2014/3/11


3年前の今日、実に多くの人の命が少しの間に失われた。
水は冷たく黒かった。
あの3月下旬に行った宮城県亘理町では、
水の中、残骸の中を、自衛隊員がまだまだ捜索していた。
頭が下がりました。

その3月、オウム真理教事件がらみの死亡被害者の命日は下記です。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/meibo.html

福島の原発に比較的近いところでは、
その直後からの数ヶ月間、捜索ができなかった。
まだ生きていた人がいたかもしれないのに。
苦悩に喘ぎ自ら死んでしまった人も何人もいた。
今も福島と避難先で続いている悲劇、家族の崩壊など。
東急電力、日本の原発政策の罪です。
(非常時発電装置の停止が、「想定を超える」津波が原因か否か争いがあるが、もともとの通常交流電源がすべて地震で失われたことに争いはない。地震で電源が失われたと言って何ら間違いがないのです。その対応も、その他の方策もとらぬまま、他の原発を再稼働などと良く言うものだ。また、福島第一原発は、断層があるかないかなど関係なく、あれだけの複数の事故が起き、今も起きているのです。)


一人ひとりの人生があり、ご家族・親族・友人らがいる
二度と戻らず、二度と会えない。
その重さ
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ