2013/6/28

フェイスブック  メディア・ネット

フェイスブックというのに登録した。

友人紹介のがあり、いろいろ承認を得たが、
・いざ自分で書きこもうとして
・レスしようとして、

どこに何を書きこめばいいのか、
レスすると全員にMLメールみたいに行ってしまうのか
それとも、ブログのようになって、誰でも見られるようになるものなのかしら、
ようわからん。

うーん。140文字だったかな、それはツィターなのか。
まあいいや。おいおいに勉強します。
恥ずかしいつぶやきかも。
3

2013/6/22

6月22日−オウム問題の集まり  カルト・宗教・犯罪

※下記集会は終了しました。※
*********************
なお、資料の余部が少しあります。レジュメ12ページ、資料集19ページなどで。それなりに充実しています。どなた様でも、お送りますので、送付先を明記して1冊あたり切手1000円分あたりでもお送り下さるか、直メールで問い合わせでも下さいませ。
草々−takitaro@yha.att.ne.jp
*********************


日本脱カルト協会 公開講座
『 オウム集団・あの事件は、何だったのか ?
−カルトメンバーと死刑 』


日 時  2013年6月22日(土)
      13:10開場、プロローグ映像、そして 17:40まで
場 所  日比谷コンベンションホール   
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
東京メトロ 霞ヶ関駅のC4又はB2出口から5分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口から3分
資料代  1000円


主催 日本脱カルト協会
後援 新学術領域「法と人間科学」研究
後援 オウム真理教家族の会(旧オウム真理教被害者の会)
後援 オウム真理教被害対策弁護団

内   容
司  会   櫻井義秀
プロローグ映像と報告 「虚像の神様〜麻原法廷漫画〜」   −青沼陽一郎
基調報告 1 「現実感のなさと絶対者」          −滝本太郎
基調報告 2 「地下鉄サリン事件と私」          −高橋シズヱ
基調報告 3 「何人もの被告人と面接、心理鑑定をして」  −西田公昭
パネルディスカッション(発言順) 司会と報告者4人にて。

指定討論 楠山泰道(僧侶)
小野毅弁護士(オウム真理教被害対策弁護団)
永岡英子(オウム真理教家族の会)

本公開講座の趣旨
いわゆるオウム真理教事件から18年を経過した。化学兵器サリンによる無差別大量殺人事件のむごさと恐ろしさは文字どおり世界を震撼させた。多くの人が痛みの中に殺され、もう二度と会えない。日本は原爆を2度落とされ、化学兵器サリンを無差別に2度使われた国になってしまった。
世界を震撼させた理由はもう一つある。一連の事件が、オウム真理教という破壊的カルトによるものだったことである。「真面目な多くの若者」がこの集団に入り、極悪非道の行為をした、それが世界を震撼させたのである。
刑事事件自体は、既になされた捜査と裁判を経て、ほとんどつまびらかにされた。その動機こそ首謀者である教祖がふまじめな弁明をしただけで明確にはならなかったが、刑事事件としての重要な点、すなわち各犯罪の経緯、手段、状況、指示命令状況そして集団が増長してきた経緯は、相当に明らかになった。
しかし、今日この国では「裁判では何も分からなかった」果ては「事件は弟子の暴走」などという言説が出てきている。また、どうしてメンバーが集い、教祖の指示とはいえこの極悪非道の行為を行うことができたのかは、まだまだ国民の共通認識に至っていない。
まして今、勧誘されうる若い人々にとっては歴史上のこととなっており、「悪い人はすべて捕まっている」「何か思想的な意味があるのでは?」と本質を誤解する人もいる。
今、『オウム真理教』は団体規制法の観察処分の下に存在し、若者を勧誘している。
今、教祖松本智津夫死刑囚のほか、12名の死刑が確定し、2年が経とうとしている。

当会会員らの少なからずは、一連のオウム裁判に次々と証人また鑑定人となり、何度も被告人に面談し、時には裁判所や家族の要請によりカウンセリングを重ね、また一部被告人の弁護人ともなってきた。一方で、当会会員らの数人はこれら死刑囚の起こした事件の被害者でもあり、命をかけてオウム真理教と闘い続けてきた者である。
今、事件の残虐さ、一人ひとりの人生、裁判で分かったこと、オウム集団にメンバーが集い、教祖の指示とはいえこの極悪非道の行為を行うことができたシステムの恐ろしさを、若者を含めて改めて国民の共通認識とする必要がある。そして、類似事件の危険性はないのか、未来を見据えたとき何がもっとも大切なのか、12名の死刑を執行することが正しいことなのか、それらをテーマに会内外の発言者による公開講座を開く。
以 上
            ************
報告者ら紹介
櫻井義秀
1961年生、宗教社会学者。北海道大学大学院文学研究科社会システム科学講座教授、現代宗教、アジア宗教文化を研究。カルト問題関連の編著書に、『「カルト」を問い直す』(中央公論新社、2006)、『霊と金−スピリチュアル・ビジネスの構造』(新潮社、2009)、『カルトとスピリチュアリティ』(ミネルヴァ書房、2009)、『統一教会−日本宣教の戦略と韓日祝福』(北海道大学出版会、2010)、『大学のカルト対策』(北海道大学出版会、2012)。

青沼陽一郎
1968年生。早稲田大学卒。テレビ番組の制作に携わった後、フリージャーナリスト。犯罪事件、社会事象、食料問題などをテーマにして、精力的にルポルタージュ作品を発表、オウム真理教被告の裁判を多数傍聴。「青ちゃん新報」を発端に1998年からテレビ報道された「虚像の神様 〜麻原法廷漫画〜」シリーズは、オウム真理教の笑える実態の裏にある底知れぬ怖しさを示した。「池袋通り魔との往復書簡』2002年小学館文庫 、「帰還せず 残留日本兵 六〇年目の証言」2006年新潮社、「オウム裁判傍笑記」2007年新潮社、「食料植民地ニッポン」2008年小学館2008年、「中国食品工場の秘密」2008年小学館文庫、「裁判員Xの悲劇 最後に裁かれるのは誰か」2009年講談社、「私が見た21の死刑判決」2009年文春新書

滝本太郎
1957年生、弁護士。89年11月4日未明、友人坂本堤弁護士一家が行方不明になり(1995年9月になり惨殺が判明)、オウム真理教被害対策弁護団(事務局長小野毅)に入る。民事訴訟のほか調査活動。1993年8月から脱会カウンセリング活動。自らの「空中浮揚」写真などのために1994年5月自動車にサリン攻撃をされる。1995年6月、脱会者の集まり「カナリヤの会」を設立し窓口。日本脱カルト協会理事、事務局長。「宗教トラブル110番」1999年共著、民事法研究会、「オウムをやめた私たち」2000年カナリヤの会編、岩波書店、「異議あり!奇跡の詩人-ドーマン法、FCの真実」2002年共編著、同時代社

高橋シズヱ
1995年3月に起きた地下鉄サリン事件で、営団地下鉄霞ケ関駅助役だった夫一正(当時50歳)を亡くす。「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人としてオウム真理教の破産申立て、被害者救済の立法などに尽力する。また日本各地の犯罪被害者と交流し講演などで支援や対策の必要性を訴える。被害者の手記集「それでも生きていく」1998年サンマーク出版、共著「“犯罪被害者”が報道を変える」2005年1月岩波書店、「ここにいること―地下鉄サリン事件の遺族として」2008年3月岩波書店

西田公昭(にしだきみあき)
1960年生、立正大学心理学部対人・社会心理学科教授。1997年にマインド・コントロールをテーマにした論文で博士(社会学)。信念の形成や変化のメカニズムを主軸に研究のなかでで、破壊的カルトの「マインド・コントロール」について実証研究。オウム事件や統一協会など多くの裁判で法廷証人や鑑定人として活動。元日本グループ・ダイナミックス常任理事、NPO法人小諸いずみ会理事、日本脱カルト協会代表理事。「マインド・コントロールとは何か」(紀伊国屋書店)、「信じるこころの科学:ビリーフ・システムとマインドコントロールの社会心理学」(サイエンス社)、「だましの手口:知らないと損する心の法則」(PHP新書)、「親は何をするべきか:破壊的カルトのマインドコントロール」(いのちのことば社)、「カルトで傷ついたあなたへ」いのちのことば社、「カルトと若者」(ブレーン出版)など。

オウム真理教家族の会
 1989年10月、子どもらが同教団に入って行方不明になることなどから相談受けていた坂本堤弁護士らの助言で設立され、親のなすべきことなどの勉強会、教団への申し入れ、要請活動、官公庁への要請及び世論喚起の活動など。会長永岡弘行は1995年1月VX溶剤で襲われ死線をさまよう。1995年4月、サリン事件など第三者被害判明したために、旧称「オウム真理教被害者の会」から変更。

オウム真理教被害対策弁護団
 1989年6月、オウム真理教に絡め取られた子をもつ家族らの相談から坂本堤弁護士らにより成立、家族の会の顧問。同年11月に坂本弁護士一家事件拉致事件(後に惨殺と判明)を経て大幅に拡充される。東京、山梨、大阪、福岡、和歌山、宮崎、長野などの弁護士と協力し、建築続行禁止の仮処分、人身保護請求訴訟、損害賠償請求訴訟など、地域住民・脱会者などからの情報・資料に基づく多くの刑事告訴。後に宗教法人の解散命令、破産申立、被害救済と教団対応のための立法活動など。代表は事務局長小野毅。

新学術領域「法と人間科学」研究
 国民の司法参加に伴い、捜査や裁判、被害者支援、法意識など、多くの問題に対する社会的関心が高まり、実務家と研究者の連携も進められている。人間の心理や行動にかかる科学的根拠を踏まえた問題解決指向型の文部科学省補助金を受けた研究であり、櫻井義秀が司法と福祉研究において「カルト被害の救済と回復−レジリアンスの視角から」を担当。

主催者−日本脱カルト協会の紹介
 1995年6月オウム真理教への対処のために幅広く会合がもたれ、同年11月設立した集まり。旧称日本脱カルト研究会。心理学者、聖職者、臨床心理士、弁護士、精神科医、宗教社会学者、カウンセラーそして「議論ある団体」の元メンバーやご家族等のメンバー180人程により構成される。破壊的カルトの諸問題、カウンセリング経験の交流およびカルト予防策や社会復帰策等の研究、成果を発展・普及させることを目的とする。年2回の大会、公開講座、予防チラシ、DVDなど作成。書籍に「カルトからの脱会と回復のための手引き」2009年遠見書房 以 上
0

2013/6/11

現役さん書込 その49  カルト・宗教・犯罪

現役さん書込 その49
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/
果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?240

419 :神も仏も名無しさん:2013/05/30(木) 15:04:57.08 ID:HOKDkxYT
>404.405
忘れないうちに一言、まあ皆さんそれぞれにボヂボチとやってるようです。全員は知らないけれど。
一般的には男性は「修行好き」で、仕事しつつも麻原さん以外を観想したりし、女性は、すっかり宗教嫌いな人が多いかも。 村岡さんみたいな一人オウムというべき人もいますけれど。
共通しているのは、自分が何を言える立場でもない、と思っているところかも。

私は、うーん、言っても、書いてもいいと思うし、少しは現役さんに効果があると思うんだけれど、と言っているのですが。まあ、なににしても上祐とは大違い。

433 :神も仏も名無しさん:2013/05/31(金) 18:04:18.42 ID:YcCpb+ic
>390 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 18:45:37.09 ID:zqxDoj5Y
>粗雑な認識+スリカエは、滝本太郎弁護士の得意技
具体的なものとして、私が貴方の薬物使用とか断言したとか書いてあるが、そんなのないでしょう。断言していないものを断言したと書いているのはご自身であり、スリカエ論法ですょ。

1994−5年当時、成人サマナであればまず勿論使用しているものであり、その可能性を指摘しても何ら問題ないですよ。
批判を恐れた書き方もいいかげんにされた方が良いように感じます。

>392 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 18:48:35.56 ID:zqxDoj5Y
>特定の思想を持つ事を理由にその人の存在や人権を全否定する行為
私、そんなことしていませんが。
ご自身の考えについておかしいと書き、矛盾を指摘しているのです。それとご自身の全否定とは違うのです。
批判よって「全否定」され「人権の全部否定」だと感じるご自身が、ドップリ浸っておられ過ぎだろうと。

ご自身からオウム真理教を引いたら、何も残らないのかなあ。
うーん、1994−5年当時、未成年または14−5歳ぐらいだったとすれば、
確かに長くそれも思春期時代に、お山に居たことになる。
お辛いだろうとは思いますが、必ず残る物があります。
たとえば、そこで知った技能や個人的な人のつながりなど、すべてを否定する必要はないのですから。

>393
>>今必死で不規則発言の解読に取り組んでいる教団の別動組織
>>別所君の「人権救済基金」の公判レポートを見ましたが、あのこと
>その人達も滝本弁護士と同じく、話の中から自分達にとって都合の良い所だけを切り取って自分達に都合良く
あれ、あそこのことではないのですか。
でないとすると、「別動組織」ってなに?ご自身が言いだしたのであり教えてくださいませ。


434 :神も仏も名無しさん:2013/05/31(金) 18:04:59.22 ID:YcCpb+ic
>>「不規則発言」の前に、廣瀬法廷?などでの醜態
>面白そうだから、是非お教え下さいませ。でも、どうせまた密教に則った範囲内
ご自身がいろいろ傍聴記録とか読む気になったら、お伝えしましょう。まずは、1997.4.24麻原さん陳述ぐらいは読まなきゃあ。「弟子」なんでしょうが。

>リンク先のTV番組−6分14秒辺りで野田氏は「不規則発言」だと明言されてますね。
そりゃそうです、あの本は、麻原さんの文字通りの「不規則発言」について分析しているのであり、それを言っているもの。彼が仮に1997.4.24のを不規則発言だと言っているなら、彼の間違いです。

>>この2行が矛盾していることを自覚されたし。
>何事かと思えば、また誤読した挙げ句につまらない「言葉の揚げ足取り」ですか。

>>>不規則発言は不規則発言です。それなりに隠された意味が有るのかもしれませんが**
>>>この程度の下らない不規則発言**

さてね、ご自身の発言は上記です。まずい書き方をしたなあという場合には、素直に自己矛盾していたと認めるべきですよ。

そして、「弟子である」というならば、「隠された意味」を知ろうとして、まあそれがあるかどうかも含めてですが、一通りではなくしっかり読んで分析するのが、本来ではないかなあ。まずは素直に読んでほしいです。

>>「因果」の「果」について、教祖がどう言うかは、教えとして大切じゃないのかなあ。
>ならば、是非その「教え」の内容をここで講義して頂きたい物です。内容って不規則発言の意味する所
はい、了解しました。私なりにね。
とりあえず17件を時々アップしてからにします。

>でも弟子達にとってはさほど重要では御座いませんので、悪しからず。
ふーん、そうなんだ。あっ、「弟子達」とあるが、ご自身は教団には入っていないと書いていたけれど、「他の弟子達」も多く知っているのですか?
なんか矛盾しているなあ。

435 :神も仏も名無しさん:2013/05/31(金) 18:09:18.51 ID:YcCpb+ic
>裁判所に向けて発せられた言葉を、弟子が聞いてどうこうしようとする事自体が筋違い
いえいえ、日々発せられるものとして大切だから、信者さんらは多く傍聴に来ていて、メモしていたのでしょう。
そして隠し録音でもしていたから、英語まで含めてあそこまで再現するものができたのでしょう、実に貴重です。

それを大切にしないご自身は、うーーん、いかんと思います。

>だから一通り読んで判断してます、と言ってるでしょ。
うん、ありがとうございます。できればボチボチいいからじっくりとお願いします。

>「そもそも言葉、言っていることにて判断するのは、間違い」と断言される一方
>「罪状認否に書かれた言葉、教祖の言っている事を読んで判断しろ」と---意味不明との指摘

ああ、言葉の分析ももちろん必要だが、更にそれより大切なのは「行動」なんです、という意味なんです。簡単な話です。言葉ならば、何でも言えるものだから、です。
青春の蹉跌という映画にあるんだけれど、その中の「何を言うかではなく、まず何をしたか何をするかを見ろ」とかことわざの「坊主の説法、屁一つ」ってそんな意味ではなかったかしら。

>全て自分とグルとの関係であって、「他への普遍性」など元より必要有りませんが?
うーん、それは弱ったなぁ。
ご自身として普遍性を求めていないのですか、なんと。
ご自身としての「真理」であればよく、他の人にとっての「真理」でなくていいのかな。そうなのかなあ。

436 :神も仏も名無しさん:2013/05/31(金) 18:26:54.64 ID:YcCpb+ic
>ご自身は私の書き方が「上から目線」だと感じたのですね。 誰が見てもそう感じられますよ。
そうですか、ごめんなさい。
ただ「上下」云々と書かれたのはご自身であり、私が「上」とか「優位」とかの感覚ではなく、間違っていると思うなあ、矛盾していると思うなあ、といろいろ説明しつつ書いているだけなのは分かってもらいたいんですが。

>>ご自身が間違いを指摘され、痛いところをつかれてきたことについて、子どものような反発心
>こちらの言い訳が本心ですね。 当に巧言令色を駆使した上から目線の人格攻撃
「人格攻撃」ではなく、ご自身の考えやその思考方法について、批判・矛盾の指摘をしているだけなんだけれどな。議論ってそういうものですよ。あまりご経験がないのかな。
なお、第三者云々は第三者が判断すればいいことでして。

>>1995年には未成年だったとのこと、お母さんとかに通れられて出家
>>1991年−第2上九のヴィクトリー棟あたりで、外にいた私などにオウム真理教の歌
>>1995年に児童相談所に保護はされなかった年齢
>本題とは一切関係無い個人情報の詮索に熱心なご様子ですね。

人は色々な環境、特に思想形成過程でどんな情報環境などに居たか、かなり影響されます。日本にいるからこそ、日本語で思考することそれ自体からも分かることです。
ああ、子どもだった人にとっては「懐かしい」なんて言われたくないものかもしれない、ごめんなさい。良ければ聞きたいな、と思った次第です。でも聞かれたくないことだったかな、ごめんなさい。

>396 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 19:05:19.55 ID:zqxDoj5Y
>>麻原さんにいつまでも縛り付けられていないさぁ
>「麻原さん」にいつまでも縛り付けられていらっしゃるのは、誰がどう見ても滝本太郎弁護士御本人
うーん、そうかもね。ご自身と五十歩百歩かな、違うかな。
まあ麻原さんを通してと言うことになってしまいますが、縁があったということにてご容赦を。
1

2013/6/11

現役さん書込 その48  カルト・宗教・犯罪

現役さん書込 その48
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/
果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?240

390 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 18:45:37.09 ID:zqxDoj5Y
>酷く粗雑なまとめをされるんですね。それはスリカエといいます。
粗雑な認識+スリカエは、滝本太郎弁護士の得意技ですよね? あまりにも粗が多過ぎてあまり参考になりませんけど。

>私は、もとより気をつけて表現しています。
そう思っているのは本人だけですね。おめでたい人です。

>薬物は使用しなかったかと聞き、していたのであればその影響もありえると理解されたし、と
>自分が自分でない感覚は、離人症というものでもある、それが嵩じると人格が乖離していくものだから、気をつけられたし、ということを述べたのです。

残念ながら、「薬物を使用した」と勝手に決め付けた時点で完全にアウトです。今さらどんな言い訳をしても無駄ですよ。
心配する振りをして薬物使用や精神異常を匂わせただけでも、十分名誉毀損です。
滝本弁護士は御自身の社会的立場をまるで理解していらっしゃらないのではないでしょうか?


392 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 18:48:35.56 ID:zqxDoj5Y
>>381
>あのね、思想信条について問題視することも、また全く自由なんですよ。
>封建主義者とかは、男尊女卑主義者が、時にそれ自体で批判されるでしょう。
>でも、思想・信条をもつだけでは、他人には分からないでしょう?
>それを形而上云々という表現しても書き込みなどにより表現するから、相手方も対応しているし、できるのです。
>ご自身が「そんなこと言うな」「その考えはおかしい」ということと同様に、
>私も「そんなこと言うな」「その考えはおかしい」ということはできるのです。
>それを、互いの「表現の自由」と言います。
相変わらず日本語が理解出来てない人ですね。
批判するだけなら自由だと何度も申してます。
単なる批判を超えて思想・信条を持つ事自体を全否定し、内心を表現する事すら完全に禁じようとするならば、それは完全に人権侵害です。滝本太郎弁護士のように特定の思想を持つ事を理由にその人の存在や人権を全否定する行為は、少なくとも現行法では許されておりません。ですから、滝本太郎弁護士は人権侵害している、としか言いようがないです。


393 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 18:52:56.35 ID:zqxDoj5Y
>>382
>今必死で不規則発言の解読に取り組んでいる教団の別動組織
>別所君の「人権救済基金」の公判レポートを見ましたが、あのことですか?
>たしかに、1997.4.24陳述については、コメントが何も着いてなかったですね、
>着けようがなかったんだろうなあ。
その人達も滝本弁護士と同じく、話の中から自分達にとって都合の良い所だけを切り取って自分達に都合良く解釈しているんでしょうね。

>まあ、「不規則発言」の前に、廣瀬法廷?などでの醜態その他といった、
>不規則でない発言も分析してほしいものですが。
面白そうだから、是非お教え下さいませ。
でも、どうせまた密教に則った範囲内の物でしょうけどね。


>それから、「教団」には入っていないと言うことを言っておられたが、ずいぶん詳しいのですね、なんと。
そりゃ野田氏や滝本弁護士など様々な方がこのスレッドで教えてくれましたからね。 前スレの962に貼られているリンク先のTV番組を御覧になられましたか? その番組でも詳しく触れられてますよ。ちなみにその番組では野田氏や滝本氏も出演されてますが、6分14秒辺りで野田氏は「不規則発言」だと明言されてますね。そうやら口裏合わせをお忘れになったようですね。

>この2行が矛盾していることを自覚されたし。また、刑事法廷での「罪状認否」を「不規則発言」なぞという人は、
>ご自身だけだと言うことも自覚されたし、と。
何事かと思えば、また誤読した挙げ句につまらない「言葉の揚げ足取り」ですか。よほど攻撃のネタに困ってらっしゃるのですね。私は「(滝本氏は不規則発言でないと主張しているが、)何度読んでも、不規則発言は不規則発言です。」(>>326)と、繰り返しの強調表現を用いて述べているだけです。この程度の日本語すらも読んで理解する能力が無いなら、もう一度日本語を基礎から学び直すべきではないでしょうか?

394 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 18:57:23.29 ID:zqxDoj5Y
>>384
>罪状認否は教え云々の前に罪状認否だが、
>「因果」の「果」について、教祖がどう言うかは、教えとして大切じゃないのかなあ。
ならば、是非その「教え」の内容をここで講義して頂きたい物です。 内容って、不規則発言の意味する所の事ですよ。

>また、「ネタ」なぞではなく、重要なものであり、私どころか各所に、もちろん日本語部分は裁判所記録に保存されているのですよ。
そりゃ裁判所に向けて発せられた言葉ですから、裁判所にとっては重要でしょうね。でも弟子達にとってはさほど重要では御座いませんので、悪しからず。そもそも裁判所に向けて発せられた言葉を、弟子が聞いてどうこうしようとする事自体が筋違いです。弟子はグルから日々発せられる(あるいは以前発せられた)指示をこなすのに精一杯のはずですからね。

>麻原さんの言葉なり教えについて取捨選択して検討するという態度は、実にご都合主義です。
>ヒトラーとて、傾聴に値することも言ってもいますが、一部にてナチス思想が正しいかどうか分からないでしょう。
だから一通り読んで判断してます、と言ってるでしょ。

>まあそもそも言葉、言っていることにて判断するのは、間違いでしょうし、
片や「そもそも言葉、言っていることにて判断するのは、間違い」と断言される一方で、「罪状認否に書かれた言葉、教祖の言っている事を読んで判断しろ」とおっしゃる訳ですか。言っている事が完全に矛盾していて、意味不明ですよ。
御自身で何を言っているのかも最早理解出来なくなっているようですね。


>主観的な体験にて判断することは、他への普遍性がないのは当り前で「信じるから信じる」と言っているにすぎないのですけれど。
全て自分とグルとの関係であって、「他への普遍性」など元より必要有りませんが?
やはり根本的に勘違いしてらっしゃるようですね。


395 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 19:03:07.52 ID:zqxDoj5Y
>>383
>ご自身が上下みたいな表現を始めたのですよね、それは認められている。
>うーん、ご自身は私の書き方が「上から目線」だと感じたのですね。
誰が見てもそう感じられますよ。

>私は「そこは違うよ」「それは矛盾しているよ」と書いてきているのですが、
>そんな風に感じられて来たのならば、ごめんなさい。
それはウソですね。

>それはまた、ご自身が間違いを指摘され、痛いところをつかれてきたことについて、子どものような反発心をもった
>だけなのではないかな、と失礼ながら思う。
こちらの言い訳が本心ですね。本当に巧言令色を駆使した上から目線の人格攻撃がお好きなようで。でも「間違いを指摘され、痛いところをつかれてきたことについて、子どものような反発心をもっただけなの」は実際は誰なのかについては、第三者がこのスレを読めば一目瞭然です。

>あの1995年には未成年だったとのこと、お母さんとかに通れられて出家していたのかな。
>ひょっとして、1990−91年くらいかな、第2上九のヴィクトリー棟あたりで、
>外にいた私などにオウム真理教の歌を歌って聞かせた
>くれた子どもらの一人だったのかな。懐かしいなあ。
>ただ、1995年に児童相談所に保護はされなかった年齢でいらっしゃるのかな。
>それだと益々混乱してしまったですね。
本題とは一切関係無い個人情報の詮索に熱心なご様子ですね。一体、何をしに来られたのでしょうか?

396 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 19:05:19.55 ID:zqxDoj5Y
>>383
>まあ、みなさんそれぞれにボチボチとやっているものです。
>麻原さんにいつまでも縛り付けられていないさぁ
「麻原さん」にいつまでも縛り付けられていらっしゃるのは、誰がどう見ても滝本太郎弁護士御本人でしょうがwだからこんな場末のスレッドにまでやって来ては、連日粘着してらっしゃる訳です。御自身のその異様な執着行動の源を、よくよく自覚された方が良いですよ。

404 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 21:25:38.08 ID:251wweS+
 かつての正大師、正悟師の方々、、オウムを辞めてから仏教修行しているのかな。オウムを捨てて、仏教ともそれっきりなのかな。
405 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 22:13:33.49 ID:251wweS+
 あの騒ぎの当時、余り有名にはならなかったプンナさんとか、どうしてるんだろ。詮索するつもりはないが、消息を知りたい気もする。スレ違いかな、済みません。
1

2013/6/7

現役さん書込 その47  カルト・宗教・犯罪

現役さん書込 その47
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/
果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?240

381 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 09:17:02.05 ID:KzaTTB+p
前々スレ主さん >325〜
>現実世界では大丈夫なのでしょうか?
まあ、ボチボチやっています。

>コテハンの件は黙り
??別に黙っていないけれど、今の所、理解してもらえないのは残念です。ご自身が、コテハン「スレ主」??で名乗ったつもりであったとは驚きなんです。

>「名誉毀損」「誹謗中傷」- 人を薬物使用者・精神異常者呼ばわり
酷く粗雑なまとめをされるんですね。それはスリカエといいます。私は、もとより気をつけて表現しています。薬物は使用しなかったかと聞き、していたのであればその影響もありえると理解されたし、と自分が自分でない感覚は、離人症というものでもある、それが嵩じると人格が乖離していくものだから、気をつけられたし、ということを述べたのです。 麻原さんの言っていた「狂気か悟りか」という意味はそんなところかも、と思いますけれどね。

>思想・信条を持つ事自体を問題視し発言すら禁じようとするならば、それは歴とした人権侵害
あのね、思想信条について問題視することも、また全く自由なんですよ。封建主義者とかは、男尊女卑主義者が、時にそれ自体で批判されるでしょう。

でも、思想・信条をもつだけでは、他人には分からないでしょう?それを形而上云々という表現しても書き込みなどにより表現するから、相手方も対応しているし、できるのです。

ご自身が「そんなこと言うな」「その考えはおかしい」ということと同様に、私も「そんなこと言うな」「その考えはおかしい」ということはできるのです。 それを、互いの「表現の自由」と言います。
ですから、人権侵害している、などというのはおやめになった方が良いです。

382 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 09:23:22.61 ID:KzaTTB+p
>今必死で不規則発言の解読に取り組んでいる教団の別動組織
別所君の「人権救済基金」の公判レポートを見ましたが、あのことですか?
たしかに、1997.4.24陳述については、コメントが何も着いてなかったですね、着けようがなかったんだろうなあ。
まあ、「不規則発言」の前に、廣瀬法廷?などでの醜態その他といった不規則でない発言も分析してほしいものですが。

それから、「教団」には入っていないと言うことを言っておられたが、ずいぶん詳しいのですね、なんと。

>不規則発言は不規則発言です。それなりに隠された意味が有るのかもしれませんが**
>この程度の下らない不規則発言**

この2行が矛盾していることを自覚されたし。また、刑事法廷での「罪状認否」を「不規則発言」なぞという人は、ご自身だけだと言うことも自覚されたし、と。
まあ、信者さんとして重要なことは、不規則発言かどうかではなく、その分析なんだろうけれど。 「公判レポート」がそうでしたから。

383 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 09:25:29.43 ID:KzaTTB+p
>私が滝本弁護士を評する際に「上」「下」という言葉を使って滝本氏が優越意識を持っている事を指摘したモンだから、自分もそのままお返しに言ってみただけ
>このスレッドに来るなり「自分達は上でオウム信者は下だ」と主張されていた


ご自身が上下みたいな表現を始めたのですよね、それは認められている。うーん、ご自身は私の書き方が「上から目線」だと感じたのですね。私は「そこは違うよ」「それは矛盾しているよ」と書いてきているのですが、そんな風に感じられて来たのならば、ごめんなさい。
それはまた、ご自身が間違いを指摘され、痛いところをつかれてきたことについて、子どものような反発心をもっただけなのではないかな、と失礼ながら思う。
年齢もだいぶ違うだろうし、オウム真理教との付き合い方も、開始時期も違うだろうから、仕方ない感覚かもしれないですけれど。

あの1995年には未成年だったとのこと、お母さんとかに通れられて出家していたのかな。ひょっとして、1990−91年くらいかな、第2上九のヴィクトリー棟あたりで、外にいた私などにオウム真理教の歌を歌って聞かせたくれた子どもらの一人だったのかな。懐かしいなあ。
ただ、1995年に児童相談所に保護はされなかった年齢でいらっしゃるのかな。それだと益々混乱してしまったですね。

まあ、みなさんそれぞれにボチボチとやっているものです。
麻原さんにいつまでも縛り付けられていないさぁ

384 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 12:24:57.00 ID:KzaTTB+p
>「不規則発言=教え」だのと意味不明の強弁をし、オウム中傷のネタとしてこんな物を15年以上も大事に保存
罪状認否は教え云々の前に罪状認否だが、「因果」の「果」について、教祖がどう言うかは、教えとして大切じゃないのかなあ。 また、「ネタ」なぞではなく、重要なものであり、私どころか各所に、もちろん日本語部分は裁判所記録に保存されているのですよ。

麻原さんの言葉なり教えについて取捨選択して検討するという態度は、実にご都合主義です。ヒトラーとて、傾聴に値することも言ってもいますが、一部にてナチス思想が正しいかどうか分からないでしょう。

まあそもそも言葉、言っていることにて判断するのは、間違いでしょうし、
主観的な体験にて判断することは、他への普遍性がないのは当り前で「信じるから信じる」と言っているにすぎないのですけれど。
1

2013/6/7

現役さん書込 その46  カルト・宗教・犯罪

現役さん書込 その46
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/
果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?240

321 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 10:33:12.59 ID:1Mf+a2UZ
312.313あたりへの返信
おはようございます。
>私は批判自体は自由であると明言して来た--
といいながら
>批判そっちのけで人権侵害の人格攻撃という名誉毀損や誹謗中傷に熱中
としているが、
私のどの言葉が「名誉毀損」「誹謗中傷」はては「人権侵害」だとかになりましょうか。 ご自身の「形而上」「宗教上」の話とはいえ、オウム真理教の教義なりを正当化しようとする発言に対して、それは許せんよなどと指摘し、矛盾を指摘するのは、何ら人権侵害ではないんですけれども。
まあ、匿名の人が名誉棄損にあった、などという笑い話であることは別として、です。

>>少なくも、1997.4.24の麻原さん発言−「不規則発言」ではないことは、お認めになりますか ?
>内容は「不規則発言」その物ですね。弟子に対して話した物でもなく、今さら読む必要も価値もない物です。
ご自身が引っ張り出した辞書の定義でも、「不規則発言」ではないことは認められるんでしょう?素直に認められたら、いいっしょ。 で、ご自身としては、「内容的に不規則発言だ」などとして、聞きたくないと。
事件記録とか読みたくないのは、ケシカランけれどまだ分からなくはない、で、これはなんと麻原さんの発言、それも弟子らも多く傍聴に来ていた公式の場でのなのになぁ。

ご自身は、「見ざる、聞かざる」をしていると自認しているんですよ。その上での「言わざる」ではなく「言う」んだから、困ったものかと。「真理をつかもう」とするのが「修行」というものだと思うんだ。ご自身、矛盾していませんか。

あっ、薬物イニの1994-5年は未成年だったのですか。未成年の人も何人も受けていたけれど、14−5歳にもなっていなかったのでしょうか。

324 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 11:19:10.89 ID:1Mf+a2UZ
あっ、ご自身の書き込みを見ていて、「優位」とか上下みたいなのが見られ なんか、そんな発想が強いのかな、ご自身の「修行」ってグルと弟子の関係、修行の先達とか(レインボーステージとか懐かしいなあ)の発想でおられるから、そんななのかなあ、と気になりました。

優位も劣位もないでしょ。人は誰でも間違うことがあり、だからこそ相互批判が必要なんだから。「カルト団体の教祖」ではあるまいに、絶対的に正しい、なんてないんだから。

それからどんな主義主張・宗教であっても その他正しさいかんを判断するのに、その団体の教えまして自ら取捨選択する教えのみでは、容易に判断できようもないと思います。
その果実がどう出たかそれが「因果」なんだろうし、他の指標はないかとか、教えの矛盾はないか、とかかなと思うんです。

325 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 14:06:47.55 ID:Ltv6Yidl
>>321
本日も自らの非を省みることなく、上から目線で自分の間違った思い込みを語ってらっしゃいますねw こんな調子で、現実世界では大丈夫なのでしょうか? コテハンの件は黙りですけど、改める気は無くとも滝本氏自身に非がある事は御理解頂けたようですね。

>私のどの言葉が「名誉毀損」「誹謗中傷」はては「人権侵害」だとかになりましょうか。
人を薬物使用者・精神異常者呼ばわりしておきながら、まるで自覚がないようですね。これで弁護士なのですから、呆れ返るばかりです。

>ご自身の「形而上」「宗教上」の話とはいえ、オウム真理教の教義なりを正当化しようとする発言に対して、
>それは許せんよなどと指摘し、矛盾を指摘するのは、何ら人権侵害ではないんですけれども。
他の思想を「許せない」とするのはアナタの勝手ですが、アナタとは真逆に日本の法規に準じ公共の福祉の範囲内で合法的に生活している者に対して思想・信条を持つ事自体を問題視し発言すら禁じようとするならば、それは歴とした人権侵害です。
もう一度近代人権思想を学び直して下さい。思い込み論で否定しても、意味がないですよ。


326 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 14:08:23.62 ID:Ltv6Yidl
>>321
>ご自身が引っ張り出した辞書の定義でも、「不規則発言」ではないことは認められるんでしょう?素直に認められたら、いいっしょ。
何か興奮して逆ギレされてますね。「一貫性のない発言、意味不明な発言」ですから、私が引用した辞書の定義でも明らかに「不規則発言」でしょうに。
滝本氏も、いい加減、夢から覚めて現実の世界に戻って来た方が良いですよ。

あと前にも言いましたが、「不規則発言ではない!」と主張されるなら、今必死で不規則発言の解読に取り組んでいる教団の別動組織に対して教祖の発言の規則性とその意味する所を教えてあげたら如何でしょうか? もしそれが出来ないであれば、実際には滝本氏も心内では不規則発言であると認識しており全く内容を理解出来ていないという事の証拠になりますね。


>で、ご自身としては、「内容的に不規則発言だ」などとして、聞きたくないと。
>事件記録とか読みたくないのは、ケシカランけれどまだ分からなくはない、
>で、これはなんと麻原さんの発言、それも弟子らも多く傍聴に来ていた公式の場でのなのになぁ。
何度読んでも、不規則発言は不規則発言です。
それなりに隠された意味が有るのかもしれませんが、内容を読めば分かる通り少なくとも今の私達の修行には一切関係無いものです。
この程度の下らない不規則発言を15年以上も後生大事にしていたとは、滝本弁護士さんも随分とお目出度い人なんですね。
でも滝本弁護士はオウム問題について基礎的なレベルから全く理解出来ていない事だけは分かりました。


>ご自身は、「見ざる、聞かざる」をしていると自認しているんですよ。
>その上での「言わざる」ではなく「言う」んだから、困ったものかと。
>「真理をつかもう」とするのが「修行」というものだと思うんだ。
>ご自身、矛盾していませんか。
私は一通り読んでから判断しているのに、また思い込みで間違った事をお話しされてますね。毎回毎回何度も何度も同じ間違いを繰り返していて、本当に懲りない方だと思います。どなたかバカに付けるクスリを持っている方はいらっしゃいませんかね?

327 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 14:11:57.68 ID:Ltv6Yidl
>>324
>ご自身の書き込みを見ていて、「優位」とか上下みたいなのが見られ
>なんか、そんな発想が強いのかな、
また嘘を吐いてますね。私が滝本弁護士を評する際に「上」「下」という言葉を使って滝本氏が優越意識を持っている事を指摘したモンだから、自分もそのままお返しに言ってみただけと。にもかかわらず、そういう時でさえ自分が優位に立っていると思い込んで上から目線で物を言うと。滝本弁護士はまるで小学生ですな。

>ご自身の「修行」ってグルと弟子の関係、修行の先達とか(レインボーステージとか懐かしいなあ)
>の発想でおられるから、そんななのかなあ、と気になりました。
>優位も劣位もないでしょ。
>人は誰でも間違うことがあり、だからこそ相互批判が必要なんだから。
>「カルト団体の教祖」ではあるまいに、絶対的に正しい、なんてないんだから。
このスレッドに来るなり「自分達は上でオウム信者は下だ」と主張されていた人が、何をおっしゃるのやらw 常に自分は正しいと思い込み足りない頭でその場限りの発言をして得意がっている人は、自分で自分の発言の矛盾に気付かないんだろうな。 
 
>それからどんな主義主張・宗教であっても その他正しさいかんを判断するのに、
>その団体の教えまして自ら取捨選択する教えのみでは、容易に判断できようもないと思います。
>その果実がどう出たかそれが「因果」なんだろうし、他の指標はないかとか、教えの矛盾はないか、とかかなと思うんです。
教祖の不規則発言が「教え」に見えるのですかw
そりゃ滝本氏のように常日頃から教団の粗を探している人にとって、妄語と矛盾だらけの不規則発言は格好の攻撃材料ですからね。だから「不規則発言=教え」だのと意味不明の強弁をし、オウム中傷のネタとしてこんな物を15年以上も大事に保存して来た訳ですねw 滝本弁護士の反オウム活動の底の浅さをマザマザと見せ付けられた気がします。


339 :神も仏も名無しさん:2013/05/28(火) 09:46:53.38 ID:gokuytyr
前々スレ主さん、1995.3当時未成年、ひょっとして14−5歳?だったのですか、大変でしたね。今は「真理だ」と思いこむために、ただただあがいておられるようにしか見えないんです。
「因果」の「果」として、下記のような事件があり、その認否が下記なんです。
オウム流に言えば、証智されたし、かな。ボチボチとお願いします。
7 LSD密造事件*****

366 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 01:05:44.61 ID:zqxDoj5Y
>>364訂正
誤)一昨日は奇声を発しながら虚勢を張っていたのに、
正)3日前は奇声を発しながら虚勢を張っていたのに、
日が替わっている事を忘れてました。
滝本弁護士が奇声を発していたのは日曜日ですね。

1

2013/6/3

現役さん書込 その45  カルト・宗教・犯罪

現役さん書込 その45
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/
果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?240

312 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 03:30:09.27 ID:Ltv6Yidl
>>283
 相変わらず自分に都合の悪い話は全て無視し、相手のレスを真面目に読もうともせず、自分だけの思い込みの世界に浸って平気で嘘八百を並べてらっしゃいますね。こういう人が表では一端の顔をしているのですから、世の中怖いですね。

>弱ったものだ、と感じます。
>ご自身は、自分の表現の自由は主張し、相手が批判する自由は認めていないのだから。
上記の通り、相変わらず滝本氏は人のレスを全く読まずに、脳内にこびり付いている間違った思い込みによって何度も同じ話を壊れたテレコのように繰り返してらっしゃいますね。この様な滝本氏の言動からは、以前このスレにいたキャンディさんのような狂気が感じられます。オウム叩きに狂うあまり、社会的な人格を損なわれてしまわれたのだと思われます。

私は批判自体は自由であると明言して来たし、>>235でも「もちろん、アナタが公共の福祉に反した「特定の思想を持つ者の基本的人権を一切認めない」という主張をする事自体は自由です。」と明言したばかりなのに、滝本弁護士はその現実を全く認識する事が出来ないと。
その理由は、滝本氏が常日頃から「自分は常に正しい、オウム信者は絶対に間違っている、自分は上で、オウム信者は下である」と思い込み、その思い込みにすがりながら生きているが故に、無意識に>>235のような自分の固定観念に沿わない現実からは目を背けて拒絶し、上記引用のように自分の間違った思い込みのみを繰り返し書く事で自分の思い込みの世界観に逃避して、現実と自分の間違った思い込みとの合理化を図ろうとした訳です。
でも端から見ると単に現実と矛盾する間違った思い込みを吐露しているだけなので、本人の思い込みとは裏腹にまるで合理化になってませんけどね。


>そりゃ、自らの主張に賛同する人が少なく、強く批判されることは辛いでしょうけれど、
>今の態度は、ご自身の言葉の説得力を失うばかりだと思う。
>そんな状況までの「修行」ってなんだったのだろうか。
そもそも前提条件が完全に間違っているのだから、この辺りは最早狂人の独り言にしか見えません。今迄培った固定観念が崩壊するのが怖いから>>235のような現実から目を背け、上記引用のように思い込む事で自分優位の世界観に現実逃避されている次第です

313 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 03:33:00.22 ID:Ltv6Yidl
>>283
>ああ、コテ名をもって、ご自分は特定していたと言うのですか、そりゃ甘ちゃんの自白です。
>まして、その後はコテもつけないようになって、さらに名前を求めている、と。
>恥を知るべきでしょう。
意味不明です。元々コテハン自体は便宜上の物で、匿名掲示板では有っても無くても良い物です。 読み辛ければコテハンを名乗るも良し、読み辛くなければ名乗らなくても構わない類の物です。でも今回の滝本弁護士の場合は異なります。滝本弁護士は「滝本太郎」というオウム事件で被害に遭った実在の弁護士の立場を根拠にしてオウム批判(実際にはただの誹謗中傷ですが)を展開されているわけです。
 にもかかわらず滝本弁護士は名前すら名乗らず、批判そっちのけで人権侵害の人格攻撃という名誉毀損や誹謗中傷に熱中されておられると。だから私は、「社会的な立場で批判したいならば、ちゃんと名前を名乗って批判者としての自分の立場を明確にして、社会的に最低限度の礼節を弁えるべし」、と述べているわけです。
 一端の社会人の癖に、なぜこんな基本的な事も理解出来ないのでしょうか?
名前の名乗らず人の話も聞かず一方的に妄語・悪口だらけの言いたい放題ばかりしていて、一体誰がアナタの言う「社会的責任」とやらに耳を傾けるとでも思っているのでしょうか?
反ナチスを気取ってオウム狩りに熱狂される前に、いい加減、社会的に最低限度の常識を弁えて下さい。


>「不規則発言」はここでは、麻原裁判−刑事訴訟でのことを指しています。だから
>「裁判所の訴訟指揮に従わないで発言された言葉」というのがより妥当な定義でしょうね。
また何の法的根拠も示さずに独りよがりな「自分定義」を披露されてますね。
要するに自分勝手な思い込みであり、世間的に見ても何の価値もない代物です。


>少なくも、1997.4.24の麻原さん発言は、記録にも残っている罪状認否です。
>「不規則発言」ではないことは、お認めになりますか ?
内容は「不規則発言」その物ですね。弟子に対して話した物でもなく、今さら読む必要も価値もない物です。

314 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 03:35:31.68 ID:Ltv6Yidl
>>283
>ああ、それから「薬物使用」についてご自身はこれまで明言はしていなかったですよ。
>むしろ「過去の薬物イニの影響が残っている可能性」を言うと、そんな医学文献はあるのか、きめつけるな
>と対応しておられ、その前提として肯定しているように読めましたが。
「受けた、受けてないについては話しません」と述べたはずです。
にもかかわらず、勝手に「思い込み」で“イニシエーションを受けた”と自分の好きなように「決め付けて」しまったと。
これが今のアナタの脳内(思考)を構成しているカルマです。
意識して改めぬ限り、この傾向は永遠に続くとお考え下さい。


>今回、初めて否定しています。そうだったのですか、失礼しました。
>で、すると、不思議です。サマナは大人であればすべからく、1994.6からの薬物イニの1つは
>受けていると思いますが、ご自身はそうではなかったのですか??不思議なので。
当時は頻繁に出入りしてましたし、法的に大人と呼べる年齢でも御座いませんでしたからね。
しかし此処でもまた勝手に「大人」だと憶測し決め付けて「不思議」だと言い出すと。本当に懲りない人ですね。カルマの法則を知らない凡夫は、こういう風にまるで壊れたテープレコーダーのように同じ過ちを繰り返すんだろうな・・・・・・滝本弁護士の狂態のお陰で、教祖の教えの正しさをますます実感させて頂きました。有難う御座いました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ