2016/1/19

飯島三智さん、かくなるうえは。  メディア・ネット

飯島三智さん、かくなるうえは新たな出発を

スマップ騒動、一度だけ書いてしまいます。政治とも社会全体とも関係がないけれど、関心があるものではありまして。

昨年1月のだったかな、文春を読んで、なんとも、いよいよかな、と思った。喜多川社長のインタビューなんだけれど、娘を後継者にすると言うのは良いとして、その場に飯島氏を呼んで屈服させるような言い方をさせていたかと、実に異常なものでした。−代表の直接インタビューでありその状況についての信頼性は極めて高い−

そのあたりは、下記に要領よくまとめられています。
http://lite-ra.com/2016/01/post-1896.html

で、スマップ騒動。私も、木村氏こそ飯島氏にもっとも世話になったのに、勇気を振り絞って出ようとしなかったこと、逆に4人を喜多川氏に謝罪させたことこそ、実に恩義に反していると考えます。5人揃ってジャニーズ事務所を出る勇気がどうして振り絞れなかったのか、なぜなのか、何かあるのか。

すなわち
1―たとえ「SMAP」という名前を使えなくなっても、名前を変えればいいではないか。
2―ジャニーズ事務所がまずはしないだろうが仮に賠償請求訴訟とかおこされても(契約書はしっかりあるのかなあ、あっても曖昧なものではないのかしら、もう十分尽くしているから裁判所も十分考えるはずと考えているが)闘えばいいではないか。
3―ジャニーズが他の芸能人を番組からの引き上げるとか言って、スマップを干そうとしても、既に実力が相応に示されており、まさに著名人。『自分たちを出す方が得』とテレビ局に思わせるほどの活動をしていこうということを考えないのか。
4―ジャニーズのあの喜多川氏が、これから先、一度逆らった人をまともに重用してくれるはずがないではないか、と予測がつくものです。
5―一度の人生、まともに対応してくれて来た人とともに戦って行ってこそ、生き生きと生きていけるではないか。

中居君のあの溜息、「権力者には逆らえない」なんて感覚を中年以下の人に感じさせてしまったのではないか、と気になる。

飯島さん、同い歳かしら。何か契約などの内容から訴訟をすると言う方法もありますが、容易でないだろうし、裁判で勝ってもその後はなくなる。

かくなるうえは、また地べたを這いずり回る日々が続くかとは思いますが、その類まれなマネージメント能力と築きあげた信頼ある人脈を使って、新たな魅力ある男性を集め、「干す」というしょもない攻撃と闘い、やっていってほしいです。


1.20追伸−上記文春記事の後のこと下記によく整理されてます。この関係、私の記載はここまでにて。
http://lite-ra.com/2016/01/post-1902.html
35



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ