2019/6/23

弁護士と精神病理  日常のこと

弁護士と精神病理

 弁護士は多く自営業者、イソ弁や会社弁の場合もまあ相応に自立性を期待され、訴訟などとなれば直接の「訴訟委任」となる。だからまあ、弁護士自身や、相談者などに精神的な問題あるときは、苦慮することとなる。

 弁護士がうつ病に入ってしまったんだろうなあと思う書面の遅れなど、時にある。懲戒で判決文を偽造したりとか、なんでそんなことをするのと思うが、その延長かなあ。自死するとも少なくない。認知症になってるのに依頼してめちゃくちゃだったりも。懲戒処分は精神病理の故だからとして軽くはしないから、ある意味厳しい。まあ当たり前なんだろうけれど。弁護士会役員らの仕事の一つは発生するこの問題の拡大予防であり、大変だろうな、と。
 ああ、昔歯科医の医療過誤訴訟で、歯科医本人が認知症だったとは責任無能力の抗弁が出たことがあった、驚いたなあ。

 時に統合失調症の方もいて、でも薬などで病を上手に飼いならしている人は、論理がやたら精緻、判例調べなども実に万全であったりして、直ちにあかんということはない。アスペルガー的な人もそれなりにいて、和解交渉はトントまともにできないが、文章上の論理はしっかりとしていて敬服したり。何にせよ、チームを組める弁護士がいいだろうと思う。

 対して、精神病理の人に対応することも多い。自分は、仕事種類の性質上、他より対応せざるを得ないことが多いかもと思うが、結構つらい。破産直前の自営業者さんが生命保険に入っているときは−自殺して保険金で返済しようとも考えるものでして−直ちに解約させ、入院してもらったりもする。

 相談・依頼であれば、そんな対応や妄想話は上手に断れば済む。が、諸団体などでの付き合いはそうもいくまい。病識がなく症状が激しい場合や矛盾だらけの場合は周囲にも直ちに分かるが、そうでない場合は容易ではない。中年以降に発病することもあり、辛い。まあ「うちの社長が自己啓発セミナーにはまってて」などの相談の社員も同じような気分なのか。普段の自らの信用こそが大切なんだろうと。

 社会的弱者の支援を旨とする人らの一部には、そんな話を丸々信用してしまうこともあるから、弱る。まず「聴く」ことは大切だが、それを当然の真実として他者に実損・精神的苦痛ある行動を起こしてよいかどうかは別だろうと。まあスピードが大切な事柄でもあり容易でないが、「正しいことをしている」と思い込んではいかん、と。ああ自戒ですが。

 ああ、自分も相談を受けるとき決して丸々は信用しないようにしてきたが、想像を超える場合もあったなあ。ずいぶん昔、ストーカー被害事案で、妄想ではないと確認できたが、実はこちらこそがストーカーしていたようだ、と。あるいは、親子2人ともに被害妄想まあ「二人組精神病」と言うのか、そんな事案もあった。

 だから、冷たいようだが、ともかくも証拠を、と。私はあなたの言うとおりだと思うが、裁判所や警察・行政は分かってくれないから証拠を確保しましょうね、という外ない。

 そして弁護士は自らの精神病理に注意し、まあ親しい同期の2人くらいに「そろそろ辞めたら」と言われたら辞めるべし、と。
2

2019/6/14

「運動家?」として敬服  憲法・社会・官僚・人権

*******
https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20190612-00129868/
性犯罪「意に反する性交を処罰する」立法提案が「冤罪を生む」は本当か。他の犯罪と比較してみよう。 伊藤和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長 6/12(水) 22:51
*******


 伊藤和子弁護士は、住居侵入とて「同意」が問題となり、不同意云々はおかしくない、という言い方をしている。なんなんだか。住居侵入は一方当事者のみが被害者になるもの、性交は論理的にはどちらの被害者なり得るものですし、何より保護法益は全く違うのに。 

 なんで伊藤弁護士は「同意なくして性交」にて有罪、とする構成要件ばかりの運動をするのだろうか。なぜそれにこだわるのか。感覚的・スローガン的に過ぎるのではないか、と。

 議論内容も乱雑だろうと。住居侵入罪の「正当な理由」判断などと比較して、暴行・脅迫とかでなく「不同意」を要件とするとしても、他に比べてえん罪の危険性が高いものではないと言いたいようだが、それは違うと。

 住居侵入は、まずは他人の家に入るという通例でない行為があるのだが、性交は、少なくない被疑事件がそうであるように、ホテルにともに入ったり、片方の部屋だったりする(つまり住居侵入とは異なり、外観的な他の「行為」がないのだから)、残る問題は「同意」それ自体のみになります。

 第2に、えん罪の危険性を直截に見つめていません。★「同意してないと思った」と自白させれば、暴行など一切なくても有罪となるのですから、自白をとることが大切であり、代用監獄問題からしてもえん罪の温床となる、という単純な話でなんです。

 第3に、「同意」といった主観的要件はなるべく入れないのが罪刑法定主義の精神に合致すると思うんです。私文書偽造罪では本人の同意なしが必須になること仕方がないですが、同列に強制性交罪を「不同意性交罪」に変えることが有害無益ではないか、と検討する必要がある。

 趣旨は、「同意の意思表示をしていないにかかわらず性交等をした者は」とか「不同意の意思表示をしたにかからず性交等をした者は」とかではなく「同意がないにかかわらず性交等した者は」と言うことでもあり、まさに主観的要件でしょう。

 第4に、高松高判S47.9.29事例を忘れないでください。類似事例もあるだろうと。これは、2週間前までの脅迫によるとして有罪されたものです。しかし、場所、時刻を被害者側が指定した事例であり、「不同意」が要件だったら、いくら何でも「無罪」になってしまうと思います。

 ★自白強要ができない国になっていけば、「同意してると思った」で無罪になる以上、同様に無罪率が高くなってしまうのでは、と恐れます。

 第5に、詐欺的同意の問題を論じてないです。極端には「結婚すると女性と約束して性交した男」「安全日だよと言って性交を求めた女」は、強制性交罪になってしまうのか。前者は約束が違う、後者は妊娠して云々トラブルが、民事ではかなりあるんです。
 私文書偽造で、名義人から詐欺的に同意を得ていた場合は有罪だったのではなかったかしら。詐欺的にとった「同意」も同意として有効なのかどうか。はっきり説明していかないといけないだろうと。

★伊藤先生におかれて、暴行・脅迫や抗拒不能、監護者性交の要件を少し緩めるといった提案を、なぜ考えないのか、とつくづく思う。

★自分として、涙を見てきたカルト問題など思い起こして、「抗拒不能」につき心身喪失に匹敵するものでなければならないのか、監護者性交罪につき18歳になればすべて適用できないでいいのか、「著しい支配と服従での性交は有罪」という実質をとるための立法政策は? と思ったりしています。議論していく余地はあろうに、と。

★まあ「同意」を構成要件にして「不同意性交罪にすべし」と主張しつつ、落としどころとしてを要件緩和あたり、と考えておられるのなら、「運動家として」大したものです。
4

2019/6/12

故坂本 鎌倉円覚寺  カルト・宗教・犯罪

6月9日、縁あって円覚寺松嶺院の坂本一家の墓参にいってきました。

神奈川県鎌倉の北鎌倉駅近く、というか北鎌倉駅の先の線路は、円覚寺境内地内です。

このことをめぐっては、ほんと色んなことがあるんだな、と改めて感じました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ