2013/3/29

2チャンネル書き込み  カルト・宗教・犯罪

以下、ご参考までに。
先程、下記の2チャンネルのスレッドに書いた抄本です。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363435953/

380 :神も仏も名無しさん:2013/03/29(金) 11:36:32.29 ID:2liW4VaY
こんにちはあ。
まあ、このように書けるのは生きているからでこそですね。all

>311 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/03/27(水) 18:48:06.18 ID:m3EGsM92301
>>「ポアされたなら問題ない」趣旨発言するあなたの人格は、確実に疑われてます。
>私は殺生を伴うポアは現世的には悪業でありその行為は咎を受けて当然でありその点については被害者の方々に贖罪すべきであると、しかしそれによって転生が上向されるのならばその部分は「宗教的には悪業とは言えない」という、至極当たり前の話しかおりません。


うーん、「宗教的」なことでの見解だから、どう考えてもい、言ってもいいとお考えならば、甘ちゃんに過ぎます。 オウム真理教事件は、弟子らにとっては宗教殺人でもあり、今残る人が「宗教を背景とした殺人」「宗教を背景とした犯罪」をするかどうかが問題だからです。宗教は現実社会の人間だからこそ存在するものですからね。

すなわち「宗教的には悪業とは言えない」なんて言う、否信じている人がいる限り、オウム真理教問題は終わらないのです。

381 :神も仏も名無しさん:2013/03/29(金) 11:40:08.13 ID:2liW4VaY
>314
>現実問題として如何に「被害者を苦しめている」のか、実際の具体的な様子を
>>月とスッポンであることは、当然の前提ですよ。
>>50歩100歩ではなく、5歩とマイナス100歩と言ったところかと。

>いずれも被害者にとってマイナスであれば同じ符号になるはずであり、喩えがおかしい
>幾ら私を中傷するのが主目的


うーん、なんでわからないのかなあ。野田君は現実に脱会している者であり、その寄付方法に一部違和感が残るとはいえ、現実に仕事をして寄付をし、かつ脱会支援、脱会者支援をしているのです。だからプラス5

現役さんは、一人オウムを含めて、その存在だけで被害者を苦しめているのですよ。
ヒトラーほ崇拝する人がいて、集団を作り、作っておらずとも崇拝の言葉を述べるのみで、被害者が苦しく、不快であることと同様でしょうが。

ドイツでヒトラー崇拝の言説自体が禁止されていると思いますが、制度上そこまでいかずとも、被害者の心理は、私を含めて同じです。だからマイナス100

中傷でもなんでもないでしょう。ただの批判ないし教示でしょう。批判されると直ちにそう感じてしまわれるのだなぁと感じました。

382 :神も仏も名無しさん:2013/03/29(金) 11:44:34.93 ID:2liW4VaY
>すべては「麻原さんは最終解脱者」を前提にしたお考え
>その様な事は申してませんし、そういう決め付けこそ「100かゼロかの発想」


いやいやいや、社長さんのサティアン隠れごっこ、法廷での1997.4.24発言さえも、失礼ながらまともに見ようとしないのだから、その判断されますよぅ。

>滝本氏は形而上の事柄を図る物差しを初めから持ってない、野田氏は持っていたけど無くしてしまわれた。

形而上のことは、現実社会で具現しった場合に、より明確にまともかどうかが分かります。で、現実社会で何をしたのか、よくみられるべき、と。

ご自身は現実社会では違法であり咎を受けるのは当然としているのです。それは、吉本隆明が言った、麻原が正しいことをしたと言ったら裁判所は、社会はどうするのか、という意味を分かっていない、と。

それは、罰することができてもそれは真実罰したことになるのだろうか、つまり「咎を与えた」ことになるのだろうか、という意味合いとなるのです。

まあ、吉本の期待と異なって、社長さんはそんなタマではなかったのですけれどね。吉本は洞察力のない人であり、だからこそ埴谷雄高に「頭がスポンジになったか」と批判されたのです。

私の、思想、宗教などの判断基準は
1−言うことととやることが違っていないか。
2−途中で言うことが変わってこないか。
3−目的のためとして、他の権利をひどく侵害していないか、です。

ではまた。
3

2013/3/27

訂正報告−野田君活動について  カルト・宗教・犯罪

http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20090926/archive

以前にオウム真理教幹部だった野田成人君の活動につき
2009.9.26に記載してありますが、
上記当該ブログの後ろの方に記載したとおり、訂正しましたので報告します。

草々−滝本太郎
1

2013/3/26

オウム真理教の問題  カルト・宗教・犯罪

 テレビ東京が3月20日夕方のニュースで、8分間ぐらいの特集を放映していたんですね。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/feature/post_37652

土谷正実死刑囚の手紙と、面会している大石圭さんの話がメインで、高橋シズヱさんや3月17日の下記集会のこと、現在のアレフ(オウム真理教の一部)も描かれている。

全国放送になっていたのかなあ。
下記の1月8日ブログに書いたテレビ東京の放送もまだ再放送されていないなあ、されるといいのになあ。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20130108/archive
2012.12.30、テレビ東京01:25から1時間
「〜 あの声が聞こえる〜18年目のオウム真理教〜」

土谷死刑囚が若い人の入信が今増えていることについての言葉
「そのことはとても心配している。純粋な子たちだから」「サリンを作りたくなかったけれど、グルの命令は絶対だから」

高橋シズヱさんの3月17日集会でのインタビューでの言葉
「自分たちが何をしたのかを今の若い人たちに語るものを残してほしい」
5

2013/3/25

2013.3.17-世田谷烏山集会  カルト・宗教・犯罪

2013.3.17に集会がありました。

集会の模様については、下記の高橋さんのブログをご参照に。
http://kidoairaku2011.blog109.fc2.com/blog-entry-1423.html

私が話した内容のレジュメは下記です。
*******
「狂気に支配された信者たち」 滝本太郎
1 オウムの修行
−呼吸法、暗黒の独房、繰り返し、現実の恐怖感覚、そして薬物
2 グルの絶対性
−すべての輪廻を知るという設定、「親をも殺す」教義、
−犯罪だけでなくウンチを食わせる絶対性
3 現実感のなさ、人格の乖離(かいり)
  「ホー湖面に映る虚像のような様々な幻影に引きずられ、輪廻の大海を・・・・」
4 笑い話と、非現実的な実行行為と−ディズニー的な世界
5 部分社会、一貫性の原理、恐怖説得の残滓
−「社会の常識は、オウムの非常識」「オウムの常識は社会の非常識」と自称
6 グルになりたい人、グルら創りたがる人   以 上
*******


採択されたアピール文は下記です。
*******
〜地下鉄サリン事件から18年〜
Alephとひかりの輪は一刻も早い解散を!

 オウム真理教事件とこの集団の問題は,未だ終わっていない。

 平成7年3月20日,霞ヶ関駅を中心とする首都東京で地下鉄サリン事件が発生し,13人が死亡,被害者は6200人以上に上った。これは,3月22日から予定されていた假谷さん事件を被疑事実とする強制捜査を前に,オウム真理教が引き起こした無差別大量殺人事件であった。同日以降,坂本弁護士一家殺害事件(平成元年11月),松本サリン事件(平成6年6月)をはじめ,70トンのサリン製造計画,小銃密造,信者リンチ殺人など数々の凶悪事件も,麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚と同人が主宰するオウム真理教の信者らの犯行であることが判明した。これらオウム真理教の犯罪によって,かけがえのない多くの命が奪われ,現在も多くの被害者が身体的,精神的後遺症に苦しみ続けている。

 他方,団体規制法による観察処分の下にあるオウム真理教は名称を変更した上で,Alephとひかりの輪に分かれている。しかし分裂は話し合いの上であり,主要構成員はオウム真理教の出家者に拠る団体であって,オウム集団が存続していることは何ら変わりがない。オウム真理教は,東京高等裁判所がかつて判決理由で示したとおり「狂気の宗教団体」であり,「犯罪史上類例のない狂気の無差別大量殺人事件」を引き起こした団体であるが(東京高裁平成14年9月25日判決),未だこれが存続しているのである。出家者のほとんどが違法薬物による「神秘体験」を経験しているなど,教団のおぞましい実態も明白になっているのに,未だ集団をなしているのである。

 しかも,これら団体は,損害賠償責任を十分に果たさないまま活動し,財産を蓄え活発化し,このところ北海道や関西を中心に若者の入信が増えている。

 世界を驚愕させた事件,悲惨な被害が継続しているにもかかわらず,これを引き起こしたオウム真理教の本質,実態が忘れられてきている。もとより地域住民の不安も絶えない。これらは許しがたい事態であり,教団は解散して現有資産のすべてを賠償に尽くすべきである。
 地下鉄サリン事件から18年が経過するにあたり,信者が自ら脱会することと,Alephとひかりの輪が一刻も早く解散することを求め,そして社会には,深い関心と監視をお願いし,本集会のアピールとする。
    平成25年3月17日
オウム真理教犯罪被害者支援機構(代表:宇都宮健児) 
地下鉄サリン事件被害者の会(代表:高橋シズヱ) 
地下鉄サリン事件被害者対策弁護団(事務局長:中村裕二)
松本サリン事件被害者弁護団(代表:伊東良徳)  
オウム真理教被害対策弁護団(事務局長:小野毅)  
烏山地域オウム真理教対策住民協議会(会長:甲斐円治郎)
足立入谷地域オウム真理教(アレフ)対策住民協議会(会長:齋藤洋一) 
*******************
5

2013/3/21

配電盤と原発、法人事業税と最高裁  憲法・社会・官僚・人権

配電盤と原発、法人事業税と最高裁

1−うわ、そりゃ、このニュースは世界に流れるよね。
******
(CNN) 東電福島第一原発で停電、
同社は配電盤にネズミのような動物が入り込んだのが原因になった可能性があるとの見方
ネズミが配電盤、接触してショート、18日の停電につながったと
配電盤は大震災以降、トラックの荷台に載せられたまま使われていた
停電に見舞われていた9施設では21日までに電力が復旧
炉冷却に使われる汚染水から放射性物質を除去する施設も含まれる。
******

なんともぉ、です、2年を過ぎているのに仮設の配電盤、トラックの上にあったりのか。そして別系統バックアップの経路がその際になかったから、他の配電盤まで停止などなど、だったか。

唖然とします。

配電盤をまともに保守できない会社、そしてそんな国に、いったん大事故があれば甚大な被害を、それも極めて長期間与える原発、容易に収束させえない原発の管理なんて、できる筈がないではないか、と。
それなのに再稼働、それもまともな対応策もとらないままの再稼働をさせようとする政府って、なんなんだと思う。



2−下記の最高裁判決は、納得しがたいところです。別に神奈川県民だからでも、またそんな税金の仕事を少ししたことがあるからでもなく。
******
神奈川県が独自に設けた臨時特例企業税は違法だとして、いすゞ自動車(東京)が納税した19億円余の返還を県に求めた訴訟。最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は3月21日、県側勝訴の2審判決を破棄し、企業税を違法、無効とする判決。法人事業税の減収を補うため、2001年に時限的に導入。資本金5億円以上で、単年度が黒字でも過去の損失を繰り越し控除して法人事業税を負担していない大企業を対象に課税。
原告側は「地方税法で認められた繰り越し控除分に課税するもので違法だ」などと訴え。1審・横浜地裁は08年、企業税は地方税法の規定に違反するとしたが、2審・東京高裁は10年、「企業税は法人事業税とは別の税目として成り立つ」と判断していた。(読売新聞から抄本)
神奈川県は、この税金を徴収したおよそ1700社に対して、利息分も含めて、635億円余りを返還する。
*****


この最高裁判決、法人県民税ならば、その趣旨からして仕方がないとも思えるんです。

法人税とか、県民税の所得課税部分は、所得を上げたことに対する応益課税としてあるのだから、利益が上がっていなければ仕方がないと。そして過去5年以内の欠損があれば、今年の利益があっても引き算しても、それは趣旨に合うから良いかな、とも思う。

ですが、うーん、事業税まで過去の損失を繰り越していいのかな、税目の趣旨に合わないようにもともと思うんです。事業を営む際には、公の施設や公的サービスの利益を得ているから課税されるというのが「事業税」だったはず。個人事業税も同様の趣旨のものです。たとえば、事業の上でいろいろいな公務員の力を借り、警察問題があれば県警の世話になり、県道を使い、とね。

だからもともと法人事業税で過去の損失をそこまで広く考慮するというのがもともと分からないものです。しかしそれを変えるには法律の変更が必要だと、だが、どうにも理解できないとき、県としての特色を強調しつつ「臨時特別企業税」を条例を作ってもいいではないか、と。

うーん、租税法律主義が憲法の要請だけれども、憲法上は地方自治も強く保障されるべきものとして設定されている。つまり県が税金を徴収できるのは法律でそうなっているからでなく、地方自治体も課税自主権に基づいているのだと。県条例での主体性をもっともっと許容して良いように思うんだ。

東京高裁は偉かった。平成22年5月21日判決は、裁判長が大橋寛明、裁判官が佐久間政和と見米正氏です。
最高裁は中央集権が好きだからなあ、なんて感想をもちます。
最高裁第1小法廷は、白木勇が裁判長も裁判官が金築誠志、白木勇、山浦善樹、横田尤孝と桜井龍子氏です。
8

2013/3/20

命日、二ノ宮君から削除要請あり  カルト・宗教・犯罪

今日は6人の命日、明日2人の命日です。丸18年−地下鉄サリン事件のことです。命日の一覧は下記のところです。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/meibo.html


で、現役さん状況は昨日の2チャンネル紹介をご参照に。
そしてオウム集団(アレフ)の二ノ宮君から、ここの3月1日付記事につき、削除要請があったことを報告しておきます。
何ともまあ、です。

以前にもどこかの団体の人から、何かで削除要請が来ていて対応した記憶がありますが、今回は二ノ宮君から来ました。サーバー?からは、申出内容を記載してあるメール連絡を転載することは「避けられたい」とあるので、回答だけをアップします。

3月6日に申出があったとのメールが3月7日にあり(住所名前などは消されていますが)、3月10日に返答した内容です。

********
貴社ますますご清栄のことと存じます。
日頃から、プログの場所を使わせていただき、ありがとうございます。
また、いつもお世話になります。

下記の連絡をいただきました。

「プライバシー侵害、名誉毀損」との主張ですが、

1−この書類送検は事実であり、

2−その被疑者が二ノ宮氏本人であることも間違いないところであり、

3−彼のものとして容疑内容を内容を公開することは、団体規制法の適用も受けている破壊的カルト集団オウム真理教(アレフ)の問題の解決にあたり、必要かつ公益性、公共性に大いに添うものです。

アレフ幹部である同人が、たまたまマスメディアが名前を出していないからといって匿名にされる権利が全うされるものだと考えるのは、まさにお門違いです。

以上から、指摘されている記載は、なんら刑事上も、民事上も違法性のないものです。

自信をもってそう考えます。

よって、送信防止措置を講じることなど、なされないようここに強く要請します。

2013年3月10日夜

草々−弁護士滝本太郎

"teacup.事務局" <****> 御中
7

2013/3/19

2チャンネルの存在意味←現役さん書き込み  カルト・宗教・犯罪

こんにちは。
しばしいろいろ忙しく、なんかパッションも湧かなくて書かなかったです。
妄想としか思えないコメントがいくつもあり、削除しました。


2チャンネルのオウム関係スレッドには、このところ、現役さんとしか思えない書き込みが出ていて、興味深いです。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363435953/

ちなみに本日、薬物事犯について書き込みを放置していたとしてほう助に問われて書類送検されていた2チャンネルの管理人(元?)の人が不起訴になったと報道されたけれど、このような点にて、まあ完全匿名、つまり仮名など設定しなければ、誰も名前が同じという2チャンネルは、それなりに存在意義があるんだろうな、と思う。

最初は、オウマーの誰かが、現役の振りをしてあおって遊んでいるのかとも思ったが、このしつこさからして、どうにも現役さんだろう、と考えます。

現役さんは「尊師には深いお考えがある」と思い、それ故にポアできる能力があるから少なくとも宗教的には善だったのだ、と思いたいんだなあ、と。その前提には「最終解脱者かどうか」という問題がある。

1−自分が信じていて、自分が教祖にポアされるだけならば本人の自由かもしれない。

2−だが、信じてもいない人の殺人を、四無量心によるポアの実践であり、正しいことなんだと言うためには、「最終解脱者」の証明をしてもらわないと。

3−だって、「最終解脱者」でなくても四無量心による実践だとして正しいとしてしまうならば、一般の殺人も、まあ哀れな信者のこちらからの殺人も、四無量心の実践だとして、正しいことになってしまうから。

4−で、現役さんとして、現役さん以外に対して、最終解脱者でないことを証明せよとか、四無量心の実践ではないというなら証拠は?なぞと言うのは、全く論理的ではないのです。
−人間は最終解脱者なぞでないことが通例であり、そうだと言うならば、言う側が証明する責任があるのだから。簡単すぎる話。
−でもそんな屁理屈をいつまでも繰り返すのがプライドであり、一貫性の原理であり、「信じるんだあ」という心からの叫びなんだろう、と。哀れに感じます。

5−ちなみに、教祖の言うこととやることの違い、言うことが変わってきている実態、生活状態からして、4のことなぞ証明されているんだけれどね。現役さんには、見る勇気、見つめ続ける勇気がないからなあ。

6−もとより、本来は最終解脱者だろうかなかろうが、殺人なぞ許されぬものだけれど、死んだ人も行き返らせる能力があると確定されるのであれば、まあ私は「なあるほど」くらいには言います。

7−で、その証明が自分の超能力であり、空中浮揚だと言ってきたのが教祖本人。

だから、あの馬鹿らしい写真だけれど、やはり
「たかが空中浮揚、されど空中浮揚」なんです。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ