2014/12/30

本−仮想儀礼  カルト・宗教・犯罪

http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%84%80%E7%A4%BC%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%AF%A0%E7%94%B0-%E7%AF%80%E5%AD%90/dp/4101484163

上記に紹介の、篠田節子「仮想儀礼」、いいですね。
−儲けのために新宗教を始める男性2人なんだが、その中のエピソードや、手法など、かなり取材をしているな、と思います。オウム真理教、統一教会、エホバの証人、自己啓発セミナー、創価学会、ヤマギシズムとかの情報を相当に得て書かれている。
−「弥勒」や「聖域」という本も書いている著者だからこそ、仏教的な所の書き方なども優れていて、いいですね。

−現実との決定的な違いは下記です。

1つは、本物の破壊的カルトの場合は、代表らは、この男性2人のように儲けを考えるにしても「善良」な人ではなく、人格障害というべきであり、反社会性、妄想性、演技性人格障害の面が強く、方向性は大いに違うものだと。

1つは、確かに、問題ある背景ある人がメンバーになっていく事実もあるのだけれど(実に悲しい辛い背景ある人もいます)、本物の破壊的カルトでは、8−9割はごく普通の人がはめられていくのだということです。

その点が誤解されると大いに困るものだな、と考えます。


ビートたけしの「教祖誕生」という本・映画も面白いのだけれど、同様な感じです。「仮想儀礼」は教祖誕生よりも、より取材を重ねまた現代化したものという感じ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E7%A5%96%E8%AA%95%E7%94%9F

興味深く、そして入る人の心情などが相応に分かるものでもあるので、お勧めです。
4

2014/12/30

備忘録−三女と野田ブログ抄本  カルト・宗教・犯罪

以下、情報部分を備忘録までに

麻原三女−訴訟3つと日弁連へ、と野田ブログでの反応

野田君の「つっこみ所」は、私も同意です。

******
三女ブログ
http://blog.asahara-kousoshin.info/
人権救済の申立を行いました
2014.12.23 Tuesday
---公安調査庁の「認定」について2014年12月19日、日弁連に対して人権救済の申立を行いました。なお、以前にもご報告したとおり、12月9日には、
1 公安調査庁に対し、わたしに対する「幹部」認定の処分の取り消しと名誉毀損の損害賠償請求
2 11月8日付けの産経新聞の一面で、わたしが「実質幹部」であるとの断定的な表現をして報道したことに対する損害賠償請求
3 任意団体アレフに対し、構成員の不法行為の監督責任について損害賠償請求
の三件の訴訟を提起し、司法記者会にも訴訟を提起した旨を伝えましたが、Aの産経新聞に対する訴訟、Bアレフに対する訴訟はどこのマスコミも報道はしてくれませんでした。
投稿者:三女
******
******
野田ブログ
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1093.html
 件(くだん)の提訴内容3なんだけど、マスコミの人から聞くところによれば、どうも二宮君の書き込みが問題らしい。その内容は、拙ブログでもここで一部掲載されてる。要するに、教団内掲示板において二宮君が投稿した内容を問題視している。
「長男は悪魔に取りつかれている」「三女は気が狂っている」「三女の指示や三女へのお伺いなしに教団が動いた事は無く、必ず三女を通す仕組みになっていた」
 上記のような記述が不法行為(みたい)で、それを放置したアレフ(共同幹事)宛の提訴になっている。この辺のところ、なんで二宮君自体を被告にしていないのかがよくわからないんだけど。
 で、小生からの突っ込みどころは、以下の2点。
A、そもそもどうやってこれらの情報を手に入れたのか?
(内部向けという掲示板、その存在の認識)
 一応その一部は拙ブログにも載っているけど、まさか「野田ブログ記載」とか言うんじゃないでしょうね?そうではない、というのなら、内部エージェントとのやりとりを認めることにならないか?
B、1.2の訴訟内容において、「役員ではない」「教団とは関係ない」というのなら、なぜ二宮君から魔境扱い、キチガイ扱いされたことを問題視するのか?
オウム・アレフは、教団と関係なくなった人間は、「下向した」と烙印を押される。如何にも「地獄に至る救済されなかった故人」みたいな扱いをする。----

 そもそも、この問題も、誰が魔境扱いしてるか、だよね?二宮君でしょ?10年前の分裂騒動の時に、その場しのぎでコロコロコロコロ自分の立場変えてた二宮君でしょ?(革命か戦争か、5章6章参照)ママとあっちゃんに不満があっても、会議で直接言えなくて、「俺もう修行も何も分からなくなってきたよ」とかヘロヘロになって、仕方なくあっちゃんにフォローされた二宮君でしょ?(革命か戦争か、77p参照)強制捜査の時は、「マイトリーパベビーシッター」の派遣法か何かのものすごい微罪で逮捕されただけなのに、起訴されないで出てきたら、「しばらく実家に帰っていた方がいいんじゃないか…」って弱気になって、マイさんに引き止められてた二宮君でしょ? その逮捕されてる間、メロメロになって喋りまくってた弁解に、「薬物を食事に入れられたんじゃないか」って言った二宮君だよね?(95年6月頃の教団誌参照)有り得ないよね〜、たかだか派遣法か何かの微罪で薬物混ぜて吐かせるなんて。
 その場しのぎの責任転嫁は、いつもの話じゃん。串刺し事件にしろ、除名師暴行事件にしろ、もうどっちが悪魔なんだって話で。荒木君他、下の幹部連中も取り繕うの大変だねぇ〜、ホント、お疲れ様。-----
********
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ