2013/4/16

現役さんと その5  カルト・宗教・犯罪

2チャンネルに書き込まれた現役さん、転載のことどうかご容赦くださいませ。
オウム真理教にこと、神秘体験のことなどを考えるのに、それなりに貴重な言葉の対応ですから。

その5

233 :神も仏も名無しさん:2013/04/16(火) 14:54:14.99 ID:BtMe72oo
スレ主さんと言う方、こんにちは。こちらにできていたのですね、突如書き込みがなくなっていたから不思議に思っていました。
4 :スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/09(火) 06:32:16.56 ID:AavxTE4r
前スレ804
>>「その体験が真実かどうか」ということが問題にもなりやすそうですけれど、
>現世の実体験と完全にリンクしているのだから、真実と捉えるより他無いと思います。

ありゃ、その捉え方はいかんですよ。
それは「自分としては真実と捉えている」ということにとどまります。

たとえば、科学的に1mlの水は、あくまでも1ミリリットルの水でしょう、誰にとっても。「真実」というのは、そういうものを言うとおもいます。

もちろん、私が関係しない宗教上の論議だけであれば、まずは私は問題としませんが、ご自身は麻原さんのしてきたことを「宗教上は正しい」というようなことを言っているので対応しています。

なお、誰だったか唯一言っている被害者が私だけみたいなことが以前書いてありましたが、私だけが言っていることでないのは先日の3.17集会のアピール文でも出ている通りです。
また、直接対応するなど、たとえネット上でも怖くて、被害者の多くができるものでないことなぞ、「修行」の成果として分からないでしょうかしら、「修行」の結果、ますます分からなくなってしまうのではないか、と気になります。

****
たとえば、私にあって「真実」と考える体験とかあったとしても、ご自身に、私が私の実体験と完全にリンクしているから「真実だ」と言ったとして、ご自身は了解されないでしょう?
あのー、麻原さんの空中浮揚は3秒とかでして、私のは15秒なのでして、実は私こそ完全最終解脱者なんですがぁ、とかね。

234 :神も仏も名無しさん:2013/04/16(火) 14:54:54.43 ID:BtMe72oo
>>(なお、キリストやルドラで得られたものもあるのかな、それは強烈だったのかななどは、そのお答えがないままであり、実際それだったりすると、尚更に悲しいが)
>イニシエーションで与えられた内容を他に漏らすはず無いでしょ。

何を言っておられる?
記載されていた体験の内容は興味深いものだけれど、私が聞いているのは、それを得た環境、方法ですよ。

キリストやルドラチャクリンのイニはうけなかったんですか。
そして、そこでの体験の話も入っているのではないですか、と。

>>私は、「その体験が、オウムの教義を真理と証明するものなのか」という問いを立てるものです。
>上記の通り。
>現実世界の裏側(より高次元の世界)を、教祖が説かれた教義の則って体験させて頂いております。

それは「真理の証明」とはいいません。
自分の体験からして真理だと「信じている」というのが正しい表現でしょ?

>>ちなみに、脱会者らは、「体験」について解決****
>それぞれ何処で引っ掛かっているのか一目瞭然で、興味深いですな。

失礼な物言いをするんですね、いかんですよ。
「不安を残し地獄に落ちるかもしれないけれど、現世での現実の被害者をこれ以上悲しませ、苦しめてはいけないから辞めた」ように人など、実に尊敬しています。

「体験に引っかかっているのが自分なんだ」の可能性を少しは考えてみませんか。

>教義について議論をする場です。
体験は教義の真実性に関係するのでしょう?違いましたか?

236 :神も仏も名無しさん:2013/04/16(火) 15:12:12.50 ID:BtMe72oo
>貴殿はそれよりもまず先に、御執心だった「教祖の法廷発言」を貼るべきでは?

やたら長いからなあ、見てもらえば早いんだがなあ。
ひょっとして1997.4.24の教祖発言って、あったこと自体を知らなかったのですか。1996.4.24のは知っていても?

下記は横レスですが。、
>教祖や弟子達の体験を見る限り、相当なレベルで体験し理解していただろうと思われ
うーん、あるとして、 チョモランマに上る体験、解脱ではなく、マリアナ海溝に落ちていく体験・解脱だったのんもなあ、なんて可能性もあるんですよ。

237 :神も仏も名無しさん:2013/04/16(火) 15:16:35.87 ID:BtMe72oo
>教祖に近い高弟方は皆、恬淡とされてましたよ。予言を無常の物だと理解出来なかった野田氏のような例も御座います

あれまあ、ホーリーネイムも貰っていないと言いながら、知ったようなことを、と失礼ながら言わせてもらいます。
ティローパさんが本当にしっかりと脱会した気持ちになったのは、1997年も、1999年もなかったから、としっかりこの耳で聞いてきましたよ。その他多くの師、正悟師らも信じていたものです。

そりゃ、外れた予言に就いて、下の人に対しては「もともと人は死ぬんだから一々気にするべきではない」なぞと、これも説法どおりに言っていたでしょうけれどね。

これも横からですが
>バルドーの経験が無く輪廻転生の仕組みも知らぬ者が、一体どうやって「金剛乗のグル」とされる人物を正しく評価出来るのでしょうか?
いえ、これは私もできるのです。「修行」なんぞしていないけれどね。

同じく
>教義よりもグルの言葉を優先したのだとしたら、金剛乗的には素晴らしい事
そうそう、麻原さんの指示には従ったものです。最初の教義が不殺生であっても裏の教義がことなり指示があれば。

それを
「素晴らしい」というご自身は、実に危険な信者さんであり、
「宗教的には正しい」として、被害者を実に愚弄しているのです。
4

2013/4/16

現役さんと その4  カルト・宗教・犯罪

その4
804 :神も仏も名無しさん:2013/04/08(月) 17:34:34.17 ID:9LjyDrmR
こんにちは。
682-684に書き込んだ滝本太郎です。692-695でレスしてくれてありがとう。

おってまた書くかもしれませんが、流れを見ていて結局、ご自身は「体験」をとても大切にしているんだな、と思いました。

すると、「その体験が真実かどうか」ということが問題にもなりやすそうですけれど、
(なお、キリストやルドラで得られたものもあるのかな、それは強烈だったのかななどは、そのお答えがないままであり、実際それだったりすると、尚更に悲しいが)
私は、「その体験が、オウムの教義を真理と証明するものなのか」という問いを立てるものです。

というのは、「体験」は、今のご自身としてどこまでいっても「真実」なのだろうから、自分においてはそれを議論しても始まらないだろうな、と思うからです。

ちなみに、脱会者らは、「体験」についてたとえば、こんな感じで解決してきています。これはご参考までに、です。

1−薬物で得た体験であり、まがいものだったとか、

2−後に他の修行でも体験を得られた、それ以上の体験だったから、
オウムの修行で体験したからといった正しいというのは間違いだったんだとか、

3−体験は実際にあり修行も正しかったのかもしれない、 麻原さんはグルに値する人だったのかもしれない、だが体験は「語り得ぬもの」であり、これをもとに人に何を言えたものでもないし、そもそも自分も今現世に生きている。その現世であれだけの罪深きことをしたのが教団であり信徒だった。 脱会すると無間地獄に落ちる心配があるけれど、でも脱会しよう

とか、です。
1

2013/4/16

現役さんと その3  カルト・宗教・犯罪

その3−抄本です。私や現役さん以外の書き込みもあります。

752 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/07(日) 14:04:13.74 ID:vEWOiDUp
>>727
>あなたが前に例に挙げたクシティガルバ正悟師は体験を詳細に描写されていたが、そのレベルで描写してくれないかな。
 私は寡聞にして存じませんが、クシティガルバ正悟師の体験談はそんなに詳細でしたか?
 私の体験も具体的に書こうとすれば出来ますが、私の経験はまだ上位の世界の極一部分に過ぎないし説法で説かれていない事も多いので、全てをお話しすることは出来ません。
 未経験の者に断片的な知識を与えることで先入観を持たれても困るし、既存の説法で説かれていない事を幾ら話したとしても文字情報しか得られない他者に対してそれが真実の体験である事を証明する術が無いからです。
 それに反論のための反論のネタを待ち望んでいる状態の今のあなたに対して詳細に話す事は、あなたにとっても私にとっても利益がないと思います。
 
 差し障りない事だけを述べさせて頂くと、瞑想修行または日常の内観によって高次の身体に意識が移り変わる時、まるで昆虫が脱皮するような感じで自分が普段の日常生活で使っている肉体の傾向・感覚器官の傾向・イメージの傾向・意志の傾向・識別の傾向などの自分自身の五蘊が破れて消えて行くという感じで自分の意識が日常のカルマから解放されて行く様を物理的に肌で感じながら、意識が日常の五蘊から離れて光の身体へ移行して行きます。この時、意識は中央管に集中しています。
 意識が別次元の広大な透明な光の世界に入るのでサハスラーラにも光のエネルギーが注がれて意識が高度に冴え渡り智慧が芽生え、五蘊やこの世の様々な事象が生まれては
消えて行く様子を見てまさにこの世の事象は実態が無く幻影であり無常であると認識出来、意識が現世を超越した事を自覚出来ます。
 意識は一応光の世界の身体にあるけれども、同時に現象界での意識も僅かに残っており、透明な光の世界を眺めながらも現象界をも裏側から(高次元の世界から)見る事も出来る状態です。
 この光の世界のエネルギーに意識を合わせると、何もせずとも自然に自動的に四無量心が芽生えます。
 同時に未だ自分の中に残って自分自身を苦しめている自己のカルマの縁起も理解出来るので、この時に光のエネルギーと四諦を使って自分の悪業を物理的に消して行きます。この際は強い慚愧の念が最も重要な要素となります。


753 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/07(日) 14:05:03.81 ID:vEWOiDUp
>>752続き
 また今迄現象界ではまるで理解出来なかった教義や「グルの意思」あるいは教団における不可解な指示の意味が潜在意識・超潜在意識のレベル直感的かつ感覚的かつ具体的にその縁起も含めて一瞬で認識(感得)できるようになります。
 これはおそらくアストラル界での変化身とコーザル界の法身を同時に使っているのだろうと思いますが、未だ修行経験が浅いのでその辺は定かではありません。
 そして功徳が途切れると共に光のエネルギーへの精神集中が徐々に途切れ、意識は粗雑な次元に返ります。
 他にも現在・過去・未来が同時に存在している世界に入った経験とか色々御座いますが、上記(>>752)の理由により割愛させて頂きます。
1

2013/4/16

現役さんと その2  カルト・宗教・犯罪

その2−抄本です。

693 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/05(金) 17:56:00.20 ID:Sr00RpyK
>>683
>で、現象界以外の所での話は、
>「形而上」というのかなつまりは言葉で言うことはできないものですから、それを言葉でいくら話し合っても、実は意味がないことです。
>そうではないですか。
 言葉で正確に表現するのは難しいですが、それでも言葉で言う事は出来ますよ。
 しかし、またもや何も理解していないのに頭でこうだと思い込んで決め付けてらっしゃいますね。反論の為の反論にも見えますが。


>それをして「語り得ぬものには沈黙しなければならない」という誰だったかの言葉になるのではないかな。
 私も「語り得ぬ物」には「沈黙」を保ってますので、ご心配なく。

>一方で幸い、少なくとも現象界というものがあり、それは共に認識しあえると。
>だから、それを土俵としてなんら問題はないでしょう。
 現象界より上の世界限定という前提条件で(しかも仮定上の)話をしているのに、現象界の話を持ち出すのはナンセンスです。

>現象界には、もちろん社長さんの言動を含むものです。事件云々だけでなくて。
 現象界の事件については、「謝罪に値する悪業である」と先に申してます。
 その前提条件を未だ理解出来ていらっしゃらないのは、貴殿だけかと。


>ご自身が今やっている、これを読んで書いたりすることも、所詮010101の信号を高度に利用した「現象界」のものでしょう?
 ですから現象界より上の世界限定の話だと申しております。
 死後の輪廻の様子とか、現象界で目に見えますか?


694 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/05(金) 17:59:44.54 ID:Sr00RpyK
>>683
>そして、一対一の経験が、現象界では少なく又はなく、それ以外の世界での言葉だと言うならば
>それは、他人に対しては「信じるから信じる」と言っているだけ、何ら論拠を説明したことにならないもの、ということになるんです。
 はい?
 一体、いつ誰が「一対一でグルから与えられた言葉」を話していると述べました?
 そもそも何で私が他人に対して「密教のグルから授かった内容」を公開しなくてはならないのですか?
 「密教」の意味を根本的に誤解していらっしゃるとしか思えません。
 私は自分で得た体験を元に差し障りない事を述べているだけです。


>「体験してみればわかる」と良く教団が勧誘の際に言っていた言い方に過ぎない、と。
 禅宗でも只管打坐と言いますが、「体験してみればわかる」は経験則から来る真実ですし、現実に貴殿は頭で考えて誤解してばかりで、こちらの話どころか教団の教義すらまともに理解出来ていらっしゃらないではないですか。

695 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/05(金) 18:18:17.33 ID:Sr00RpyK
>>684
>また、それ以外の世界での一対一での言葉だと言うならば、その経験はどんな風にされたのかを、心配しています。
>薬物も所詮現象界でのことです。呼吸法もね。その体験も現象界で感じたことでしかない、と。
>それらにこだわる傾向があるとすれば、それは失礼ですけれど依存症であり、時にはフラッシュバックでしょうし。
 それは御自身で自在にアストラル界・コーザル界を経験し、他人の状態も正確に認識出来るようになってから、御判断下さい。

>「グルと弟子の関係」云々と言いながら、信者ではないと言うは、矛盾してます。理解されたし、です。
 だから「所謂信者」と述べました。意味が理解出来ませんか?
 いずれにしろ、密教におけるグルと弟子の関係は、貴殿の認識出来る「宗教」や「信者」という固定観念すら全く超越しているとお考え下さい。


>現在のところ、教団という集団にいようがいまいが、ご自身は信者さんです。
>そしてそんな存在は、ヒトラーやその言説の正当性を主張する人がいれば、ナチスヒトラーの被害者らはもちろん多くの人が激しく批判し、憤るのと同様に、オウム事件の被害者らとして、その他の多分多くの人からも、とうてい許せるものではないのです。
実際に憤られていらっしゃる「被害者」の方は、滝本氏お一人でしたけど?
1

2013/4/15

エホバの証人  カルト・宗教・犯罪

エホバの証人の問題は、自分にとって古くて新しい問題です。

なにせ地元が神奈川県であり、日本の本拠地はその海老名市にあって、かなり以前から子どもを連れた家庭訪問をやたら受けたものでありまして。弁護士に就いてからも、オウム真理教などのカルト問題に関わる以前から、ごく普通の離婚事件だと思ったらエホバの証人絡みのも幾つかあって、通例事件と異なって相手方妻の「まじめさ」に弱ったものでした。

大和駅前を通ると、
1−今も、2回に1回は、何も言わずにあの冊子をもった人が見せています
以前は
2−神慈秀明会が「祈らせて下さい」とかで額に手をかざせられたり
3−純潔キャンディー?を配る人がいたり−統一協会です−
が一緒にやっていたこともあったなあ。

今は、
1−エホバのほか
2−セラピー犬とかいって、若い人が日がな一日犬を連れた寄付を求めていたり−あれなんなんだあ
3−諸政党や右翼が、いろいろビラ配ったり演説したり宣伝したり
4−その中に入るのか、自分を含めて「9条の会」でチラシを配っていたり
です。

で、下記は2チャンネルから、エホバの承認の家庭に育った方々の会話です。2チャンネルはこう言う所もあるから、貴重なものでもあります。

ああ、エホバの証人の関係では、ネット上、下記のリンク集がかなり充実しているかと、
ここの本サイトにある情報はかなり充実していますね、「キリストに」という題名は好きでないのだけれど。
http://jwtc.info/modules/mylinks/

本でいえば、最近のものとしては、下記がおすすめ。
『ドアの向こうのカルト ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録』
佐藤 典雅 (著)  320ページ 出版社: 河出書房新社 (2013/1/18)


エホバの証人でも、悲劇はずっと続いているんだな、と。

********
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363746103/
【JW】エホバの証人二世の苦悩 5【元・現役不問】


12 :神も仏も名無しさん:2013/03/21(木) 01:01:22.19 ID:bDV1sG5i
離れて10年以上たつ元2セイです。
毎年この時期になると、鬱が最悪になって、本気で死にたくなる。先週、マジでヤバかった・・。

改めて思うのは、自分は離れてから何も変わってないなということ。分かってはいるのだが、これがマジで地味に辛い。
春になって生命が芽吹いている時に、自分の中での人間的な変化は、10年以上たっても何も変わってない・・むしろ、深く重く、内臓に響いてくるようにダメージを与え続けている。失われた時間・・・ 失った友人たち・・ あんなにまでした苦労が無意味であったこと・・ 崩壊した家族・・ そして自分のキャリア。

”宗教は人民のアヘンだ”という言葉は、本当に本当だと思う。病気なった人にアヘン(モルヒネ)は必要だろう。しかし、健康な生命力にあふれた子どもや若い人に、よりによって一番の味方である親がしかもまちがった善意で、『カルトという劇薬の麻薬を無理やり飲ませる教育を幼少から強制して来た・・』。これじゃ、病気になっておかしくなるに決まってるだろ!!

二世の抱える苦労は、全てその、『アヘンの強制と、それに伴う人間関係の破壊』に由来している・・。 なんてバカバカしくて、罪深いんだろう・・・ なんで自分がそんなイケニエにならなきゃいけなかったのか・・。

この10年。自分はとにかく金の亡者だった。それが現実だったし、それしか自分を癒せなかった。今は、週休3日で家賃¥20万近い部屋に住み、高級オープンカーも買ったけど、自分は何も変わってないって、いつも気づく。

自分が本当にやるべきこと。それは、『この頭のおかしいカルト宗教に落とし前をつけさせること』。 これをヤラずして、これから何十年も生きたって、どんなに金得たって、やっぱり自分は何も変わらない。

ヤツラは、自分たちが何をやったか、何もわかってないし、顧みないし、反省も謝罪もしない。 これからも、ハルマゲドンは近い!我々が神の代理人だ! と言いつつ、その言う内容はコロコロと変えつつ、多くの人々の人生を、サギによって狂わせ続けるだろう。

ヤツラに落とし前を付けさせることができたら、自分は死んでも全く悔いはないしマジで本望。世間の人々は、俺のことも気の狂った自爆テロみたいにしか思わないだろうけど。ヤラずに死ねないっていつも思う。

13 :神も仏も名無しさん:2013/03/21(木) 01:52:28.91 ID:BlcjQ5Qy
エホバって辞めるとちょっと派手になるよね 私もそうだったし。自由になりたい!と思いまくってた  当時は誰にも理解して貰えそうにないし、反対に色々と聞かれるのが苦しいから黙ってて、もう新しい人生を手に入れたいって思ってた

だけどずっと心の中にしがらみがあって、何かあると、自分はエホバに背いているんだろうかという恐怖が頭から離れなかった  信仰していた宗教の事を話すとヒカれる事が多いけれど、中には受け止めてくれる人がいて、犠牲者みたいな言い方をされるのは不本意だったけれど、自分は出来るだけ頑張ったんだなと思った

何かの縁があってエホバと知り合って、守られた部分もあるから、全肯定はムリだけれど、全否定するのはあまりにも自分自身がツラいし、それは本当ではないと思う聖書に巡り合えただけでも良かったと思ってる
だけど自分の子供を入れるかと言われれば、私は他の方法を探す

18 :神も仏も名無しさん:2013/03/22(金) 07:31:47.67 ID:hsY9UVMT
>>12
俺も辞めて10年経つ元2世だが、やっぱり自分の中でも時が止まったままになってる部分はある。 自分の中に植え付けられたJW時代の価値基準や道徳基準は想像以上に固くて強固だった。タバコや風俗は今でも嫌悪感あるし、恋人の浮気なども絶対無理ってくらい拒絶感が出て許せない。他の宗教や宗教的行事も虚しくてバカらしく見えるし、誕生日も未だに心から祝えない。

以前は自分をそんなにしたJW組織を憎んでいたが、今はJWにいつまでも囚われたくないと考えを変えるようになった。このスレも、JW関連のサイトとも距離を置いてJWのことを一切 えないようにして生きてきた。

結果として、自分にはこの方法が一番早く立ち直れた。あなたもJWなんてつまらん宗教にこだわらず、早く自分の人生を取り戻して幸せになってくれ。

55 :ハゲドン:2013/03/31(日) 03:59:06.65 ID:B1sl6RSm
>>12
分かるわ〜。俺も二世だからよく分かる、その気持ち。20代前半で月70以上稼いでも、ふとした瞬間フラッシュバックして鬱になるし結局毒されたまんま。
宗教の歴史等を調べこんで、かなりの量の証拠を出して母親を説得して離れさせはしたけどね。精神的にも、金銭的にも、性的にも反動が大きくてしばらく苦労したし。

っても今もだけどw
何かたまに気持ちが破壊的になる事もあったりしたし。
たぶんなかなか感情を表に出せないからいろいろ溜まるのかな?
どの宗教にも言えるけど、洗脳ってすごいと思う。解放するには相当のパワーが必要だし。話し合いとかできたらいいんだけどね。

56 :神も仏も名無しさん:2013/03/31(日) 13:00:34.07 ID:GouRgTei
心の底からバカだって言われそうだけど、エホバの証人の時は本当に地上が楽園になるって信じてた だから、早く死んで楽園にいきたかった。
辛い時にはいつも死んで楽園に行きたいって思った。この邪悪な世なんか滅びてしまえって思った すごく恐ろしい人間だったと思う
やめてからだいぶ落ち着いたけど、いまだに辛い時は死んで楽になりたいって考えてしまう

58 :神も仏も名無しさん:2013/03/31(日) 17:15:38.90 ID:ikTRCazN
>>56 全く同じだ  オレもいまだにその感覚はゼロになってない
あの教えで世の中でのスタートラインか大きく遅れた…組織を離れても死にたい感覚は襲ってくる
スタートラインが遅れた以上、真の意味での人生のやり直しなど有り得ない事を知った
神が統治体を打ち砕いて真の信仰を立ち上げてくれないかなんてまだ考えてしまう、まぁ真の信仰が復活せずとも少なくとも統治体を破壊してもらいたい
多くの人々を精神的、経済的地獄に導いた罪は極めて大きい

80 :神も仏も名無しさん:2013/04/01(月) 05:02:00.28 ID:u5mDxckn
二世に生まれると、小さいときから生活の全てが宗教活動上位だからな
小学校に上がる前から週に3日の集会、土日奉仕×3(日曜の半日どっちかは集会) 学校に上がっても宗教活動が最優先だから練習時間の多い部活動はダメ

学校の勉強に加えて、聖書研究・・・割り当ても積極的に受けるよう勧められて バプテスマに年齢は関係ない、まず真剣に向き合うための勉強するべきと言われ・・・

中学高校と進学するにつれ、長期休暇中は補助開拓を獲得するのが特権だと各方面から圧力、各週の平日中の野外奉仕にも出て、学校と家と王国会館を往復

うちの親は・・・まぁ、証人の仲で遊べる家庭を探してきたりレクの企画をしたり そんなに悪い親ではない 一生懸命やってくれた
ただ、染まっていたことがな・・・〇〇君/さんは学生ながらにバリバリ「活動」して卒業後はパートで特開を捉えたみたいな話をしょっちゅう聞かされた
いまは大学を出ても就職できない時代だ云々とかも

あとになって「子供が最終的にどんな進路をとるかは個人の決定だから何かを強要するつもりはなかった」と言われたけど、とてもそんな風には思えなかったw
「お父さんは3男だからせめて誰か一人は(世俗の高等教育を受けに)大学へ進んでほしいというお祖父さんの希望が云々」みたいな話もされたしな・・・

「世の中にはこういう職業があります。いくつかの職業は大学を出ていないと就くことも難しいです。義務教育+3年の高等教育以外に、上積みの学習としてこれこれこういう分野もあります」みたいなことは、親からまったく教えてもらえなかったな
とにかく記憶にあるのは「全時間の仕事をしている兄弟は事情があることが多い」や「〇〇兄弟も、パートタイムの仕事をしながら宣教活動」こればかりだ

88 :神も仏も名無しさん:2013/04/01(月) 20:35:02.67 ID:rS7sV/yS
自分もズルズルと辞めれない。30過ぎて独身でパラサイト。
でもこの間職場の人に交際を申し込まれた。 これを逃すともう後がないとわかっているけど自分が2世だと打ち明ける勇気もない。 どうしたらいいかわからない。

89 :神も仏も名無しさん:2013/04/01(月) 20:39:02.21 ID:1ctdZsxb
親は親、自分は自分とわけられない間は、まだ子供
辞めればいいのさ 思いっきり それができたら大人の第一歩だろ
親子でカルトにしがみついているなんて おかしいぞ

91 :神も仏も名無しさん:2013/04/01(月) 21:26:56.60 ID:rS7sV/yS
自分が辞めるのは簡単だけど、結婚するとなると向こうの親とか相手を自分の親に会わせるとかあるじゃない。 宗教やってるなんてとか反対されるに決まってる。

112 :神も仏も名無しさん:2013/04/06(土) 20:55:42.67 ID:w8QnS27f
高等教育はダメって言ってたくせに、最近は高齢者増えたり寄付が減ったからって途端に高等教育は否定していませんと宗旨替え
高等教育受けた二世は養分にする気なのかね…大学の勉強したかったから逃げたしこのまま戻らないわ

116 :神も仏も名無しさん:2013/04/07(日) 10:48:18.11 ID:cY2ng8Ok
大学行きたかった。たくさん勉強したかった。でも、もうすぐハルマゲがくるから、この世の教えを受けるのは時間のムダだし悪い考えを植え付けられる、と言われた。
そう言ってきた、旦那の経済力に守られて偉そうに開拓してるババアの旦那も大卒。長老も大卒で会社員。でも、二世はフリーターになれだと。アホかよ!
今の二世の方たち、行けるひとは大学行って就職したほうが良いよ。血迷ったジジババに騙されないでね。
*******
10

2013/4/10

北朝鮮政府  外国・外交

北朝鮮情勢、やばいですよね。

今回は韓国への攻撃どころか、米国、日本への核ミサイル攻撃みたいな事を口にし、長崎・広島以上の云々などとも言いだしている。チキンレースも極まれり、かな。

その責任はもっぱら北朝鮮政府にあります。

もちろん、
1−米国、韓国と日本とで周囲を軍事的にもしっかりと固めてしまっているということが、被害妄想を高めているとは思います。それは相互作用ではあります。
 が、休戦協定が結ばれているのに多くのテロをしてきたのは北朝鮮の側だともはや証明されているのですから、主には北朝鮮政府側の責任でしょう。

2−そもそもの南北に分かれた原因として、日本が朝鮮を併合していたということが因果関係としてはあるけれど、それさえも後の米ソそして中国政府の責任の方がより大きいものでしょう。そして分断されたからと言って、ここまで来てしまうのは東ドイツなどともレベルが異なっています。


 今、金王朝維持のためにこそ、テロ活動を重ね、国民に酷い圧政を行っている状況となっており、瀬戸際外交というチキンレースの中で、自らを追い込んでしまっているものです。国自体が破壊的カルト状況にあると言うべきです。

 丁度、オウム真理教が地下鉄サリン事件の前に、1994.11危機とか言ったり、1995.3初めに「すでに戦争が始まっているのに、なぜ気づかないんだ!!」
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/12-6.html
なぞとビラを配布していたようなものです。心配なのは、その政策決定者−誰?−の妄想がどこまで進んでしまっているのか、です。


行く末として、

A−実際に、韓国に少しちょっかいを出したうえで、韓国、日本、米国へと少しなりとも攻撃を始めてしまうのか。

B−オウム真理教なぞとは違って、一応は国であり、まあ今回も核実験と、日本列島を越えるミサイルを打つだけ(それも大変なことなんだけれど)という判断となるのか。

C−中国が、Aの一部なりとも北朝鮮政府がやりそうだと確信した段階で、北朝鮮に侵攻して、新たな政権を作るように仕向けるのか(中国軍はどう動いているのかしら)、

どうなっていくのだろうか。


 9条の会としても、核実験・ミサイル実験をするだけでなく、休戦協定は既に破棄したなどと言って、韓国、米国そして日本の各地を標的にすると公言し始めたような北朝鮮政府をしっかり批判すべきだ、と考えます。
 こんな北朝鮮政府の行動を許していては、日本において9条改憲を止めるどころか、先制攻撃さえもせざるを得ない、自衛として許されるだという論法が強くなってきてしまうものですから。
 なお、地元大和市・綾瀬市にある厚木基地を初め、在日米軍が北朝鮮への攻撃も十分可能なようになっているから日本も標的にされるものではあるのです。


 北朝鮮政府のしていることに関しては、自分は下記の通り何回か書きました。2009.5.31の所など、どうぞご参考までに。
2009.5.31
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20090531/archive
2008.8.25
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20080825/archive
2008.10.23
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20081023/archive
2009.6.14
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20090614/archive
2010.4.22
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20100422/archive
2010.11.23
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20101123/archive
2011.12.20
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20111220/archive
2012.4.12
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20120412/archive
4
タグ: 中国 北朝鮮

2013/4/6

現役さんと  カルト・宗教・犯罪

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363435953/
以下、上記の2チャンネル
「果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?238」より

***********
682 :神も仏も名無しさん:2013/04/05(金) 10:55:17.60 ID:FR0UjRQS
どもっ、こんにちは。

>619 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/04(木) 17:58:17.25 ID:lk3XbW+y
>.612
>貴殿は「一対一」と聞いて現象界での出来事しか思い浮かべられない方なんですね。
>そんな表層意識の上っ面の出来事しか認識出来ない御方が、潜在意識・超潜在意識におけるグルと弟子との関係を理解するのは不可能


限定なく「一対一」とあるから「現象界」でも経験があるのかなと思ったら、そうではなかったんですか。
まさか現象界で社長さんが何を言ってきたかも、実は関係がないということになっていくのかな。
そこまではいかないよね、多分。

だって、それでは、つまりは「自分は信じるから信じるんだ」というのと同じことになってしまうんですょ。
端本君が、出家前に書いていったことと同じことになってしまうから、彼は率直に自分を説明した、と感じるけれど。

ご自身は、キリストやルドラチャクリンのイニを受けましたか。
それとも呼吸法やシールドルームの修行で、そんな体験をされたのかな。
よかったらお教え下さい。

>>1997.4.24の社長さん陳述について、読まない、まあ読んでも意味がない、という上記レス
>>ご自身が言って来たことと正面から矛盾する
>あなたが私にしつこく読めと催促しているから翻意して妥協しているだけ


なにをそう怖がっておられるのか。
現象界でも社長さんは話しているのだから、そしてご自身はそれ以外の社長さんの説法での話も随分使ってもいるのだから
それ一つだけは読まない、と言うのはなんなんじゃと言うように評価されてしまいますょ。

683 :神も仏も名無しさん:2013/04/05(金) 10:56:10.62 ID:FR0UjRQS
>あくまでも現象界での接触が全てとお考えの方
>「それは違う」と説明してもまるで聞く耳を持たず


うーん、聞く耳は持ちたいと思います。そう感じられなかったらごめんなさい。

で、現象界以外の所での話は、
「形而上」というのかなつまりは言葉で言うことはできないものですから、それを言葉でいくら話し合っても、実は意味がないことです。
そうではないですか。
それをして「語り得ぬものには沈黙しなければならない」という誰だったかの言葉になるのではないかな。

一方で幸い、少なくとも現象界というものがあり、それは共に認識しあえると。
だから、それを土俵としてなんら問題はないでしょう。
現象界には、もちろん社長さんの言動を含むものです。事件云々だけでなくて。

ご自身が今やっている、これを読んで書いたりすることも、所詮010101の信号を高度に利用した「現象界」のものでしょう?
それと同様に、1997.4.24の社長さん発言程度は、どうか読んでみたらっ?と思うんですよ。

ご自身が怖がりではなく「真理」を掴もうとするならば、ではあるんですけれど。

>>すなわち、明確に矛盾したことをご自身は言われてしまったんです。
>揚げ足取るのがお好きのようですが、相も変わらず思い込みと決め付け


?「揚げ足」ではないですょ、明白に。
ご自身が「一対一」のみに重きを置くと書いたところ、
それ以前のお話が「一対一」のみの言葉からの話ではないのだから、
明白に矛盾していると述べたのですょ。

そして、一対一の経験が、現象界では少なく又はなく、それ以外の世界での言葉だと言うならば
それは、他人に対しては「信じるから信じる」と言っているだけ、何ら論拠を説明したことにならないもの、ということになるんです。

「体験してみればわかる」と良く教団が勧誘の際に言っていた言い方に過ぎない、と。

684 :神も仏も名無しさん:2013/04/05(金) 10:56:50.91 ID:FR0UjRQS

また、それ以外の世界での一対一での言葉だと言うならば、その経験はどんな風にされたのかを、心配しています。
薬物も所詮現象界でのことです。呼吸法もね。その体験も現象界で感じたことでしかない、と。
それらにこだわる傾向があるとすれば、それは失礼ですけれど依存症であり、時にはフラッシュバックでしょうし。

>620
>密教のグルと弟子の関係は、そういう外側の意思伝達−いろんな人相手の説法−を超越しているのです。
>何故そんなに怪しげなサイトに誘導したいのでしょうか?


ムッタ師といったかな、「河上イチロー」さんが現役時代にワークでアップしていたもので、怪しげでないんだけれど。

>私は自分の体験から色々と書いてますが、一度も「教祖に帰依をしろ」等と他人に強制した事は御座いません。
>所謂信者ではないからです。


「グルと弟子の関係」云々と言いながら、信者ではないと言うは、矛盾してます。理解されたし、です。

ご自身が他に強制などしていないのはその通りです。しかし宗教としての正当性を主張されているのです。
それは私が、ご自身に脱会など強制していないのとおなじことです。

現在のところ、教団という集団にいようがいまいが、ご自身は信者さんです。
そしてそんな存在は、ヒトラーやその言説の正当性を主張する人がいれば、ナチスヒトラーの被害者らはもちろん多くの人が激しく批判し、憤るのと同様に、オウム事件の被害者らとして、その他の多分多くの人からも、とうてい許せるものではないのです。

まして、現象界であろうがなかろうが、社長さんの法廷での話さえ聞こうとしないようでは、
矛盾してますょと言いたくなってしまうんです。すまないけれど。

1996.4.24
http://hikari777.rakurakuhp.net/i_470481.htm
1997.4.24
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html
の2つがあるんです。
***********************
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ