2016/12/20

保守主義  カルト・宗教・犯罪

   保守主義とは、科学の発展等から変更せざるを得ない諸システムにつき、秩序を守り被害と軋轢を少くしつつ、漸進的に変えようとするもの。

  今、市民間でも国家間でも弱肉強食の時代にしようとする者が「変化を」と言っている。それは格差、差別、暴力を許容・制度化し、権力者が、その得手勝手を進めるために、国民の自由を恣意的に制約できる時代への急激な変化だ。

  今、保守主義の実践とはこれを止めることであり、今日の日本の政治状況では4野党の共闘こそがそれにあたる。

  法治主義と憲法の3大原理を守るための、保守主義としての野党共闘なんだと自覚し、自信をもってそう言うべきです。

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ