2016/12/31

オウム信者は、河野義行さんらまで利用  カルト・宗教・犯罪

オウムは、河野さんらまで利用する。

下記は、オウム問題についての、日刊カルト新聞の20161221です。
http://dailycult.blogspot.jp/2016/12/blog-post_21.html
―後継団体のひとつ「ひかりの輪」(代表・上祐史浩氏)の外部監査委員の女性が自動車を無免許で運転、警視庁公安部は12月20日、道交法違反(無免許運転)の疑いでひかりの輪本部と女性宅を捜索。女性は教団の「聖地巡り」と称する団体旅行でも無免許のまま参加者を乗せて運転していた。自動車にETC車載器まで設置。
 「この女性は、講話会や聖地巡り、上祐氏の誕生パーティーなどで、何度も見かけました。女性が無免許であることは、以前から聖地巡りの複数の参加者の間で知られていました。事実を知らない会員もいたと思いますが」「この女性がひかりの輪に関わり始めたのは、河野義行氏の関係です。もともと女性はオウムや上祐氏のシンパではなく、河野氏のファンでした。河野氏は外部監査委員長だった2013年ごろに、ひかりの輪の聖地巡りに参加したのですが、そこにこの女性も一緒に参加。その後、河野氏は聖地巡りに来ていませんが、女性はその後も引き続きひかりの輪の行事に参加」(関係者)


 河野氏は松本サリン事件の被害者で、容疑者扱いされて辛かったお立場。だが信者の人生も考えてくれた稀有な方です。私は、オウム教団は、平気でそんな善意も利用するから心配してきた。
 河野氏は、2011年末、ひかりの輪選任の外部監査委員になり、やがてその長として団体規制法に基づく観察処分の「適用要件に該当する事実は、何ら認められなかった」とする報告書を発表もしてきた。2015年に辞任したが、こんな利用もされてしまっていた。

  1995年以前は、多くの大学施設も、宗教学者も利用され、また高校教師や塾教師がその人間関係を利用していき、その学生さんらか信者となった例も多かった。その中には自らの人生を教団に未だ捧げている人もおり、戻っても実に辛い人生を重ねている。犯罪に至り、実刑どころか、無期懲役、死刑確定囚となってしまった人もいる。
 
 今回、河野さんも、しっかり利用されてしまってきたことが証明された。教団「ひかりの輪」は、大人の過激派として麻原隠しを延々とできる存在であって、主流の「アレフ」が子どもの過激派として麻原を前面に出すようなバカなことをしていないだけ、後々に心配です。上祐が、「やはりグルは麻原尊師です」と一言いえば、直ちにオウム真理教になる存在なのですから。

 河野さんにつき、私は、2012年1月23日のブログなどに下記のとおり書いている。監査は、通帳などすべて見ることはしていなかったと、後に聞いた。
 そして、河野さん関係で近づいてしまった人が、こうなってしまった。残念です。

http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20120123/archive
*******
 それから、河野さんが「ひかりの輪」の外部監査人、それも代表として就かれたことを聞きました。河野さんは監査の専門家では決してないとは思いますが、就かれたのでしたら、十分に監査されるよう求めます。
 いろんな名義の通帳原本、領収書すべての閲覧、その他は当り前のことです。メンバーの年金収入をどう扱っていたか、金銭を出した人がすべて任意で正常だったかなど含めて、どうぞよく調べてみてください。また、入金関係については、領収書を渡さずに受領している金員についても、どうやれば分かるの分かりませんが、よく検討してください。
 「ひかりの輪」の書類の中には、私が数ケ月前に送付した内容証明郵便があるはずであり、その中には会員の年金収入の扱いについての疑義も書かれているものですが、その書類はありましたか。しっかりと糺して書類など見られましたか。
 「外部監査人」に就いたことは、同団体に信用を付与する効果を生じるものです。同団体は、河野さんと言う立場、もはや権威かもしれませんがそれを利用して「観察処分」を外すことを目指しているものです。ご承知かとは思いますが、であればなおさら、上記のとおりお願いします。
 
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ