2018/12/11

部分社会  カルト・宗教・犯罪

発展のための留意点−部分社会にならないために

 2018.12.2のジェンダー法学会2日目のシンポジウム「メディアとジェンダー」の件について、自分がツイッターしたことをまとめておきます。
右は簡潔なまとめ https://togetter.com/li/1296848

(20190112追加 下記が発言者本人が後に書いている内容ですね。
http://archive.is/ucDdL )

山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン
@otakulawyer  12月8日
ジェンダー法学会での#metooの内容 には、具体名を出した男性宅に刃物を持って押しかける、手帳持ちだから警察は怖くない等もありました。内容を事前に知りながら止めもせず、発言を制止しないどころか、適切なタイミングと言ってしまうのは、極めて非常識だと思います。


滝本 ええっ、ミーツーしますと言ったうえで、指されてないのに話しだし、男性の固有名詞を出し「刃物を持って押しかける、手帳持ちだから警察は怖くない等もありました。」と言ったのですか。わっ、指されて話したのだとしても、止めないとならない、撤回してねと注意すべき程のこと。

滝本 いえまあ、まずい、いかんものでしょう。その場にされてしまっては主催者としても困る、いかんと直ちに対応しないといかんだろうと。固有名詞を出しており名誉毀損はもちろん、脅迫罪にもなりうる異常な事態だったという外ないのだから。

滝本 発現形式より実は内容が尚更に問題だったんだな。「まず話すことを信用する」というスタンスは、閉ざされた空間で聞くとき重要ではありましょうが、公開の場で固有名詞も言う、刃物云々まで言ってしまうなんて。それも良しとするようでは、異様な部分社会が出来上がってしまってる、と批判されます。

滝本 追伸 ジェンダー学会・谷口教授を今回批判しているのは、折角、人権や平和のため良いことを言いやっているのに、今に至るもそんな対応では、他への説得力がなくなってしまうからんです。発言通告用紙で事前に知ってたようであり、会と本人のためにこそ、決して話させてはならなかったのだと。

なお、そのご本人、他でも話してきた模様です。なんとも、下記
http://parabellum.hatenablog.jp/entry/2018/12/11/032122

***************
司会の谷口真由美氏の現在の説明は下記です。このままではまずいです。
https://www.facebook.com/mayumi.taniguchi.3/posts/2143913278966437
その抄本
さて、当日のMeToo発言の内容につきましては、パネル討議の前(一度目のディスカッション)に発言者の方から、内容が記された用紙が「情報提供」として「読み上げてもかまいませんし、関係者のみの共有でもいいです」と付記された上で提出されておりました。
このため、企画責任者/司会進行役の2人で話し合い、ひとまず「関係者のみの共有」として対応することといたしました。それというのも、司会でまとめてパネル討議をすると宣言していましたので、質問をふまえた議論の展開において、頂戴した内容を盛り込むことが難しく、また、傍聴者が多かったこともあり、代読することの是非やプライバシーの観点からも、シンポジウム後に対応すべきとの判断でした。お書きいただいた方が特定できる状況でしたので、シンポジウム後にお声掛けをする予定で、パネル討議を進行いたしました。
そのような状況下において、シンポジウムの終了間際に、質問の手がほとんどあがっていなかった中で、用紙に書かれたMeTooの内容の発言が始められたため、発言者の方が極めて適切なタイミングを見計らわれて発言されたと判断し、あの場でのご発言は制止しませんでした。
ただ、MeToo発言後に述べるべき司会進行役の言葉として、壇上から「貴重なご意見をいただいた」という言葉しか紡ぎ出せず、そこは何か別の言い方があったのではないかと思い悩む部分はございますが、司会進行として、ご発言を制止しなかったことは間違いではなかったと考えております。
あの場においての進行の責任は企画責任者であり、司会進行をつとめた谷口真由美と谷口洋幸の両名にあります。MeToo発言をされた方を貶めたり、侮蔑したり、また、ジェンダー法学会に対してのカルト的であるというような感情的な非難に対しては、断じて許されるものではないとここに述べる次第です。
2018年12月6日   谷口真由美(大阪国際大学)・谷口洋幸(金沢大学)

*********

山口貴士弁護士は、当該男性になんとか連絡できたとツイッターしており、それは実によかった、と。当該男性と、発言した女性本人にのためにこそ。

(ああ、2000年位だったなあ、弁護士会に、私が一度も会ったことなく電話で話しただけの女性からセクハラされたぁ、という苦情電話があったなあ。オウム問題がらみで相談したい風情でしたが、会わないで良かった。オウムにも入り一部グチャグチャさせ、つまりはオウムからも排除されていた模様。悲しい話ですが、どうしているかなあ。)
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ