2014/7/18

DHCスラップ訴訟  メディア・ネット

これ、入っていたMLで紹介されていたが見落としていた。
http://article9.jp/wordpress/?cat=12
『DHCスラップ訴訟』

なるほど、「澤藤統一郎の憲法日記」というところにて、
「言っちゃった 金で政治を買ってると」と言うことなんですね。
で、2000万円の慰謝料請求訴訟を起こされた、と。すごい話です。実に。


嫌がらせのための訴訟というと、幸福の科学から、山口廣弁護士が8億円の慰謝料請求訴訟とかやられたとかが有名だけれど(下記の通り)
http://trident02.voila.net/kofuku_no_kagaku_trial.htm

いろいろ続くんですね。あっ、私もライフスペースがらみだった、訴訟を起こされたことがあったな、内容が滅茶苦茶だったので、幸い答弁書を出すだけで済んだ。

訴訟は、裁判所は形さえあればともかく受理するものでして、起こされると厄介なものです。弁護士であっても被告とされると厄介なのに、訴訟というものになじみがない人は実に困ってしまうだろう。言論つぶしのためであり、酷いものです。

沢藤弁護士も、山口弁護士同様、反訴を起こすことを期待します。こんな訴訟に対しては、反訴請求し、うーん懲罰的に多額の慰謝料が命じられるべきだと。

今回の特徴的なのは、ブログ記載についての名誉棄損訴訟ということ。
で、「万国のブロガー団結せよ」は、うーーん、と感じた。

「ブロガーは自らの思想や感性の表明に関して、妨害されることのない表現の自由を希求する。わけてもブロガーが望むものは、権力や経済的強者あるいは社会的権威に対する批判の自由である。プロガーの表現に不適切なところがあれば、相互の対抗言論によって是正されるべきである。ブロガーの表現の自由が実現するときにこそ、民主主義革命は成就する。万国のブロガー万歳。万国のブロガー団結せよ」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ