2018/9/1

6 小銃製造等事件  カルト・宗教・犯罪

6つめの小銃製造等事件の、判決文に示される麻原指示です。

 麻原の一審確定判決での麻原指示や高裁の決定文の一部は、下記に全体を出しているんだけれど、毎日一つずつ紹介しておきます。おふざけ無責任文化人の「真相究明の会」は解散したようですが、「弟子の暴走」なぞと言いたがるアレフや森氏らには、改めて知ってほしいので。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228


2004.2.24確定東京地裁判決(判例タイムズ1151号138頁〜251頁)から

6 小銃製造等事件、1994.6下旬から、における指示・言葉
・「カッコ書き」での記載はない


なお下記をご参考に。他の罪でもまずかかげられる結論部分はこういう書き方になります。
[罪となるべき事実]
 被告人は,***,***らと共謀の上,通商産業大臣の許可を受けず,かつ,法定の除外事由がないのに,
第1 ロシア製自動小銃「AK−74」を模倣した自動小銃約1000丁を製造しようと企て,平成6年6月下旬ころから平成7年3月21日ころまでの間,山梨県西八代郡**村**所在の第11サティアンにおいて,マシニングセンターで鋼材を切削するなどして引き金,遊底,撃鉄など21種類の金属部品をそれぞれ製作するなどし,同村**所在の第9サティアンにおいて,大型射出成形機で銃床,握把等のプラスチック部品をそれぞれ製作するなどし,同県南巨摩郡**町**所在の清流精舎において,深穴ボール盤で丸棒に銃腔となる穴を開け,NC旋盤で銃身の外形加工を施すなどし,同村**所在の第12サティアンにおいて,形彫り放電加工機で銃身にライフル加工を施すなどし,同自動小銃の部品多数を製作するなどして同自動小銃約1000丁を製造しようとしたが,同月22日,上記各施設が警察官による捜索を受けるなどしたため,その目的を遂げなかった
第2 平成6年12月下旬ころから平成7年1月1日までの間,清流精舎において,上記犯行により製作した小銃1丁の必要部品一式を取りそろえるなどした上,これらを組み立てて小銃1丁を製造した
ものである。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ