2015/12/30

従軍慰安婦の戦後問題−日韓  憲法・社会・官僚・人権

従軍慰安婦の戦後問題−日韓

これ、ともあれ合意に達したこと慶賀です。

1―「慶賀」だというのは、合意に達して先に進めることができるのは良いことだからです。

2―安倍首相らが批判しきた村山・河野談話に則って進めざるを得ず、さらに当時の助成基金では実現しなかった、国としての10億円拠出、それも韓国がつくる基金に拠出するということで、さらに国としての責任を明確にした、ということになります。(過去のアジア女性基金では、首相のお詫びの手紙を出して、かつ実質日本政府として数十億円出しているのだが、日本政府がしっかり言わなかった。)

3―この合意は、安倍政権だからこそできたことでもあります。あの姿勢の安倍政権であってもこのように認めたということにて、国内でのこれを理由とした倒閣運動などできず、従軍慰安婦問題を否定したがる一部日本国民に自覚を促し、口をふさげることができるからです。

4―文書になっていない事が、実に心配です。文書でなければ条約扱いになりません。

5―経緯からしても、また米国が直ちに支持し、各国にも支持を要請したということからもわかるように、米国の強い要請によるものでしょう。

6―「ともあれ」というのは、加害者側が不可逆的にとか要請してきた経緯は「反省している」とするのと矛盾している話だからです。被害者らも韓国国民も納得できにくいことだろうと。

7―「最終的、不可逆的」というのは、互いにということになります。
−日本国の有力者がまた変なことを言ったり、韓国の有力者がやたら極端なことを言うのではないか、と気になります。韓国のいくつかの団体がほとんど評価しないのではないか、と気になります。
−そうなれば、互いに「前提条件が変わった」ということにされてしまいかねません。慰安婦像とて両者ともに注目しなくなり、互いに忘れていっていつの間にか主要な所から無くなっていく、ということとできるのか、気になります。
−韓国では従軍慰安婦についてすべて強制というものではない、というようなことを書いた女性学者を、名誉棄損で在宅起訴したばかりですし、日本では教科書から従軍慰安婦問題が消えていくような状況ですから。

********
12月28日
日韓両国政府は28日、従軍慰安婦問題で合意に達したと発表
・韓国の尹炳世外相との共同記者会見で岸田文雄外相
・安倍晋三首相が元慰安婦に対し心からのおわびと反省を表明する
・元従軍慰安婦支援のための財団を韓国政府が設立し、日本政府が自国予算で資金を一括拠出する―10億円―
・慰安婦問題が最終的・不可逆的に解決したことを確認した
・日韓両国政府は国連など国際社会で慰安婦問題に関して互いに批判・非難しないことで合意
**********


とりあえず、上記の通り感想までに。
3

2015/12/29

宮前死刑囚ブログ-絵画など  カルト・宗教・犯罪

宮前死刑囚のブログ−絵画など

オウム事件の一つ坂本弁護士一家殺人事件での死刑囚宮前一明(旧姓佐伯、ホーリーネイムマハーアングリマーラ)につき、ブログができています。同人が拘置所に入った後に始めた絵画も載ってます。
  http://kazakimiyamae.blogspot.jp/
  宮前一明手記 (絵画も)


同人は、教祖の指示で坂本堤らを殺した実行犯の一人で、私は、発覚前の1991年秋、所在をつきとめ、教団から離れていた本人と面談したものでもありました。直後に神奈川県警に止められ、そして1995年まで事件が発覚しなかったものでした。

同人の東京高裁の刑事裁判では、私はいわば心理証人として出ました。本人が、長期間、漆黒の独房に入れられ絶対服従を植え付けられ、教祖の指示に逆らえない心理状態にあったのは確かで、(教祖麻原が喜ぶだろうなどから)死刑までにはさせたくなかったからです。

そのことは、下記に時に書いてもあります。
カナリヤの詩
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/
カナリヤの詩集成
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20150409/archive

絵画の原画のいくつかは、私のところにあります。
どうぞ、上記サイトの絵画とか、じっくりと観てくださいませ。
7

2015/12/24

大同団結、統一戦線の意味  憲法・社会・官僚・人権

大同団結、統一戦線の意味

大同団結、統一戦線とは、その目的を達成するまでは、他のすべての違いにつき、懇親のとかの際に意見は言っても、公には議論を停止し、いわば節操がなくとも「最大公約数の目的達成のためにどうするかを決めて実践していくこと」と考えます。

そして今、必要なのは「戦争法廃止、解釈改憲の撤回、明文改憲阻止」のための統一戦線


1―エイズ救済のためのおっぱい募金の件、知り合いの両弁護士が対峙しているなあ。
−かたや神原弁護士が女性の人権侵害、かたや山口貴士弁護士が自己決定権の自由の発想
−誰かが書いていたけれど、神原さんは「女性のために良識を考えて行きたい」、山口さんは「良識なんていうものは信用するな」という発想の違いかな。


・神原さんには、実態として多くの女性が好きにしておらす本意でないと私も推測するけれど、著名になりたいとか、売れたいとかの人もいることはいる。私、管理売春などをまったくなくした売春の場合、合法化しても良いように考えているのですが、どんなもんでしょうか、と問いたい。日本では、パチンコ店の換金、それもパチンコカードに警察関連が関与、性行為があるのに許容されているソープランド、果ては出張制度ですか、そんな実態を見て、「建前」ばかりの違法・良識って、なんなんだか、と問いたい。

・山口さんには、「とは言ってもこれ風俗営業法違反の行為ではないか」と思うんです。また、自己決定権も問われて言葉のあやで出てしまったのだろうけれど臓器売買まで許しもいいまで言うと、極端に過ぎるのではないか、と。パターナリズムと言われようと、通例は希望しない行為をしている人が経済的・精神的な弱者であることが多いのは直視しないといけないのでは、と問いたい。

2―なんかフェイスブックで、「国民なめんな」というシールズのコールにつき、違和感を強く言う人がいて、このところはこのコールを使っていないとか。日本国民でない人に違和感を与える、なめられているのは国民だけではないから、だと。
なんとも、と思う。そんなに狭量でどうするんだ、と。言っている相手は権力者の安倍内閣、自民党などでしょうが。とても訴求力のあるコールなのに、と。「正しい理屈、と理想」ごっこもい加減にしてほしいと。

3―日の丸9条の会につき、未だ9条改憲阻止、戦争法廃止を言う人の中から、時に違和感を表明される。なんなんだか、と思う。
違和感を感じるのは自由だが、共に活動できない程度の発想では、戦争法の発動阻止、9条改憲の防止なぞできないよ、と。日の丸に強い愛着心をもつ圧倒的な多数の人も共に活動し少なくとも違和感を感じられないようにしてこそ、過半数が取れるんだと。自らが「正しい」という発想は心の中にだけとどめてくれないかな。

4―戦争法の廃止もできていないうちから、9条の専守防衛のための改憲はいいのでは、とあえて今議論を表出す人がいる。政治情勢をどう考えているのだ、と言いたい。日の丸9条の会は専守防衛のための改憲を了解はするが、今は米軍につき従った海外派兵のための「戦争法」が発動されようとし、その明文改憲こそが危ない情勢だからこれに集中させている。実際、まずはその廃止でしょうが。
会議の終わりには、かならずや「という見解の違いはありますが、それを今大きな違いという状況ではない。ともかく戦争法を廃止しなければ話が始まらない」という言葉で、閉めてほしい。

一方
・日本会議なぞ、「幸福の科学」まで関与して大きくなってきている。幸福の科学は天皇よりも大川さんの方が上のものと信仰している、それでも目的のためには共同で活動している。すごいものなんです。

・近くは、自民党は、与党に戻るために1994年だったか、社会党の村山さんを総理大臣にしてまで、多数派を作り、政権を戻した。そこまでする。

・中国で過去、国民党・中国共産党が、日本軍に対抗するため「国共合作」などしたのは著名なこと。

最大公約数の目的のためには、いわば節操なく手段と行動において団結するのが、統一戦線だろうと。

 野党共闘について、自民党の一部が恥ずかしげもなく「談合」などと言う。しかし「談合とはいわば「注文に対して、不当な経済的利益を目指し、本来利害が対立する同業者らが話し合って価格をつり上げるもの」です。立憲主義を守るための選挙戦略として統一候補を出すことは、どの点でも談合でありようがない。
 「談合」などと、偽りを声高に言い張るこの行為を、デマゴギーという。
5

2015/12/22

作花弁護士、サンタクロース  日常のこと

クリックすると元のサイズで表示します

 民法の女性の再婚禁止期間規定につき、最高裁で違憲判決を取った記事を見て、そこに写っている弁護士さん、顔からしてまあまさに「弁護士だなあ」と感じ、どんな人かな、と検索してみた。
 「弁護士作花知志のブログ」というのを開いておられますね、面白い。一つの違憲判決を取るためにどこまで苦労するか、大変なこと。そのご努力に深く敬服します。

で、サンタクロースの話が書いてあった。ああこの話、確かに聞いた。
http://ameblo.jp/spacelaw/entry-12101447321.html

ああ、ディケンズのクリスマスキャロルの話ももちろんいいです。

クリスマスの歌ならば「安奈」。←なにも男女間に限る必要はない。
「燃え尽きたろうそくに、もう一度2人だけの愛の灯をともしたい」
これは、涙なだそうそう
「会いたくて、会いたくて、君への想い涙そうそう」に匹敵するだろうと。

で、サンタクロースって、本当にいるんです。私は、冒頭の絵本「サンタクロースってほんとうにいるの?」が好きです。まさに日本用のあの絵を見ながら、がまたいいです。
−どの子にもこんな家庭をと祈る。
−こんな家庭の経験がなくても、どうか最後の暖かさを感じてと。

(あっ、2010年と2006年にも書いていた
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83T%83%93%83%5E%83N%83%8D%81%5B%83X&inside=1&x=31&y=4

昨日は父の命日、坂本一家殺人事件と同じ1989年、6か月間の植物人間の後に亡くなった。27回忌だな。63歳その年に自分もまさに近づいていく。坂本は33歳だったんだなあ。いろいろ考えるものですね。
8

2015/12/21

官僚―教育畑  憲法・社会・官僚・人権

官僚−教育畑
***12.21毎日新聞抄本****
文部科学省が10月の通知で新たに認めた「高校生の校外での政治活動」
教育委員会が、デモや集会に参加する際に学校へ届け出させるかを検討
毎日新聞は12月中旬、47都道府県と20政令市の各教委に、「高校生が校外での政治活動(集会、デモなど)や選挙運動に参加する場合、事前もしくは事後に、参加届を提出させる考えがあるか」を聞いた。
宮城▽茨城▽富山▽福井▽愛知▽三重の6県と仙台▽横浜▽神戸の3市が「検討中」と回答した。
*******


教育畑の官僚の発想って、程度が低すぎないかと思うことがある。
・教科書検定にしても、学者よりはるかに知識もない検定官が、権力を背景にマニュアル的にいう実態を知って驚いた。
・君が代斉唱強制にしても「口が動いているのを調べる」とか、んなこと放っておけばいいものを馬鹿らし過ぎる(そんなことをする教頭先生?の人件費がもったいないではないか!!)。
・先の茨城県の教育委員発言とて、まともな人を推薦できないのか、と不思議だったりする。

一方で、運動会での危ない組体操、それも高い段のものまでまだまだ(特に関西で?)未だ禁止していない。柔道とか定型的に一定程度の重い事故が避けられない格闘技を強制している。

そしてこれだもの。教育機関は、自分を何様だと思っているのか。まして校外のこと、届出を求めること自体が権利侵害であって、違法だと思いもしないのだろうか。
5

2015/12/18

大韓民国―司法の独立は??  憲法・社会・官僚・人権

大韓民国―司法の独立は??

産経新聞支局長のネットコラム−韓国大統領の行動についてのうわさを書いたことで名誉棄損だとのこと−のこと、もちろん起訴自体がおかしく(検察が時の政権の意向に従い過ぎて独立していなさすぎ−被害者大統領が「処罰は望まない」と言って判決直前に起訴の取り下げになるかも、と思っていたが)無罪は当たり前なんだけれど、肝心なことがどうも分からない。

日本政府、韓国外務省などからの要請につき、独立した裁判がなされたのかどうかです。

すなわち、判決の冒頭でそんな要請があったことを明らかにし、その上で「しかし当裁判所はそのような要請のいかんにかかわらず独立して法に則り良心に従った判決を下す」と言ったのかどうか、です。


要請があったことを明らかにしたのは良いことです。
−日本の砂川事件では、一審の憲法違反による全員無罪判決につき、検察が最高裁への跳躍上告をし、最高裁は破棄差し戻しし有罪とさせた。この経緯と結論につき、2008年以降、田中耕太郎最高裁長官が、外務大臣や、米国大使らといわば協議して、決めていたことが判明した。それと比較し、実によいことです。

だが、「そのような要請があったが独立して判断した」と言わなければ、要請に屈して判決する、という意味になってしまう。

そんなことでは、韓国では司法の独立がない、そしてそれで構わないと認識している、ということになってしまう。


日本では明治24年の大津事件が、日本の司法独立の事件として歴史の金字塔になっている。ロシア皇太子を日本の警備していた警官が殺そうとした事件です。これ通例は「殺人未遂罪」なんだが、当時の刑法には「皇室に対する罪」があり、日本政府は、日本の皇太子でもないのに類推適用させて死刑にしようとした。
背景には、当時は日本の力が実に弱くロシアから攻められるかもしれないから「国家存続か法の独立か」という問題です。この圧力に対して司法部は決然と逆らって、「殺人未遂」としました。
まあ大審院(今の最高裁判所)が大津地裁に乗り込んで大審院で裁判をしたという内部の「裁判官の独立」の問題は残したのだが、ともかくも「裁判所の独立」を取ったと。
結果、日本は、実に前年に成立したばかりのあの明治憲法下だったが、「司法の独立」を、世界に宣言できた効果があったものでした。

だから、日本や韓国外務省の要請があったと述べたのはいいが、「だからどうなんだ」と書いてあるのか知りたいです。
4

2015/12/17

女性の再婚禁止期間、夫婦同姓の強制  憲法・社会・官僚・人権

昨日の最高裁判決
・女性の再婚禁止期間につき、6か月は違憲、100日に、と。
・夫婦の一方の姓への同姓強制は、合憲とのこと。


しょもな、と感じます。婚姻についての憲法規定は下記。
「第24条  婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
 2  配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」


 これを制約するには、かなりの合理的理由がなければならないです。近親婚の禁止は遺伝的障害が大きな確率で子孫まで影響するから、合理的です。

ですが、女性の6か月の再婚禁止なぞ、まったく不合理。100日とて変わらない。この規定を知った40年前からそう思ってきた。

少なくともまあ、「100日」と短くすると同時に「離婚時に50歳以上及び妊娠していない証明がある女性は、この限りにあらず」とするのが妥当ですし、その限りで合憲なのでは、と考えます。

1−離婚直前に子どもができるなんて夫婦は今日、まずはないのだから。
2−出産時に婚姻している夫があればその人を父と推定すればいいはずのこと。
だから憲法違反だと考えます。
3−まして、子ができるわけでもないまあ50歳以上の女性についてまで規制するなんて、バッカじゃなかろうか。


 政策的にさらに言えば、私は、すすんで「婚姻中の子どもは父の子と推定する」という民法規定、と父母と子を単位とする戸籍制度自体を個人別にすべきだろうと考えています。というのは、−これは逆に女性団体側などの反対があるだろうけれど−

1−嫡出否認訴訟とかあるのだけれど、かなり厄介なんです。そしてその事実自体が戸籍に残って形が悪いのでは、と思うんです。
2−実に不倫の多い今日、もはや推定なんてできないのでは、と。カッコウではないが、10%くらいは夫の子ではないのでは、と推測しています。母の完全匿名アンケート、世代別統計はないのかなあ。
3−戸籍はもったくの個人別、父と母とで届け出た場合のみ、父の欄に名が入ってその子と推定されるとすれば、合理的。
4−父が上記のことをしないとき、DNA鑑定など容易にできるものです。今は7万円くらいかな、多数になればもっともっと安くしていけるはず。父が応じなければ、家裁で容易に訴訟ができ欠席判決で認められるようにしていい。


また、夫婦別姓も選択できるようにすべきは、当たり前のこと。
1−同姓強制は、憲法24条に違反していると思うんですよ。上記の近親婚とは異なり、結婚したいが姓を変えたくない、という人につき永遠に結婚できないまま、というのは重大な人権侵害だと。
2−平等原則の憲法14条では、実態として女性差別ということでもあるが、むしろ日本でも外国人との婚姻では同姓を強制されないことに注目すべきだろうと。日本人同士の婚姻と、外国人と婚姻する場合とで法制が異なるなんて、差別ではないですか。
3−同姓強制の方が家庭の円満に役立つとかの発想、あまりに現実を見なさすぎではないでしょうかしら。離婚は姓云々などとは関係なく増減するものです。
4−少子化が進んでおり夫婦同姓の強制が婚姻を阻害していることを実感します。別姓での婚姻ができるならばもっと早くに結婚していた、子も作っていたなんていう人がいますもん。たしかにそれは少数だけれど、たとえ少しでも子を増やす工夫をしていかないといけないです。
5−さらに実態として、もはや大人でも兄弟が少なく、また姉妹のみということが実に多く、更に一人っ子同士の婚姻とかが多く、後々の墓守のことなど考えてしまい、夫婦同姓の強制が婚姻を阻害しているんです。それは次世代の少子化対策とも反すると


 まったく最高裁は何を言ってるのか、2つの課題での変なパランス感覚なのか、昨日の判決。しょもなと。
 まして国会は何をやっているのか、と。


なお、どちらの裁判も、男性原告はいないのかな、いても表に出ないのかな、とそれが気になりました。再婚禁止期間の裁判も、夫婦同姓強制違憲訴訟も、相手方夫がいるのだから
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ