2014/7/17

いかんなあ、最高裁−父子関係訴訟  カルト・宗教・犯罪

3対2では法的安定性に欠ける、大法廷に回して、改めて判決すべきだった。

*****
DNA鑑定で血縁否定も「父子関係」…最高裁 7月17日
DNA型鑑定で血縁が否定された場合、法律上の父子関係も無効とできるかが争われた2件上告審
第1小法廷は17日、血縁を否定する鑑定結果があっても、父子関係を無効とすることはできないとの初判断
無効を認めた1、2審判決を取り消す判決、父子関係の無効を求めた妻側の敗訴が確定した。
裁判官5人のうち3人の多数意見で、白木裁判長ら2人は反対意見
旭川と大阪の両家裁に提訴された2件の訴訟では、いずれも婚姻中の妻が夫とは別の男性の子を2009年に出産。DNA型鑑定で夫と子に血縁関係がないことが裏付けられ、妻側が親子関係の無効を求めて提訴。
*************


うーん、意見に悩みます。

まず父が父子関係不存在を求めた事案はまさに認めるべき。いかに妊娠当時同居していて、出産後1年を過ぎてしまったとはいえ、おかしい。嫡出否認の訴えが1年以内というのはDNA鑑定で否定された時、例外とすべき。
そして、母の方からの請求の事案。父は自分の生物学上の子でないことは分かったが、それでも自分の子としておきたい、と。父子関係不存在としないと、生物学上の父が、認知したくてもできない。

父が父でいたいという気持ちは尊重したいが、浮気などした?母は格別、生まれた子が大きくなって、まさに自分の意思での父子関係不存在確認を求めても、認めないということとなる。それはいかんのではないか、と思う。

結論から言うと、私は、この父子関係不存在確認請求も、認めるべきだと思います。つまり、最高裁の少数意見、家裁・高裁の判決を支持します。

父の悔しさ、辛さについては、母とその男への慰謝料請求でなすべきものかと。

2つ目の事例では、通例は父こそが否認の訴えなりを出している。併せて元妻である母に慰謝料請求訴訟をしています。その「金銭での賠償」にて、裁判途中で実質和解のような形で、通例解決させている。「浮気、夫婦関係崩壊の慰謝料」に加え、「父子関係が否定されることの慰謝料」請求権があるのだろうと。

元妻にその支払い能力がないことが多く、新たな男(浮気相手??、生物学上の父)も支払い能力がなかったりすると尚更に困る。だが、それでも、子の権利として、生物学上の父を父とする権利があろうと。そうしないといけないだろう、と。


それは不条理なことだが、相手に支払い能力がないから悔しい思いをし続けるというような不条理は、実に多くあります。悔しい思いを、代理人でさえいくつもした。しかし他方の不条理、子として、生物学上の父が母と生活しそこで育ったのに、せいぜい小さい頃に育てられた、生物学上の父ではない人が、父として戸籍にあるまま、ということの不条理をこそ、やはりなくすべきだと。

(ちなみに、両親そろっての、父の無精子症などでの他の人の精子での受精などした場合は、父も母も、また生まれたのちに本人も、父子関係不存在確認訴訟はできないと思います。分かっていてそのようにしたのだから、権利の乱用だろうと。)


まあ、男は信じるしかなかったのであり、カッコウではないが10人に一人は父の子ではない、という可能性もあるとき(うーん、そこまでは高くはないかな。アンケートとか見た記憶)、DNA鑑定が簡易かつ安価でできるようになってきたので、弱りましたね。医学の発展は辛いものでもある。

3対2では法的安定性に欠ける、大法廷に回して、改めて判決すべきだった。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ