2018/12/31

四女さんの言葉  カルト・宗教・犯罪

 今年、自分として最大の出来事はやはりオウム事件の死刑執行です。なんか力が抜けてしまっている、と言うのが率直なところ。

 そりゃ、新たに子供が入信して出家しそうと驚いた親御さん、老親の死亡で「出家者」なのに相続権を主張するオウム側、果ては高齢などでもう看れないから除名するとか言い出しているオウム側とか、酷い話は、まだまだあるんだが。

 何と言っても、麻原教祖の道づれに又12人が死んでしまっんだもの。その一人ひとりを、私もそしておそらく坂本も、彼らこそを救いたかったんだもの。
 なんか力が抜けてしまっていること、ご容赦くださいませ。


 ああ、このブログの下記の日に出した四女さんの言葉など、私が差配していると思った人が結構いるようだが、違うって。改めて読んで重いな、と感じた。

 私の立場―オウム集団になぜか詳しくなってしまったが所詮、家族側でも信者・元信者側でもではない、縁ある被害者ともなった。あの毒の抜けた、社会への恨みという煩悩の抜けた故松本智津夫の顔を見る立場ともなったが、確かに他人ではある。―では、決して出て来ない言葉が続いている。

 信者さん、その他関係者の方、改めて読んでほしいな。
うん「もうオウムは終わりにしませんか」ですね。


          *************
7月6日
 私の実父松本智津夫が多大な迷惑をおかけした被害者の方、ご遺族の方、信者のご家族、元信者の方、刑務官の方、そして世間の皆さまに改めて深くお詫び申し上げます。

 死刑が執行されたことにより被害者の方、ご遺族の方が少しでも心安らかな日々を取り戻せることを心より祈っております。

 松本死刑囚は一度の死刑では足りないほどの罪を重ねましたが、彼を知る人間の一人として今はその死を悼みたいと思います。

 執行はされるべきものでしたが、ただひとつとても残念に思うのはかつての弟子であった元幹部まで6人も執行されたことです。宗教的な理由においても、責任の重さにおいても、今日の執行は教祖一人でないといけなかったと思います。洗脳されて事件に関与してしまった元幹部の執行の是非はもっと議論され熟慮のうえでないと社会に課題を残してしまうのではないかと心配です。

 まだ信仰を続けている信者には、これ以上松本死刑囚の罪を増やさないようにどうか後追いなどしないで、早く夢から覚めてほしいと願っています。

          ***********
7月9日
 大雨の被害で亡くなられる方がいる中、実父が最後の最後まで世間をお騒がせしていることを心苦しく思っております。本当に申し訳ございません。

 松本元死刑囚の最後の言葉の件につきましては、指名を受けた私自身が大変驚きました。しかし、それは実父の最後のメッセージなのではないかと受け入れることにします。(メディア問い合わせで補充「当面、東京拘置所保管」を前提にて)

 捏造などではあり得ません。現に聖人化される恐れがあっても遠藤元死刑囚の遺体は教団に渡りました。

 私は自分が他の親族に比べて実父から愛されたとは最後の言葉を踏まえても思いません。ですが、かなり信頼してくれていたのかもしれないというのは思い当たる節があります。実は知る限り彼と最後に接見できたのは私だったからです。

 松本元死刑囚はおそらく最後は一人の人として葬られたいのだと思います。
 私には自分の過去の体験を振り返ると少し彼の気持ちが分かります。信者から神と崇められ、世間から悪魔と憎まれる人生というのはつらかったのではないでしょうか。誰も人として温情をかけてくれないわけですから。

 今、実母と、長女以外の姉弟と、信者たちに言いたいことがあります。
 どうか松本元死刑囚の最後の意向を尊重してやっていただけませんか。彼は自分で始めたことの幕引きをもはや一人ではできなくなってしまったのです。自分の真意を伝えるのが苦手なのもあると思いますが、あまりに事が大きくなりすぎました。

 もう麻原教祖に依存するのは終わりにしませんか。支配されるのは終わりにしませんか。松本元死刑囚のためでもあり、また信者も一人一人の人生を生きるためにです。

 実父はもう麻原彰晃ではありません。

 その荷を死と共に降ろしたいと願った松本智津夫という一人の人間でした。

 松本元死刑囚の罪を増やさないためにも、ご自分が人生をこれ以上台無しにしないためにも報復テロや奪還テロなど絶対にやめてください。今まで松本元死刑囚に従ってきても、これからを彼と心中する必要はないんです。

 彼のためには彼を崇めるのではなく、たくさんの人を傷付けてしまった彼の霊がいつか救われるよう祈ってあげることではないでしょうか。

 もうオウムを終わりにしませんか。社会を憎むのは終わりにしませんか。そして、改めて自分の人生を始めてみませんか。

 残された者が生きて自分と周りを幸せにするのが死者への最大の供養になるはずです。

 どうかお願いします。
            *************
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ