2016/7/30

甘利氏への不起訴相当議決について  憲法・社会・官僚・人権

 7月29日、甘利氏について、検察審査会が「不起訴相当」との20日付で議決をしたことが通知されました。これは刑事責任についての「不起訴」としたものです。
 神奈川県の4市共同市民の会が進めている「甘利議員に辞職などを求める署名」は、甘利議員の刑事責任ではなく、判明しているだけでも実に重い政治責任があることをから問うているものですから、もちろん継続いたします。
 検察審査会議決の報道要旨は下記のとおりです。
 甘利議員の秘書については一部「不起訴不当」という議決となっており、東京地方検察庁の再捜査があります。
 地元から声をあげています。どうぞ皆様、さらにご協力くださいませ。
   *******
 東京第4検察審査会は29日、甘利氏を「不起訴相当」と議決したことを明らかに。
 元秘書2人は一部を「不起訴不当」
  請託を受け政治家の権限に基づく影響力を行使して公務員の職務上の行為をさせるよう斡旋(あっせん)したり、その報酬として財産上の利益を受けたりした場合に適用される同法について、議決では元秘書の行為を「請託を受けて、斡旋したことの報酬、謝礼として現金供与が行われたとみるのが自然だ」とし、再捜査の必要があると。
 甘利氏については「元秘書と共謀していたことを認め得る証拠はない」と。
 東京地検は5月31日、補償交渉をめぐり、甘利氏側がURに不正な口利きをした事実はなかったと判断し、嫌疑不十分で3人を不起訴処分にしていた。
   ********
5

2016/7/28

ヘイトピラミッド、トランプ地図  日常のこと

良く整理されたヘイト暴力のピラミッドの図があったので、ご紹介までに転載します。なんかアメリカの高校の教科書とかで使われているみたい。
―ヘイトスピーチや、神奈川県相模原での「重度障害者大量虐殺事件」などにつき、国として社会としてしっかり対応しなければ、どんどんと上の方に進んでいくのだろうと思います。国の責任者らにおいて、しっかりと優生思想、ヘイト思想と闘う姿勢を示さずに実質放置するのであれば、上の方に進むことを容認していると評価せざるを得ないと。


クリックすると元のサイズで表示します


アメリカの共和党大統領候補のトランプ氏の認識する世界地図、もちろん推測、なるほどと。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2016/7/27

首相たるもの務めは―重度障害者大量虐殺事件  憲法・社会・官僚・人権

只今、安倍さんのFBのコメントに書き込みましたあ。
https://www.facebook.com/abeshinzo?fref=ts

安倍晋三首相、神奈川県相模原市での重度障害者の大量虐殺事件は、国民と世界に大きな衝撃を与えました。国民に相応の言葉を述べてしかるべきものです。
それがまあ、26日の自民党役員会でのこれだけとのこと。
 「多数の方がお亡くなりになり、重軽傷を負われた。心からご冥福、お見舞い申し上げる。真相解明をしていかないとならない。政府としても全力を挙げていきたい

―しかし、2月の大島衆議院議長への手紙では決して統合失調症の発症中の人の文章までの支離滅裂さはなく、誇大妄想が入りながらも最後に下記のとおりあったのです。「ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。日本国と世界平和の為に、何卒(なにとぞ)よろしくお願い致します。想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。」日本国に問うているのです。

―安倍首相の今の対応は、日本国の代表、最高指導者としての能力がないと自白するに等しいです。そして、彼が表現して問うてきた優生思想について、「これごれだから間違っている」と明確に言わないままでは、この一部なりとも認める趣旨となります。

改めて、どうかご一考ください
*******
追加―下記のような反論があり、その下のとおり対応しました。
「日本国の代表、最高指導者としての能力がないと自白するに等しいです。」←全て是が言いたいための前振りかな?ずいぶんと手の込んだ安倍下ろしですね。貴方が信じないのであれば、勝手に黙っていなさい。プロパガンダの貶めなら勝手に転けなさい。
******
滝本 太郎 安倍首相の政治姿勢・方針について、私は大いに問題としていますが、安倍首相が、現在の日本のもっとも権限あるリーダーであることは間違いありません。その立場にある人に対し、よりまともなメッセージを求めることは、何の問題もないでしょう、違いますか。例えばこのようなもの
****昨日未明、神奈川県の相模原市の施設にて、大量虐殺事件がありました。19人が殺され、26人が重軽傷を負っています。一人ひとりの方がどれほど痛かったか、どれほど苦しかったか。ここに涙とともに深く弔意を捧げます。傷害を負った方のご回復を祈ります。
今回の事件は、元職員が起こした極悪非道の事件であり、諸事情がありとも、異常な優生思想にはまってしまった上での犯行です。広い意味でテロに当たるものであり、到底認められません。まして重度の重複障害者には生きる権利がない、安楽死させるべきだというような思想は、我が国において未来永劫とってはならず、私もまったく許しません。
ここに、日本国首相として、すべての国民はその生をまっとうする権利があること、このような思想は決して認めてはならないことを広く強く訴え、国として、事件の実態や背景事情などを分析して諸機関が協議して類似の事件を起きないよう対策をとっていくことを誓います。***


追伸―20160728夜
安倍首相の言葉がありました。下記のとおりです。
*****「津久井(つくい)やまゆり園」において何の罪もない多くの方々が命を奪われました。決してあってはならない事件であり、断じて許すことができません。
お亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、ご遺族にはお悔やみを申し上げます。また、怪我をされた方々の一日も早いご回復を祈っています。
この事件で、被害者の皆さまやそのご家族の皆さまを始め、多くの方々が大変な不安を感じられておられます。事件を徹底的に究明し、再発防止・安全確保に全力を尽くさなければなりません。
厚生労働大臣を中心に関係閣僚が協力して、施設の安全確保の強化、措置入院後のフォローアップなど、様々な観点から、必要な対策を早急に検討し、出来るところから速やかに実行に移していくよう指示いたします。内閣一丸となって対応してまいります。******

不十分なものです。そこで、下記FBに下記のとおり書き込みました。報告までに。
https://www.facebook.com/abeshinzo?fref=ts
先にこのコメント欄に、首相としてメッセージを何度かお願いしたものです。議長らあての文章から明らかなとおり彼の思想に基づく犯罪ですから、「重度の重複障害者には生きる権利がない、安楽死させるべきだというような思想は、我が国において未来永劫とってはならず、私もまったく許しません。ここに、日本国首相として、すべての国民はその生をまっとうする権利があること、このような思想は決して認めてはならないことを広く強く訴え」と言った文脈がないのが、大変残念です。
ですが、「事件を徹底的に究明し、再発防止・安全確保に全力を 」とあることから、今後改めて言及があるものと期待することとし、ここに一国民として御礼申し上げます。
4

2016/7/27

重度障害者の大量虐殺事件の報道について  カルト・宗教・犯罪

保坂典人氏の下記ツイッターにまったく同意。
https://twitter.com/hosakanobuto/status/757952995506008064
―「二次拡散」が心配になる。**「犯罪予告」の手紙**なぜその主張が許されないのかを徹底的に伝える必要がある。***「社会的連鎖」***」

・曽野綾子氏の、高齢者は死ぬ義務云々とした今年の週刊誌発言
・石原慎太郎氏の都知事時代の「ああいう人ってのは人格あるのかね」「自分がだれだか分からない、 人間として生まれてきたけれどああいう障害で、ああいう状況になって…。 」「ああいう問題って 安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」発言
・ナチスの大量虐殺は、優生思想に基づいて、まず重度障害児者の大量殺人から始まったこと


1−これらに鑑みて、極めて重い障害がある人につき、あの文章にある思想を垂れ流すだけでは、連鎖を呼ぶ蓋然性を高めるだけだから。
2―極めて重い障害と出会ったとき、誰しも大きな衝撃を受けるだろう、人が生きている意味、人とは何かを問うこととなるから。
3―その問いが自らに向けても問われているという所に至らない場合、実に危険だから。
4―まして、自らの破壊願望の正当化をイスラム過激派などなんでも求め、大量殺人が世界的に広まってきている時代

なお、関連して述べると、下記の「奇跡の詩人」問題がありました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA
そのことについて共著した「異議あり、奇跡の詩人」の本の私のあとがきは、下記PDFのとおりです。  ciulv.pdf
3

2016/7/25


そっか、沖縄での動きともども見るにこれが
          「白色テロ」
というものなんだあ


7月23日の白川氏のブログです。
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1795


*****私の脳裏では、何とはなしに“白色テロ”という言葉がよぎっていた。

そんな折、沖縄県東村高江において、米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設を強行するために、全国から動員した多数の機動隊が、反対住民を暴力的に排除した。その過程では、多くの住民に非常な暴力が加えられた。政府は、また沖縄県を相手取り、訴訟を提起した。

私は、安倍首相率いる自公政権を、“右翼反動政権”と呼んできた。参議院選挙で“大勝”したと錯覚するこの右翼反動政権が、いよいよその本性を剥き出しにしてきたのである。

これはもう、立派な“白色テロ”である。ちなみに、白色はくしょくテロとは、為政者や権力者、反革命側(君主国家の為政者あるいは保守派)によって、政治的敵対勢力に対して行われる暴力的な直接行動のことである。

安倍首相が誇りとするのは、岸信介元首相の孫ということだ。岸元首相は、昭和16年東條英機内閣で商工大臣を務めたが、その頃はまさに、右翼による反体制派に対する様々なテロが行われた時代であった。わが国における、白色テロ全盛時代と言ってよい。多くの国民にとって、この時代はもっとも忌まわしい時代なのであるが、岸元首相を尊崇する安倍首相にとっては、陶酔を覚える特別な時代なのであろう。***
4

2016/7/25


白川勝彦氏のブログ
ーここ数年読んでますが、近時、更に秀逸です。元自民党の代議士、自治大臣も務めたが、2001年に離党した方です。
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php


ーもともと弁護士、「まともな保守主義者」の感じ、長く自民党にいて、その感覚での心理的状況、今後を占えるのが秀逸。

リンク先に設定しまあす。なお、白川氏のFBはこちら。
https://www.facebook.com/katsuhiko.shirakawa

河野太郎さんのところは順位を下げます。

なお7月22日の記事は、下記で始まる。
「『週刊文春』の“鳥越報道”をみて、私は平成21年3月4日の小沢一郎民主党代表の公設第一秘書逮捕を想起した。マスコミは、小沢代表の政治資金問題を、これでもかこれでもかと、執拗に報道した。小沢氏は同年5月12日に民主党代表を辞任した。この小沢事件を、私は「検察を使って政敵を抹殺する行為」と厳しく断罪し、これを激しく非難した。マスコミは、検察の共犯者として小沢一郎という政治家の抹殺に血道をあげた」
3

2016/7/23

小池百合子氏  憲法・社会・官僚・人権

「騙されるな! 小池百合子は“女性の敵”だ! 待機児童を狭い部屋に詰め込み、女性だけに育児押しつけ、性差別丸出しの少子化論も…」
――田岡 尼 2016.07.22−下記によく整理されています。
http://lite-ra.com/2016/07/post-2436.html

クリックすると元のサイズで表示します


うん、つくづくそう思う。

小池氏は、自民党から離れようとしないまま、その方針を了解している人。仮に都知事選に当選したならば、結局は自民党が支援することが見えているから、安心して選挙に邁進している。

・保育士資格者は多くいるのに従事しないのは、自民党政治、自民党都政によって、賃金が低くされてきたから。

・奨学金にしても、国公立大学の学費のやたら高額化にしても、自民党政治がそうしたきたことです。

・国民間の経済格差はやたら広がり、子供の貧困率は高くなり、ひどい状況。G7諸外国に比較しても、実に恥ずかしい状況です。

ーそんな自民党のままに、なんで福祉だなんだ、と言えるのか不思議に過ぎる、と。女性だから女性票をまず集められる、クリーンだと思われる、と考えているならば、都民を馬鹿にしていよう、と。

7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ