2016/12/13

中国軍機に妨害弾??  カルト・宗教・犯罪

自衛隊機が緊急発進−中国軍機に後ろをとられてロックオン??

朝日新聞 2016年12月10日 http://www.asahi.com/articles/ASJDB76GLJDBUTIL01J.html
      **朝日新聞抄本***
 防衛省統合幕僚監部は12月10日、中国軍のSu30戦闘機と爆撃機、情報収集機の計6機が、東シナ海から沖縄本島と宮古島の間を通過したと発表した。航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたが、領空侵犯はなかった。
 一方、中国国防省の楊宇軍報道官は、訓練中の中国軍機に対し、自衛隊のF15戦闘機2機が近距離まで接近し、「妨害弾」を発射したと発表。「中国軍機と搭乗員に危害を加えた」とし、「中国側は厳重な懸念を表明し、厳正な交渉を申し入れる」としている。
 これに対し、統合幕僚監部は「中国軍機の飛行を妨害したというような事実はない」と(福井悠介、北京=西村大輔)
         *****


 これなんだけれど。下記の通りナノかも、と思われ。自衛隊側は恥ずかしくて発表できないのかな。それはそれで心配です。ミサイルは今や横にも発射できるみたいだけれど、スクランブルで後ろについてのに、後ろをすぐに取られてしまったとしたら、うーん
         *****
 内訳はSU30戦闘機、H6爆撃機、情報収集機が2機ずつ。11月25日にも同型の6機が同じ空域を通過
6機は10日、東シナ海から南東に飛行し宮古海峡を通過。太平洋に抜けた後、戦闘機2機は反転し東シナ海に引き返したが、残り4機は南西に針路を変え、台湾とフィリピンの間のバシー海峡の方へ向かった。
http://www.sankei.com/west/news/161210/wst1612100085-n1.html
         *****
>はじめに中国軍機の背後から近づいたのは自衛隊機。ところが自衛隊機は中国軍機にやすやすと背後を取り返され、ミサイル攻撃の態勢に入られた。そこでミサイルを回避するためにフレアを投射しながら逃げ帰ってきたと。<
3

2016/12/13

ますます、ギャンブル大国へ  憲法・社会・官僚・人権

『民間カジノ解禁は、百害あって一利なし』
https://www.facebook.com/shiminmedia/videos/1218984008148029/?pnref=story
質問全体は、https://youtu.be/goZgIFSRoC8
12/2 清水忠史さん(元漫才師・日本共産党)質問


いい質問です。見る人にとって、文字表示も分かりやすく工夫されて広げられている。

 競馬、競輪、競艇、宝くじ、そして公然の秘密賭博であるパチンコ。日本は、ギャブル大国ですもん。なんでまた、これ以上にするのか。
 
 パチンコの特定景品・現金替えをシステムを、少しずつでも進めるべきだろうに。
 当面、替え玉は一人一日1万円以下、換金は5万円しかできない、とかにしたり。システム上不可能ではないはず。うーん、タバコは既に、自動販売機ではタスポという個人登録したものがないと買えない。特定景品についてはあれが必要とさせたらいいのでは、と思う。他人のを使うことを容認すれば罰則とか。
 
 先月だったか、とある事情があって久しぶりにパチンコをした。ラッキーなことにそれなりに出てチョコとかの景品に変えようとしたら、当然のように分からない景品(特定景品、昔はレコード針だったがなあ)をくれてしまった。おかしいよ。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ