記の60頁以下です。これ議論できようと。
http://hrn.or.jp/wpHN/wp-content/uploads/2018/10/fd22b15527b766e9563e6e4aa373efe0.pdf

 新ドイツ刑法第177条1項「他人の認識可能な意思に反してその者に対する性的行為を行い*** 6月以上 5年以下」、2項1号「行為者が、その者が反対意思を形成又は表明できない状況を利用した場合**」暴行あれば加重と。

 「認識可能な意思に反して」で有罪とすると、過失性交罪も含むとも言いえる。
 刑事法の謙抑主義をドイツ刑法は捨てたのか。倫理規範たる刑法ではない筈だが。
 詐欺的同意はどうする?=「独身だ」「結婚する」とかの偽りを言った男や女、「騙しできちゃった結婚」の女性は有罪か。あいまいに過ぎる。
3

2019/6/23

弁護士と精神病理  日常のこと

弁護士と精神病理

 弁護士は多く自営業者、イソ弁や会社弁の場合もまあ相応に自立性を期待され、訴訟などとなれば直接の「訴訟委任」となる。だからまあ、弁護士自身や、相談者などに精神的な問題あるときは、苦慮することとなる。

 弁護士がうつ病に入ってしまったんだろうなあと思う書面の遅れなど、時にある。懲戒で判決文を偽造したりとか、なんでそんなことをするのと思うが、その延長かなあ。自死するとも少なくない。認知症になってるのに依頼してめちゃくちゃだったりも。懲戒処分は精神病理の故だからとして軽くはしないから、ある意味厳しい。まあ当たり前なんだろうけれど。弁護士会役員らの仕事の一つは発生するこの問題の拡大予防であり、大変だろうな、と。
 ああ、昔歯科医の医療過誤訴訟で、歯科医本人が認知症だったとは責任無能力の抗弁が出たことがあった、驚いたなあ。

 時に統合失調症の方もいて、でも薬などで病を上手に飼いならしている人は、論理がやたら精緻、判例調べなども実に万全であったりして、直ちにあかんということはない。アスペルガー的な人もそれなりにいて、和解交渉はトントまともにできないが、文章上の論理はしっかりとしていて敬服したり。何にせよ、チームを組める弁護士がいいだろうと思う。

 対して、精神病理の人に対応することも多い。自分は、仕事種類の性質上、他より対応せざるを得ないことが多いかもと思うが、結構つらい。破産直前の自営業者さんが生命保険に入っているときは−自殺して保険金で返済しようとも考えるものでして−直ちに解約させ、入院してもらったりもする。

 相談・依頼であれば、そんな対応や妄想話は上手に断れば済む。が、諸団体などでの付き合いはそうもいくまい。病識がなく症状が激しい場合や矛盾だらけの場合は周囲にも直ちに分かるが、そうでない場合は容易ではない。中年以降に発病することもあり、辛い。まあ「うちの社長が自己啓発セミナーにはまってて」などの相談の社員も同じような気分なのか。普段の自らの信用こそが大切なんだろうと。

 社会的弱者の支援を旨とする人らの一部には、そんな話を丸々信用してしまうこともあるから、弱る。まず「聴く」ことは大切だが、それを当然の真実として他者に実損・精神的苦痛ある行動を起こしてよいかどうかは別だろうと。まあスピードが大切な事柄でもあり容易でないが、「正しいことをしている」と思い込んではいかん、と。ああ自戒ですが。

 ああ、自分も相談を受けるとき決して丸々は信用しないようにしてきたが、想像を超える場合もあったなあ。ずいぶん昔、ストーカー被害事案で、妄想ではないと確認できたが、実はこちらこそがストーカーしていたようだ、と。あるいは、親子2人ともに被害妄想まあ「二人組精神病」と言うのか、そんな事案もあった。

 だから、冷たいようだが、ともかくも証拠を、と。私はあなたの言うとおりだと思うが、裁判所や警察・行政は分かってくれないから証拠を確保しましょうね、という外ない。

 そして弁護士は自らの精神病理に注意し、まあ親しい同期の2人くらいに「そろそろ辞めたら」と言われたら辞めるべし、と。
3

2019/6/14

「運動家?」として敬服  憲法・社会・官僚・人権

*******
https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20190612-00129868/
性犯罪「意に反する性交を処罰する」立法提案が「冤罪を生む」は本当か。他の犯罪と比較してみよう。 伊藤和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長 6/12(水) 22:51
*******


 伊藤和子弁護士は、住居侵入とて「同意」が問題となり、不同意云々はおかしくない、という言い方をしている。なんなんだか。住居侵入は一方当事者のみが被害者になるもの、性交は論理的にはどちらの被害者なり得るものですし、何より保護法益は全く違うのに。 

 なんで伊藤弁護士は「同意なくして性交」にて有罪、とする構成要件ばかりの運動をするのだろうか。なぜそれにこだわるのか。感覚的・スローガン的に過ぎるのではないか、と。

 議論内容も乱雑だろうと。住居侵入罪の「正当な理由」判断などと比較して、暴行・脅迫とかでなく「不同意」を要件とするとしても、他に比べてえん罪の危険性が高いものではないと言いたいようだが、それは違うと。

 住居侵入は、まずは他人の家に入るという通例でない行為があるのだが、性交は、少なくない被疑事件がそうであるように、ホテルにともに入ったり、片方の部屋だったりする(つまり住居侵入とは異なり、外観的な他の「行為」がないのだから)、残る問題は「同意」それ自体のみになります。

 第2に、えん罪の危険性を直截に見つめていません。★「同意してないと思った」と自白させれば、暴行など一切なくても有罪となるのですから、自白をとることが大切であり、代用監獄問題からしてもえん罪の温床となる、という単純な話でなんです。

 第3に、「同意」といった主観的要件はなるべく入れないのが罪刑法定主義の精神に合致すると思うんです。私文書偽造罪では本人の同意なしが必須になること仕方がないですが、同列に強制性交罪を「不同意性交罪」に変えることが有害無益ではないか、と検討する必要がある。

 趣旨は、「同意の意思表示をしていないにかかわらず性交等をした者は」とか「不同意の意思表示をしたにかからず性交等をした者は」とかではなく「同意がないにかかわらず性交等した者は」と言うことでもあり、まさに主観的要件でしょう。

 第4に、高松高判S47.9.29事例を忘れないでください。類似事例もあるだろうと。これは、2週間前までの脅迫によるとして有罪されたものです。しかし、場所、時刻を被害者側が指定した事例であり、「不同意」が要件だったら、いくら何でも「無罪」になってしまうと思います。

 ★自白強要ができない国になっていけば、「同意してると思った」で無罪になる以上、同様に無罪率が高くなってしまうのでは、と恐れます。

 第5に、詐欺的同意の問題を論じてないです。極端には「結婚すると女性と約束して性交した男」「安全日だよと言って性交を求めた女」は、強制性交罪になってしまうのか。前者は約束が違う、後者は妊娠して云々トラブルが、民事ではかなりあるんです。
 私文書偽造で、名義人から詐欺的に同意を得ていた場合は有罪だったのではなかったかしら。詐欺的にとった「同意」も同意として有効なのかどうか。はっきり説明していかないといけないだろうと。

★伊藤先生におかれて、暴行・脅迫や抗拒不能、監護者性交の要件を少し緩めるといった提案を、なぜ考えないのか、とつくづく思う。

★自分として、涙を見てきたカルト問題など思い起こして、「抗拒不能」につき心身喪失に匹敵するものでなければならないのか、監護者性交罪につき18歳になればすべて適用できないでいいのか、「著しい支配と服従での性交は有罪」という実質をとるための立法政策は? と思ったりしています。議論していく余地はあろうに、と。

★まあ「同意」を構成要件にして「不同意性交罪にすべし」と主張しつつ、落としどころとしてを要件緩和あたり、と考えておられるのなら、「運動家として」大したものです。
4

2019/6/12

故坂本 鎌倉円覚寺  カルト・宗教・犯罪

6月9日、縁あって円覚寺松嶺院の坂本一家の墓参にいってきました。

神奈川県鎌倉の北鎌倉駅近く、というか北鎌倉駅の先の線路は、円覚寺境内地内です。

このことをめぐっては、ほんと色んなことがあるんだな、と改めて感じました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ