2016/2/29

暴走を止めるため、まず運転席を。  カルト・宗教・犯罪

FBに自分が書き込んだものを転載します。
人の書き込みは、匿名・引用にて

「2015年安保法廃止、閣議決定撤回。立憲主義を守れ、今次の9条明文改憲反対」が最大公約数でいいのだろうと思うんですが。私も専守防衛を明確化するための改憲には反対しないものですし。大切なのは自らの改憲案を披露することではなく、今の問題は、自民党草案の類である海外派兵のための改憲、その危険性が迫っているのですから、帰着として、この最大公約数を強調することかと。


>専守防衛、今の憲法の条文で良いと思うが。解釈を変更されてしまうという事?

自衛隊による専守防衛は可能という解釈はまあ屁理屈です。素直に読めば、学者の半分ぐらいが言うようにそりゃ自衛隊自体が憲法違反ですもの。その「立憲主義違反」を今、指摘されています。私も本当は、充実してきつつある空中給油機や空母という大問題、許されるミサイルはどこまでなのか、など実質的な議論をしたいと考えます。
でも、ともかく今は戦争法廃止、今次の9条の明文改憲反対を最大公約数にと。


自動車で言えば、「50キロ制限の所を60キロで走ってきたからとて、今度は90キロで走ろうとするのに反対して何もおかしくない」

>憲法学者である小林先生が、憲法9条第2項に自衛軍を明記して世界の驚異、ならず者を退治しに行く
>制限速度50kmのところを、制限速度100kmに引き上げるような事なのではないのでしょうか??

小林氏は「ならず者を退治しに行く」まで言っておられましたっけ?仮に言っているとしたならば、集団的自衛権とも異なり、国連での集団安全保障の場合―まあいつかは国連軍をという趣旨のもの―への参加もあり得るということではないですか?、
なお国連安保理事会といっても危ういから、このことはこのことで議論の大きいことですが。なににしても、「その議論は戦争法廃止、自民党の9条改憲案阻止を実現してから議論すべきこと」「相手の土俵に乗ってしまうので、対案ともすべきではない」と同時に言うべきかと


「50キロ制限の一般道で、90キロとかへの暴走直前の自動車があったらまずは運転席を奪って阻止しなければならないでしょう。60キロまではいいよ、なんて言っている暇はない」
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ