2014/7/17

いかんなあ、最高裁−父子関係訴訟  カルト・宗教・犯罪

3対2では法的安定性に欠ける、大法廷に回して、改めて判決すべきだった。

*****
DNA鑑定で血縁否定も「父子関係」…最高裁 7月17日
DNA型鑑定で血縁が否定された場合、法律上の父子関係も無効とできるかが争われた2件上告審
第1小法廷は17日、血縁を否定する鑑定結果があっても、父子関係を無効とすることはできないとの初判断
無効を認めた1、2審判決を取り消す判決、父子関係の無効を求めた妻側の敗訴が確定した。
裁判官5人のうち3人の多数意見で、白木裁判長ら2人は反対意見
旭川と大阪の両家裁に提訴された2件の訴訟では、いずれも婚姻中の妻が夫とは別の男性の子を2009年に出産。DNA型鑑定で夫と子に血縁関係がないことが裏付けられ、妻側が親子関係の無効を求めて提訴。
*************


うーん、意見に悩みます。

まず父が父子関係不存在を求めた事案はまさに認めるべき。いかに妊娠当時同居していて、出産後1年を過ぎてしまったとはいえ、おかしい。嫡出否認の訴えが1年以内というのはDNA鑑定で否定された時、例外とすべき。
そして、母の方からの請求の事案。父は自分の生物学上の子でないことは分かったが、それでも自分の子としておきたい、と。父子関係不存在としないと、生物学上の父が、認知したくてもできない。

父が父でいたいという気持ちは尊重したいが、浮気などした?母は格別、生まれた子が大きくなって、まさに自分の意思での父子関係不存在確認を求めても、認めないということとなる。それはいかんのではないか、と思う。

結論から言うと、私は、この父子関係不存在確認請求も、認めるべきだと思います。つまり、最高裁の少数意見、家裁・高裁の判決を支持します。

父の悔しさ、辛さについては、母とその男への慰謝料請求でなすべきものかと。

2つ目の事例では、通例は父こそが否認の訴えなりを出している。併せて元妻である母に慰謝料請求訴訟をしています。その「金銭での賠償」にて、裁判途中で実質和解のような形で、通例解決させている。「浮気、夫婦関係崩壊の慰謝料」に加え、「父子関係が否定されることの慰謝料」請求権があるのだろうと。

元妻にその支払い能力がないことが多く、新たな男(浮気相手??、生物学上の父)も支払い能力がなかったりすると尚更に困る。だが、それでも、子の権利として、生物学上の父を父とする権利があろうと。そうしないといけないだろう、と。


それは不条理なことだが、相手に支払い能力がないから悔しい思いをし続けるというような不条理は、実に多くあります。悔しい思いを、代理人でさえいくつもした。しかし他方の不条理、子として、生物学上の父が母と生活しそこで育ったのに、せいぜい小さい頃に育てられた、生物学上の父ではない人が、父として戸籍にあるまま、ということの不条理をこそ、やはりなくすべきだと。

(ちなみに、両親そろっての、父の無精子症などでの他の人の精子での受精などした場合は、父も母も、また生まれたのちに本人も、父子関係不存在確認訴訟はできないと思います。分かっていてそのようにしたのだから、権利の乱用だろうと。)


まあ、男は信じるしかなかったのであり、カッコウではないが10人に一人は父の子ではない、という可能性もあるとき(うーん、そこまでは高くはないかな。アンケートとか見た記憶)、DNA鑑定が簡易かつ安価でできるようになってきたので、弱りましたね。医学の発展は辛いものでもある。

3対2では法的安定性に欠ける、大法廷に回して、改めて判決すべきだった。
2

2014/7/16

偽請求  日常のこと

偽請求

時に相談がある類なのだろうが、私の所に2014.7.16の8:21に来たものを、そのままアップします。しょもない文章です、法的にもまあ間違いの多いこと。

だが、このようなメールをもらって、不安になり電話とかしたりする人がいると思う。一切無視が正しいものです。脅かしすかし、10人に一人か、100人に一人かまあ対応し、何万円かずつでも、更にそのうち10人に一人から何十万円か取れれば、大きな利益があるのだろう。
注意喚起までに。


そのまま転載して違法とする法的根拠はない。
レス形式にしても、アドレスがでない、プロパティというところの詳細で見たら「Return-Path: -info@aaa.osiharai.asia-」となっている。
もとより、私が請求される筋合いはない。

ああ、先日、とある依頼があって通知しようとしたが、相手方住所・会社名など裏付けを持って確認できないために、アダルトサイトのアドレスに、メールにて通知書を送ったのだが、その影響かなあ、分からない。   草々

*********
【特定記録便のお知らせ】

【大切なお知らせ】
弊社は調査業務、情報管理及び和解手続き代行等を主とした調査機関の「虎の門リーガルリサーチ株式会社」でございます。

本日ご連絡致しましたのは、現在貴方がご契約されている総合コンテンツ提供サービス会社からの再三の通告を放置し、利用料金を長期延滞している事に対して、同社が起訴準備期間に入った事を報告致します。

この通知を最終通告と致しますので、本日、当社営業時間までにご連絡が無い場合、管轄裁判所から裁判日程を決定する呼出状が発行され、記載期日に指定裁判所へ出廷となります。
尚、裁判を欠席されますと、相手方の言い分通りの判決が出され、執行官立ち会いのもと、給料、財産や不動産、有価証券等の差押えを含めた強制執行となりますので、ご注意下さい。

弊社は、今回運営会社様より和解等の最終判断を委託されましたので、双方にとってより良い解決に向かうためのご相談に乗らせて頂きます。本日弊社営業時間までに早急にお電話にてご相談ください。

最近個人情報を悪用する業者の手口も見受けられますので、万が一身に覚えのない場合でも、早急にご連絡ください。

※時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、その際は恐れ入りますが、再度お掛け直し頂きますようお願い致します。
尚、メールでの返答には対応しておりません。ご了承下さい。

〜〜お問い合わせ先〜〜
【虎の門リーガルリサーチ株式会社】
個人管理センター室
管理担当:岩前雄二、大瀧雅子、米田勲
ご連絡先:03-4434-8596
営業時間:10:00〜19:00
*******
3

2014/7/10

非弁提携弁護士の真実の問題  日常のこと

非弁提携弁護士の真実の問題

下記ニュースが流れました。既に懲戒などにはなっていよう。
********
弁護士3人を在宅起訴
東京地検特捜部は9日、弁護士法違反(非弁提携)罪で、第一東京弁護士会の宮本孝一(46)、東京弁護士会の吉田勧(53)、岩渕秀道(81)各弁護士を在宅起訴
 あっせんしたNPO法人の小林哲也・元代表(49)は、同法違反(非弁行為)罪と、債務整理で得た収入を申告しなかったとする所得税法違反罪で在宅起訴
 3人は2011年8月〜12年2月ごろ、小林元代表から債務整理の委任を希望する計11人の紹介を受けた。元代表は、債務整理で得た収入を弁護士らの収入として申告させるなどし、11年までの3年間で所得税約1億4500万円を脱税したと。
 関係者によると、小林元代表は事務員を弁護士事務所に派遣。債務整理に必要な弁護士名義の口座の管理などをしていたと。小林元代表は08年ごろから、今回在宅起訴された3人を含む少なくとも7人の弁護士と提携し、債務整理を行っていたとみられる。半数以上は、弁護士法の公訴時効(3年)が経過していたり、既に死亡していたりするため、刑事責任を問うことはできない
********


これ、単に紹介という意味での「あっせん」を、継続的に受けたということでの問題ではないんです。紹介だけだったら、商工団体関係や諸団体関係にて、継続して紹介を受けている弁護士も少なくなかろう、と。そして、そのこと自体は、相談者の利益になりこそすれ、損害はない。

問題は、その紹介をした人が利益を受けていたこと、まして弁護士が紹介料を支払ったとかいうどころか(それも勿論、倫理違反です)、実態としては、事務員を派遣するという形により−つまりはせいぜい一度会って、ハンコを押す、預り金管理なども弁護士がしていない−弁護士は、実は看板を貸しているだけ、という問題なんです。

その結果、仕事処理が適当だったり、異常な費用を依頼者からとったりしてきた、と。
テレビ報道などでも、そこまで言わないと、その重大な問題性が知られないのではないか、と思う。

私、何年か前の最高裁判決の後の、ここ10年間近い過払い金事件、とんとやってこなかった。相談があれば、他の弁護士を紹介したりしてきた。

だって、25年ほど前以上の、
・夜遅くにも回収がうるさく来る、
・アパートにはチラシが貼られる、
・親や子供、兄弟の所までしつこくやってくる
・過去の貸し借り、返済状況など一切明らかにしない、
という時代は、
・過払い請求なぞ領収書などすべて保管してなければできず、
・裁判しても、利息制限法を徹底させるべきだとの裁判所の発想がないとき
・自己破産についても、裁判所が容易に認めてくれないとき
なんとしても、助けなければならなかったから。

夫が近くの公園で自殺してしまった、と言って雨の中、子供をおぶった女性が来た時には、泣けましたです。生命保険で解決したく、夫は自死してしまったんです。破産しても、戸籍には載らない、社会的信用が永遠に無くなるのでもない、生活保護は「権利なんだ」、人生が終わりではないということをご存じなかった。早くに相談来てくれていれば、と。

それが今は、
・業者が、貸し借り状況をコンピューターデータから出してくる
・中には利息制限法への引き直し計算までしてくるという話
・破産もかなり簡潔にできるようになり、また気軽に破産を言い出す人もいる。

これら自体は、救済のためには良いことなんです。人は弱いものであり、やたら高い利息を取っていること自体がおかしいのだから。「ローマ人の物語」を読んだらあのころの方が利率が低いくらいでしたね。だから、裁判所でまともな判決を取るべく頑張ってきた宇都宮健児弁護士や多くの弁護士には敬服しています。

ただ、今一つ弁護士としての創造性がない事件であり、「生活再建」という観点からなんか違うなと感じられることもあり、私は、遠慮していたです。たまたま地元で長いものだから、他の事件で時間的には大変だし、ましてカルト問題事案に時間がとられてもいるから。

会社倒産がらみとかはしてきた。従業員を助けたく、取引先にも少しでも配当率を高くしたく、むしろ費用のかからない任意整理を主にしてきたが(従業員はもちろん、小規模な取引先を実質優先させて、税金関係や金融機関から強いクレームが来たこともあったな、いかんことではあるのだろう)。

まあ、
・安易に収入を得られる道を考える弁護士はもともと居たのだろうし、
・大都市圏を中心に、弁護士がここ10年でずいぶん増えてきたことから、
こんな事態になってきてしまっているのだろう、暗澹たる気持ち。
2

2014/7/7

幸福の科学  カルト・宗教・犯罪

幸福の科学、どうなっていくのか。

「霊言」なら名誉棄損にならないとでも言うのかな。
(うーー、紙がもったいない、地球資源の無駄遣い。)

ついていく信者がいるのが不思議だが、ヘリはしてもそれなりに残るものです。まあそういうもので、内部の悲劇も周囲の嘆きも、すべて「正しいから」となる。

ライフスペースさえ(成田のホテルでのミイラ事件、「定説」の高橋弘二が代表、不作為での殺人罪が最高裁でも認定され懲役7年の刑を受け、2009年3月出所)SPGFという団体名にて、今も活動している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%BC%98%E4%BA%8C
http://www.spgf.org/


大川教祖、早く止めてあげるが、教祖本人に対する福祉だとも思える。だが大川教祖は、対立する弁護士の霊言とかは、まず言わない。損得、訴訟を起こされる危険性の有無を考えながら言っている。彼の責任能力はあるというべき。

幸福の科学のことは、このブログでも検索して何回か書いてきた。http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8DK%95%9F%82%CC%89%C8%8Aw&inside=1&x=0&y=0

それがまあ、下記3つのブログからもわかるように、ますます滅茶苦茶になってきた。
http://dailycult.blogspot.jp/2014/07/vs.html
http://sinzinrui.blog.fc2.com/blog-entry-2663.html
http://sanpole.blog.fc2.com/blog-entry-258.html
http://irorio.jp/agatasei/20140409/126816/

それでも
・私の自宅周辺を含めて多くのビラが配られる力を未だ持ち
・各所のまあ、ギリシャ神殿様式みたいなビルを持ち
・高校に加え、大学を設立しようとする資金があったり
・何人かの「知識人」の類を金銭の力か、抱き込む力も持っている。
不思議です。

それにしても、こんな大学が、できてしまうのかしら。
下記にある通り、この4月、文部科学省は、来年度の開設を申請した幸福の科学大学など私立大学5校の設置認可を大学設置・学校法人審議会に諮問してるんですね。http://irorio.jp/agatasei/20140409/126816/

まあ認可しなければ、訴訟とかになり「宗教弾圧」だとか言い出すのだろうが、文部科学省はしっかりせよ、といいたい。

なんなんだかなあ。
6

2014/7/6

オウム跡地  カルト・宗教・犯罪

久しぶりにオウム跡地を回った。

今回は、地下鉄サリン事件被害者の会の被害者・ご遺族、それから同弁護団、オウム真理教被害対策弁護団の、20人近くにて。

最初が、1988年からあった富士山総本部道場の跡地

私などから、当時の写真を示して、その位置など説明した。ここは1988年秋に真島君が死なされて焼かれた場所、1989年2月には田口君が首を絞められ、折られ、焼かれた場所。それから、購入したミサイルの残骸などを土の中に埋めていたところ。

今は、盲導犬訓練センターになっている。
http://www.fuji-harness.net/
であり、素敵な施設、見学もできる。

何か因縁も感じる、教祖は目に障害があったから。なお、そのためかオウム教団の施設はどこも美観なぞ気にしないものだった、手作り。

敷地の駐車場の横奥には、住民らによる「団結の碑」が敷地に立っていた。下記の写真はその裏の表示。
クリックすると元のサイズで表示します

ああ、近くに立派なミルクランドというのができていて、今は、食事などできるようになっている。「以前、アポロ宇宙船、ありましたよね」と聞くと、確かに本物があったとのこと、借りて展示していたが、返したということでした。検索すると、下記サイトの下の方に写真がある。
http://www63.tok2.com/home2/gonchan/2008nakamura-kouzyu01.html
これを知ってる元出家者もいたりするかも。時に近くの店で五平餅とか食べもした人もいるかと。


次に、旧上九富士ケ嶺を岡本さんの案内で回った。
(自動車だと20分そこそこだが、歩くとまあ3−5時間きくらいかな。1991年あたりだったか、富士山総本部から第1上九まで「経行修行=キンヒン修行」ということにて、信者がサマナ服に頭陀袋をかぶって、歩いていたね。麻原教祖は1回だけだったと聞くが。あれ、村の人は交通事故や、離れて歩いている女性がわいせつ目的の男とかに拉致されないか、心配していたものです。)

まず、第9、11サティアンだったかな、あったところ。岡本法恵さん宅が大変な迷惑を受けてきた。そこに掘った200m井戸から、初めてだったのかな水が出て、教団は助かったかも。

次に、第7、第10サティアンのあったところ。第10サティアンはやたら大きかったです。第7サティアンはサリン製造工場だったが本格稼働できないままで終えられたもの。建物の外にまでめぐりまわされていたパイプが、当時異様でした。

第7とそれと第10サティアンの間が、ジーヴァッカ棟、クシティガルバ棟のあったところ。
歴史的に残しておきたいな、と思っていた第7サティアンも、化学兵器禁止条約を批准した以上、壊さなければならないということにて壊された。

下記は、1997年2月かな撮った第10サティアンの内部
クリックすると元のサイズで表示します

1995年に入って、毒ガスの解毒剤ということにて毎日薬を飲なでいたの聞いたが、1997年2月に撮った写真
クリックすると元のサイズで表示します


それから、第1上九。第2サティアン、第5サティアンなどだったかなあったところで、今は公園となり、一隅に慰霊碑が立っている。ここを1989年購入し、1990年5月からだったかな、教団は進出してきた。慰霊碑のあるあたりは、假谷さんや、内部で死なされた人たちが、マイクロ波焼却装置で焼かれた場所。昔は、出入り口だけでなく、各建物の上の方にも4方向に監視小屋があり、外の方まで見ていたが。建物の間際から小さな煙突がでて、煙が出ていたこともあったが、あれはなんだったのか。

今回は私、ここの写真を写さなかったので、少し前の写真です。今は、とある仏教者が時に来てくれていてお経を唱えてくれている。線香台もできいた。私、線香を上げさせていただいた。
クリックすると元のサイズで表示します

次に第2上九。第6サティアンや治療棟、それから監禁用のコンテナ施設のあったところ。ここの井戸は300m掘って、水が出た模様とのこと、奥の方だが、今も残っていた。第6サティアンもやたら大きかったですょね。その2階かな、修行用個室が数百あって残しておきたかった。教祖が1995.5.16に逮捕されたのは、ここの2階の天井下に急遽作られた隠し部屋だったか。下記は以前もアップしたかな1階一部の「尊師のご自宅」内の写真です。
クリックすると元のサイズで表示します


建設前は、サッカー練習場で、木造2階建てのヴィクトリー棟などがあり、これももともに購入して教団は進出してきた。

その他、いくつか施設のあった場所があるが、すべては回りようもない。公民館にて、岡本さんご夫婦から、牛乳をいただいた。美味しいですよ。いろいろな話を、さらに聞けた。

この公民館にも、1994.9、盗聴器が仕掛けられた。竹内精一さん、岡本さんの所と3つかと思ったら、あと毒ガスを噴霧しているとか教団らが告訴した相手の村人のところにも盗聴器が仕掛けられていたのでしたね、忘れてしまうものだ。ああ、あと分かっているのが、私が関与した出家から脱会者の元いた東京の親せき宅、関東のとあるところの多額の布施をしたが依頼あったところ、それから自衛隊のとある幹部宅でしたか。(ああ、私の自宅と事務所も。もう明らかにしていいかと、その後は検査しているからご安心を)。盗聴器とかセットする役目の信者らは、「他心通がある筈なのに」と疑問に思わなかったのかなあ。

ああ、後にガリバー王国があったところは、別のところです。これ何度か書いたが、いまだ間違っているブログなどあり、困る。ガリバー王国があっという間につぶれた一つの原因なのかな。

それから、本栖湖の假谷さんの遺灰がまかれた場所。私、この正確な場所は知らなかったので、分かってよかったです。皆で、高橋さんらが用意してくれた花を捧げました。
クリックすると元のサイズで表示します

以上、報告までに。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ