2018/7/17

週刊朝日―中田証言なぞ  カルト・宗教・犯罪

https://dot.asahi.com/wa/2018071400021.html

元オウム・裏の実行部隊長が独白「麻原と離婚していない奥さんに遺骨を返すのが筋」
上田耕司2018.7.16 11:30週刊朝日

 ひえ、朝日系列って凄い。AERAって中田清秀氏、1996年破防法が適用されても集まれるようにすべく何人もと養子縁組をした中田氏、昨年12月には息子さんに日本刀でケガをさせて殺人未遂で逮捕された中田氏に取材して、掲載するんだ。

 しかし「裏の実行部隊長」って偽りであり、明らかに中田氏への名誉毀損ではないですか。同社も、上田耕司記者も大丈夫なのかな。※週刊朝日2018年7月27日号

早川は「麻原には内緒で北朝鮮経由でロシアに入ったりして、彼個人で活動していたような部分もあった」って、中田さん、どんな根拠で言っているのか。話の出所は中田さんなんですか。
 早川本人は、最高裁段階で面会できた時、私に「滝本さんまで聞かないでください、行ってません。今更嘘はつきません」と言ってたですが。


 1994年夏だったかなぁ、第7、第10サティアンに上がっていく坂道の入り口で、やりあったのが中田さんだと思う。懐かしいです。ひどく重い事件に使われなくて良かったですね。中田さんがなぜ使われなかったかなど、一度聞きたいです。「麻原彰晃」の気持ちがわかる気もするけれど。 
19

2018/7/17

恥を忘れてはいかん  カルト・宗教・犯罪

縁あるご自身、恥を忘れてはいかん、と思います。

昔、チャットで「滝本さん、ポアされないで残念でしたね」
と書かれたときは、もっと後に連なる意義あるものだったでしたょ。

批判は甘受するが、なりすましは恥ずかしいことだと認識してほしいです。一旦切れば、別のリモートホストになるようだが、それにしてもここまで。

一部、*****としておきますけれど。

投稿者:滝本カルトの人権意識のなさ softbank1260********.bbtec.net
2018/7/16 14:49
投稿者:滝本教 softbank1260********.bbtec.net
2018/7/15 22:10

投稿者:友北さんへ sp1-72-*****.msc.spmode.ne.jp
2018/7/16 0:11
投稿者:日本国民 sp1-72-*****-104.msc.spmode.ne.jp
2018/7/15 23:25
投稿者:友北さんへ sp1-72-******.msc.spmode.ne.jp
2018/7/16 1:36

投稿者:取り返しつかない fp276f****.tkyc303.ap.****.jp
2018/7/16 1:43
投稿者:なりすましはどうでもいい fp276****.tkyc303.ap.****.jp
2018/7/15 23:29
投稿者:なりすましはどうでもいい  fp276****.tkyc303.ap.****.jp
2018/7/15 23:45

投稿者:驚いた pdf8496******knt01.ap.so-net.ne.jp
2018/7/15 22:18
投稿者:驚いた pdf849686******knt01.ap.so-net.ne.
2018/7/15 22:26
18

2018/7/17

遺骨がなく、命日も。  カルト・宗教・犯罪

下記にオウム真理教において殺された人の命日一覧があります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/meibo.html
そのうち
1―落田耕太郎さん1994年1月30日未明死去、
享年29歳、絞殺リンチ
2−田口修二さん1989年2月10日死去、
享年21歳、首折りリンチ
3−仮谷清志さん1995年3月1日午前11時過頃、
享年69歳、監禁薬物致死
4−富田俊男さん1994年7月上旬死去
享年27歳、虐殺リンチ殺人
5−中村徹さん1994年7月15日死去、
享年34歳、50度温熱刑傷害致死
6−真島照之さん1988年9月22日死去、
享年25歳、リンチ水死
は、遺体は石油で護摩壇にて焼かれ、或いは電子レンジのようにして焼かれ、遺骨はすりつぶされて本栖湖に流されるなどした。

(冨田さんが抜けていた、申し訳ないです。18:04追加訂正しました)


 坂本一家とて、3か所に分かれて埋められ後に発見され龍彦君の遺骨など溶けてしまっててごく一部しか残っていなかった。
 そのほか、今回上祐が認めた、7−故吉田英子さん(タントラインドラーニ大師)殺害その他、何人かの遺骨はなく、その命日も分からない。


クリックすると元のサイズで表示します
2014年7月 高橋シズヱさんらとの本栖湖訪問にて

クリックすると元のサイズで表示します
2011年9月 長野龍彦君の現地

 今、三女らは(妻の声は7月7日の要求書以外は聞こえてこない)、趣旨は格別ともかく遺骨の、何としてもその一部でも取得して保存したい、という。
 上記の各事件と、故松本死刑囚の遺体・遺骨とは、確かに別のことではあるが。
 四女とは、そんなことも話してきた。

33



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ