2016/2/15

私の懲戒について  カルト・宗教・犯罪

 統一協会絡み案件の私への2013年7月17日の懲戒請求については、2015年3月31日、私に戒告処分がされていました。経緯は、このブログの下記2015年4月5日に記載しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20150405/archive

 これにつき懲戒請求者から、日弁連あてに異議が出ていました。すなわち、処分が軽すぎる、とくに前医が作成したカルテの場所移動、レセプトコンピュータからの前医患者データの削除の問題を「お咎めなしとするような不正義が看過されて良いはずがない。」というものです

 このことにつき、日本弁護士連合会から昨2016年2月15日に、2月12日付決定書、2月8日付議決書が届きましたので、ここに報告します。
*****
平成27年懲(異)第12号異議申出事案
  主文
本件異議の申し出を棄却する。
  理由
(省略ーカルテ移動なども違法な自力救済だが、診療所の占有侵奪行為と一体一連の行為であること、その他いくつもの事情から戒告が相当)
********


これにて、私への上記案件は2016年3月31日の、横浜弁護士会からの戒告処分にて確定終了しました。ここに報告します。

ここに改めて反省し、今後このようなことのないように致します。
各所に様々なご迷惑とご心配をかけたこと、ここにお詫び申し上げます。
また各所から様々なご支援、ご助言につき、ここに深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
4

2016/2/8

本末転倒のたとえ  憲法・社会・官僚・人権

2月7日、TBSの「サンデーモーニング」にて萩上チキさん(評論家)が、素敵な喩をいってます。

「立憲主義というのは国民が国家、政府を縛るために憲法という約束を守ってくださいよ、というもの。今の憲法のルールを守っていない政府が、その憲法を今の実態に合わせるために変えるというのは本末転倒で、60キロ速度制限の道路で、時速100キロで暴走してるときに、『いや、道路のほうが間違っているんだから、ココ100Kmの表示にかえてくださいよ』と言っているようなもの。立憲主義に対する考え方が転倒している状況。」と。


うん、より正確には、下記がいいかと。
「憲法を、時の政府が、実態や新たな法律に合わせるため変えたいというのは本末転倒です。それは、時速60キロ速度制限の道路を、今まで70キロで走っていたが、今度は100キロで暴走すると決めたからとし『いや、制限速度が間違っているんだから、ココ100Km制限にかえてくださいよ』と言っているようなもの。立憲主義は何よりも権力を縛るためのものであり、実に本末転倒」
10

2016/2/3

盗っ人猛々しい  憲法・社会・官僚・人権

クリックすると元のサイズで表示します

*******
・首相が9条改憲を訴え 衆院予算委で条項に直接言及 2月3日
・衆院予算委員会、首相は、憲法9条2項「憲法学者の七割が自衛隊の存在自体に違憲の恐れがあると判断している・自衛権の行使そのものが違憲だと解釈している以上、当然、集団的自衛権も違憲になるんだろう」と指摘した。
・自民党の稲田朋美政調会長が「現実に合わなくなっている9条2項をこのままにしておくことこそが立憲主義の空洞化だ」と、9条改憲をただした質問に、首相が答弁.
******


「立憲主義」を主張の根拠として言えるのは、それまで憲法を守ろうとしてきた者だけです。憲法違反の法律―それも、2015年安保法は100%近い憲法学者、最高裁のもと長官、歴代の内閣法制局長官、強制加入団体である日弁連が違憲と明言している―を作ってから明文改憲をしようとするは「犯罪者が刑法を改正しろと言っているようなもの」(首都大学東京の木村草太准教授)です。つまり、稲田氏も安倍氏も、「説教強盗」の類であり「盗っ人猛々しい」です。

7

2016/2/2

日本の恥、泣いている日の丸  憲法・社会・官僚・人権

1月31日、川崎でのヘイトデモを見てきました。まあカウンターの人のやりすぎ防止、警察に逮捕されたりしないようにという役目です。道路交通法違反、暴行、公務執行妨害とかで、まちがって逮捕者が出ないように。―ヘイトデモの方、カウンターにはどこからもお金なんて出てないからね、当たり前なんだが出てると思っているのかなあ、不思議―行ってきました。私、前から警備をかねて行きたかったけれど、初めて都合がつきましたぁ。

川崎区の富士見公園で集会、そして川崎駅近くまでのデモ
・ヘイトデモ側が、また2〜30人。よくまとまっている高齢者と何人かの若い人、という感じ。
・その中で日の丸を振っている人10数名、旭日旗2枚だったか。
・あとは北朝鮮の「金豚写真」とか、川崎の少年虐殺事件とか、「在日特権うんぬん」とか、書いてあった。
―北朝鮮がまともでないというのは意見一致だが、それと在日の人に「出てけ」云々とを一緒くたにするとは、と思った。
・カウンター側がまあ、3〜400人か。実にまとまっていない多数の人たち、という感じ。
・カウンター側で、ごく一部「アホ」とかひどい言葉を出す人もいましたが、ヘイト側に対して「考えてょ」「共に生きよう」とかいう言葉もあって、感心しました。
・警察はまあ4〜600人かしら


もとよりデモは、警察の警備がなければ進めない状況。2〜30人では警察が居なければ車道を歩くことも容易にできず、まして周囲には多数のカウンターがいるのだからコースを進めようもない。

デモでは、桜本という町ですか、在日朝鮮・韓国の人が多く居住しているという所の入り口で左に曲がるところで、カウンターのうち数十人が寝ころぶことから始まり、多数が阻止していました。 結局、大通りの少し先でユーターンして、川崎駅方向にそして川崎駅はずれで解散でした。解散時も、もとより警察に守られて遠隔地へ。

私、カウンターの人が「つまりはヘイトデモを守っている警察」に食ってかかるほどの人に、逮捕されないようにどうぞそのあたりでと収める役、自転車でカウンターをして、突如車道に入りヘイトデモに近接して危なっかしい人も居た。
上記寝ころびについては、横に立って、警察に「危ないからごぼう抜きはやめてね」「警察指揮車者の上の人に向かってデモ中止、ここには入れない!」とまあ叫ぶ外ない状況。

 ああ昨年9月の新横浜―参議院安保委員会の公聴会での委員が帰る自動車阻止の際―でも「寝ころび」がありました。あの時、ごぼう抜きが実行されて頭を打つ人がいて実に危なかった。
 今回、デモのコースを変更させて警察の方針、正しいです。警察として、酷すぎるヘイトデモカウンターが原因で、抗議し続けて寝ころぶまでしている市民に警察として怪我をさせたり無理をしたら、文字どおりヘイトデモの仲間になってしまうもの

東京新聞での報道は下記
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201602/CK2016020102000160.html

集会で、カウンターが囲んでいる動画は下記
https://www.facebook.com/daisuke.ito.9638/videos/888184501302034/?fref=nf

ヘイトデモの主催者団体「瑞穂尚武会」の主張やアップしている集会の様子は下記http://www.nicozon.net/watch/sm28121748
******
日本浄化デモ「第二弾!」 【反日を許すな】
・反日を叩き出せ!
・自国を貶め、金と快感を得る馬鹿サヨ・老害パヨク
・日本に居座り日本人を強請り・集り、恫喝する密入国者
・テロ集団が政党を自称し国家破壊を画策し蠢く!
・こんな日本を子孫に残す訳には行かない!
この日の主催は、瑞穂尚武会
・今回は、反日勢力の日本人差別、日本人に対する言論弾圧やヘイトクライムを拡散、とのこと。
******


下記の写真は、富士見公園でヘイトデモの人と二重三重の警備です。その周りにさらに警察官と数百人のカウンターがいます。

実に「日本の恥」「日の丸が泣いている」と感じました。
クリックすると元のサイズで表示します

下記が桜本に入れなかったシットイン。立ってる私もみっけ。
クリックすると元のサイズで表示します
4

2016/2/1

ミニ氷河期?と避難する権利  大地震・原発・基地

http://irorio.jp/sophokles/20150713/245063/
「地球は15年後“ミニ氷河期”に入る」英国王立天文学会で発表


以前もどこかで見たが、より具体的になっています。こういう予測もあるんですよね。なんか権威がある所っぽい。人間に活動による地球温暖化が『通説』のようなんですが、よう分からんです。たしかに太陽光が弱くなれば、その方が大きな影響のように思えます。

私、過去の2008.8.31下記ブログでは、温暖化に疑義を書いてあります。まあ温暖化してもそれに対応するしかないのではないか、という書き方でもありますが。http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20080831/archive

それしても減衰して10年間?ですか、65%って大変なことではないか、正しいのかなあ。

私は、やはり原爆、原爆実験、原子力事故に基づく、放射性物質の拡散ということのほうが、地球には過去なかったことであり、心配します。
http://ebm-jp.com/2016/01/news-482-2015-10-p01/
福島での甲状腺がん多発を証明した津田敏秀氏らの 論文が世界的な疫学雑誌に掲載される!(NEWS No.482 p01)


チェノルブイリでは、年間20ミリシーベルトにて「避難する権利」どころか「避難する義務」がある所のままとのこと。一方、日本では、年間20ミリシーベルトにて、帰宅するような方策がとれらている。避難する義務は無くなり、避難する権利も補償金を出さなくなり、ずんずんと侵害されている。
それが日本の自公政権政府の選択、つまりは日本国民の選択。メディアではろくに書かれていない。きわめて異常。


まあ、権力者やその家族は、福島の浜通りはもちろん、近くには住まないのだろうな、極めて遠隔地の別荘とかも買ってあるのかな、ひどいものだ。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ