2012/10/30

委員、「事故」表現に抵抗感=もんじゅ研究部会で初会合  大地震・原発・基地

委員、「事故」表現に抵抗感=もんじゅ研究部会で初会合
*********
時事通信 10月29日(月)21時13分配信
 高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)のこれまでの成果の取りまとめや、放射性廃棄物の有害度減少を目指す研究計画策定のための議論をする作業部会の初会合が29日、文部科学省で開かれた。会合では、1995年のナトリウム漏えい事故について、委員から「事故という表現に抵抗がある」との発言があった。
 作業部会では、座長に当たる主査の山名元京都大原子炉実験所教授が「事故を起こしてはいけない」と指摘。これに対して、「日本エネルギー経済研究所」戦略研究ユニット原子力グループマネージャーの村上朋子委員がナトリウム漏えい事故について、「表現に抵抗がある。何とかならないか」と表現を緩めるよう求めた。
 また、東北大金属材料研究所教授の永井康介委員は「何をどこまでしたいのか分からない。本気度がどれくらいあるのか」とこれまでの研究姿勢に疑問を投げ掛けた。 
**********


この会合のニュースは各紙で流されているけれど、上記のことについて焦点を当てたのは時事通信だけかなあ。だとすれば、他の所は感覚が鈍いと思う。時事通信、偉いっ。

そりゃ、他の新聞にあった発電能力を残すとかの方向性も大いに問題だが、その表現だけでは分かりにくいものです。このような言葉が出て来ること自体がおかしな委員会なのだ、そもそも何のための会合なのか、との疑義を如実に示すものであり、実に分かりやすいのだから。

あの大量のナトリウム漏れが事故でなくて、何が事故なんだ。各国とも高速増殖炉では熱媒体としては水ではなく、直ちに発火するナトリウムを使わざるを得ないが漏れる事故が止められないから中止となっている。まして地震大国の日本、地震の季節、危険すぎる。
もんじゅ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%85
ユーチューブ
http://www.youtube.com/watch?v=UgSV4wxXjQM
http://www.youtube.com/watch?v=Wm3yuygUXQ0
公式報告
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/old/koso/siryo/koso01/siryo07.htm


バカったれが。未だにどんな感覚で仕事をしているんだ、まったくもって。

村上朋子って、下記の経歴、著作の方なんですね。

性を問わず、事ここに至ってもおかしいことを言う人はいるものです。
−9条関係で時に「女性は平和を愛する」なんていうスローガンがあったりして、バカが、と実に思ったりします−
こんな人を委員に入れているとは、なんなんだあと。

代表著書−激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析 2010.12
単行本、266ページ、出版−エネルギーフォーラム

1990年東京大学工学部原子力工学科卒業。
1992年東京大学大学院工学系研究科原子力工学専攻修士課程修了。
2004年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了、経営学修士。
1992‐2000年日本原子力発電(株)高速炉開発部。
2000‐2002年同発電管理室主任。
2004‐2005年同廃止措置プロジェクト推進室主任。
2005‐2007年(財)日本エネルギー経済研究所産業研究ユニット主任研究員。
2007‐同戦略・産業ユニット原子力グループリーダー


****
追伸−オウム真理教事件の主犯で、1995.4.23、徐裕行受刑囚(http://ameblo.jp/jo-hiroyuki/)に刺殺された村井秀夫のホーリーネイムは「マンジュシュリー・ミトラ」だった。別名「文殊菩薩」すなわち「もんじゅ」です。まあ関係ないことだが、伝説ではない形で「もんじゅ」なんて称する事態は、怪しく危険な兆表なのかも、と感じた。
6

2012/10/30

朝日新聞社、上祐本  メディア・ネット

その1
*****
週刊朝日編集長を更迭 朝日新聞出版、橋下氏記事めぐり
 朝日新聞出版は10月26日、河畠大四・週刊朝日編集長を更迭し、同日付で社長付とする人事を決めた。当面は、尾木和晴・書籍統括を週刊朝日編集長代行兼務とする。
 同社発行の「週刊朝日」10月26日号に掲載された橋下徹・大阪市長をめぐる記事について、同社は朝日新聞社の第三者機関「報道と人権委員会」に見解を求めており、河畠編集長の更迭は、「同委員会による審議に全面的に協力するための措置」としている。関係者を含めた正式な処分は、「報道と人権委員会」の見解を踏まえて決定するという。
以上朝日新聞デジタル
*********

そう、編集長の更迭など当り前のことかと。知りたいのは

1−なんでこんな内容の佐野愼一氏の文章がクリアーして出版されたのか。
2−なんでこんなスタンスの記事−政策や組織矛盾、本人のしてきたことではなく−を出すような企画ができたのか。
近代法の原則である身分制の打破、そして個人責任の原理に反していることを朝日新聞社は知らないのか、です。

その2
以下は、上祐ブログから
*******
http://ameblo.jp/joyufumihiro/entry-11390024517.html
朝日新聞社からの私の著作の発刊が中止に:他の出版社から発刊へ
2012-10-27
 先日よりお知らせしておりました朝日新聞出版からの私の著作の発刊の件ですが、非常に残念ながら、急遽取り消しとなりました。
 理由は、朝日新聞出版社から発刊を予定していたところ、最近問題となった橋下市長に関する週刊朝日(朝日新聞出版発刊)の記事の関係者が(記事の直接の担当者ではないのですが)、私の著作の担当者でもあり、その担当者の企画が全て破棄となったためです。
*******

なるほどお、関係者ではあったのですね。売らんかな主義なのかな。
・「ああ言えば上祐」「嘘をつくのがワーク」の上祐、
・自ら一人まず振り返り自らの力で食っていくことなくオウム真理教の組織を利用して自ら「宗教事業を起こした」という上祐

そんな人の言うことを本にするなど、「売らんかな主義」かつ「三流と自覚する」出版社のみができることです。

朝日新聞社は、自ら出版しようとし、このような事態で(内部批判もそれはもともとあったのだろう、つまりはそれ以上の批判は少しでも避けるために)止めることとなった。まあ同社全体としては良かったかも。
5

2012/10/26

石原慎太郎氏  憲法・社会・官僚・人権

なんともはや、分かりやすい人すぎる、と思った。

記者の一人ぐらい質問しなかったのかな。記者の批判能力も意欲もなさすぎる。

「9月26日、石原伸晃氏が自民党総裁になっていたら、今回辞任、新党結成はしていたのですか。」

「なぜ、この時期なんですか、民主党・自民党が大いに問題だとは、以前から言っていたのに」


しょもな、以下の責任をとんと取らないままによくもまあ。
・尖閣諸島の危機なぞ、石原氏が火をつけたものを。
・オリンピックの招致活動を再度するなど、お金ばかり掛けたが、実現する筈がなく、中国などとの対立どでますます無くなっているのに
・新銀行東京とかで、税金数百億円をも無駄にしたのに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%8A%80%E8%A1%8C%E6%9D%B1%E4%BA%AC
・しょもな発言で実に多くの人の心を痛めさせたのに(ここに何度か書いた)。

******
石原都知事が辞職表明−新党、衆院選立候補の意向
 東京都の石原慎太郎知事(80)は25日、都庁で緊急記者会見を開き、都知事を辞職すると表明。近く新党を結成し、新党代表として次期衆院選で比例区から立候補する意向も。会見後、都議会議長に辞表を提出

「今日をもって都知事を辞職する。国会に復帰しようと思っている。新党を立ち上げて仲間とやっていく」「最後のご奉公。硬直した中央官僚の支配制度を変えないとダメ。役人と戦っていかないと、この国は沈んで窒息して死ぬ」と語り、憲法改正への意欲のほか、尖閣諸島に船の避難場所が必要との見解

その他に
新党結成は今日でも昨日でも明日でも、やる準備ができている
今の自民党はそんなに評価できない
選挙制度を批判。「中選挙区制に戻さないといけない」
今の憲法の合法性に疑問を提示。「新しい憲法に変えたらいい」
自らは比例での立候補を想定。「橋下君は、市長として辣腕を振るった後に出ればいい」
「(国民の生活が第一の)小沢氏と組むことはないだろう」
日本維新の会との連携に前向き
原発は、社会全体にエネルギーを供給するためのツール
******
1

2012/10/23

いろいろ  定義・知識人の責任

その1
田中慶秋法務大臣、ようやく辞任とのこと。

神奈川県が地盤ですが、私のところの選挙区ではないです。大臣、それも法務大臣と聞いてアチャー、嘘だろうっ、とかなり多くの人が思っただろう。地元では私が聞いてきたのは悪い話ばかり。だが不思議に当選・落選をくり返していたりしていた。
野田首相は、幾ら少しの間の大臣?でも、何も調べなかったのか、又はなんとかなると思ったのか。旧民社党系に逆らえなかったのかなあ。

その2
田中真紀子文部科学省大臣、なんとも。

で、閣内不統一はおいおいしていくだろうことは確実として、笑い話がiPS細胞の田中教授への、「洗濯機の贈呈」だと。大臣らがお金を出し合うのだと。だいたい、洗濯機の修理中にノーベル賞授与の連絡があったなんていうのも、関西らしいジョークかもしれないし、直ったのならば「もったいない」ではないか、と。何にしても失礼だろうと。
ジョークにジョークで返したと思えばいいのか、そうとは思えず。

ナサケナイ内閣なんだろうと

その3
橋下大阪市長についての週刊朝日、佐野真一氏文章の騒動


そもそもが
*******
「敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格」の秘密を知るために、「橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげ」る。タイトルは「ハシシタ 奴の本性」、橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶりだす」だと。
*******

実に下品です。

出身地名を書き、そこが被差別部落だったとか書いてある。その他親族に暴力団云々とかですか。なんともまあ。若い記者が書いたのかなあ。1970年代の「部落地名総鑑糾弾闘争」とかを知らなかったんだろうな、と思う。下記です。
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/siryou/sabetu_jiken/cimeisoukan.html

それにしても、デスクとか編集長とかいるのでしょう?それらの人も50歳以下あたりで、東日本出身だったとかすれば碌に知らないのかもしれないが、そんなことでよくメディアの上部に居られるな、と不思議に過ぎます。レベルが低すぎる。

佐野真一氏の対応は下記の通り。
******
連載開始にあたり「オレの身元調査までするのか。橋下はそう言って、自分に刃向かう者と見るや生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。そして、いつもの通りツイッターで口汚い言葉を連発しながら、聞き分けのない幼児のようにわめき散らすかもしれない」と言ったいたところ、「記事は『週刊朝日』との共同作品であり、すべての対応は『週刊朝日』側に任せています」「記事中で同和地区を特定したことなど、配慮を欠く部分があったことについては遺憾の意を表します」とコメント。
******


人権感覚に疎すぎる、というかバカじゃないの、です。信じがたい。


佐野真一氏についてどこかで読んだなあ、と思ったら、下記の「青沼陽一郎」さんの2012.2のところだった。
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/
http://aonumazezehihi.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
なんとこれも週刊朝日が関わっていることなんですね。しょもな。
今回もいろいろと裏話があるのだろうなあ。


ジャーナリストにも色々いる。それは著名かどうかとは必ずしも関係がない。
(例えば森達也氏ってなんか著名になってきたようだけれど、彼については映画「A」の頃から、その問題点を知っている。ここにも何度も書いた。それを大いに使ってるのが朝日系列だなあ。そして佐野氏と森達也氏は、ともに集英社の開高健ノンフィクション賞の選者ですね。親しいのかなあ。何とも、と思う。)http://www.shueisha.co.jp/shuppan4syo/kaikou/index.html

オウム事件当時、教祖松本智津夫について、しょもない嘘を言っていたと聞く学者さん(値しないけれど)がいた。(森達也氏は今度は、何度も書いているように「A3」で水俣病説とかにおわしてい手、実にしょもな、のことも何回か書いた)で、もともと被差別部落出身説とか言っていた学者さんの方は、決して文書には書かず、公には言わずにいる。それはさらに実にずるく汚い。だけれど、そんなやり方が当たり前ではある。実にずるいんですけれどね。

佐野氏は、または、そんな情報や確認が、部落解放同盟からされた??ので書いてもいいと思った、などと言うことでもあるのかなぁ。確かに同和行政のゆがみを直していく姿勢の橋下市長ということなのであり?、一方で同盟からは、今回佐野氏や週刊朝日に対して批判の声が聞こえないです、信じがたいこと。

「出自」とか、生育環境とかを、人の批判のために書くのは、何をどう書いたってレッテル付であって、実に恥ずかしいことです。

それは、人は生まれながらにして、また親や先祖の人の立場、生育環境自体で、差別されても場合によってはいいんだ、と言う発想の裏返しです。


そんなことを許していては、親が重い事件の犯罪者であったり、親族らに犯罪や社会的不利な立場にいたこと、それらのために障害や問題が多大にある環境に育っている人、育ってきた人が絶望に陥ってしまうではないか、と。酷いもんだ

朝日新聞は、ネトウヨ程度以下のことをしたのです。少なくとも週刊朝日編集長の辞任は当り前だろうし、佐野愼一氏は筆を折るほどのことなんだが。

橋下市長は今、「謝り方を知らない」なぞと更に言っている。
そりゃ次の号で謝罪文を書いてある週刊朝日を送るだけ、と言うのは酷いが、それ以上言うのは、どうかなあ、と思う。
関西の弁護士さんはそんな感じのやり方もあるのかもしれないが、それこそ暴力団的なやり方と、社会からは思われてしまいますよ。
「謝罪せよ」「謝り方を知らない」「謝っただけで済むのか」と言って、自分に就いて書かなくさせていく、翼賛体制に持っていく、とかね。

週刊朝日らとしては、橋下氏の記者会見の席に行き、土下座でもしてしまい、「ここまでさせる橋下」というイメージ付けでもするのがいいのかも。まあそんな芸当ができる組織ではないだろうけれど。

マスメディアは、そんな「出自」とかではなく、憲法改正が必要なものと必要でないものをも乱雑に並べてある「なんとか八策」とか、更にこれまで橋下さんがしてきたこと全体それから「日本維新」という政党のメチャクチャぶりを、ちゃんと取材・研究・分析して書いて欲しいです。

なかなか面白い記事にはできないだろうけれど、そこをなんとかするのが腕というもの。
9

2012/10/19

ヰタ・セクスアリスだったか  日常のこと

http://sinzinrui.blog.fc2.com/blog-entry-1918.html

上記は西村さんブログ
なるほどぉ、エマニエル夫人役の人が亡くなったとのこと。
60歳、うーん、若いなあ。私と5歳しか違わなかったんだ。

今の若い男、かわいそうだなぁ、実に。
昔は、かなり長い間、憧れというかチラリズムというか
ヰタ・セクスアリスとか言うのだったか、
そんな期間があり、後に懐かしむこともできるものなんですが。
3

2012/10/16

サッカー  日常のこと

うう、

ブラジル強いねえ。ネイマール、カカだけではないよお。力量が違うなあ。
フランス戦は『勝っちゃった』だけだったのかなあ。

ニッボン、チャチャチャとやりたいなあ。
1

2012/10/16

まともなサイバー警察、サイバー軍隊を  メディア・ネット

まともなサイバーポリス、サイバーフォースを。

*******
 遠隔操作型ウイルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれるなどした事件で、TBSなどに届いた犯行声明とみられるメールには、4都府県警が捜査している7事件のほか、5件の脅迫メールを送ったなどと記され
 三重県警の事件でパソコンに残されていたウイルスについて「わざと消さず、警察がどう出るか試した」と
 犯行声明とみられるメールはTBSのほか、9日に東京弁護士会に所属する落合洋司弁護士にも。
 メールでは、大阪府警、三重、神奈川県警、警視庁が既に捜査している7事件のほか、「皇居ランナーを無差別殺人」や「コミケで大量殺人」など5件の脅迫メールなども。
(2012年10月16日11時05分 読売新聞−一部の要旨)
*******


今回のこと、大変なことです。

第1に、逮捕した被疑者に自白までさせた警察・検察までいたと。未だに様々な方法で「虚偽自白」を言わせていることが如実に示された。
 電車内痴漢事件でも、刑罰が軽く身柄を解放されたいから虚偽自白があり得るものです。

第2に、IPアドレスのみでの逮捕状発布はこれから先できないということ。まあこの時代であるのにその程度のことで逮捕状が出るともすごい話なんだが。
 でもまあ、これから捜索許可状は出てもいいと思う。それでもこれから先、逮捕状をまったく出せないこととなった。自白取得に頼るのは辞めるべきだから良いことではある。

第3に、警察がこの被疑者を逮捕できず、どの機関も対応できない場合−どう見ても日本に在住する日本人でして−日本の能力の無さを如実に示すのであり、サイバー戦争では負けるということ。


 そもそもが、昨年だったか警視庁のイスラム組織関係情報の漏えい事件でさえ、未だ犯人が捕まっていない。大きな問題です。もちろん、尖閣諸島問題に関して官公庁のホームページがあれだけ代えられても、とんと捜査が進まない状況。

 こんなことでは、ホームページ書き換えどころか、通信、金融、電気、水道、衛星、更に兵器制御システムなどへの侵入も容易にされてしまうのではないか、と心配する。

 ああ、思いだせば、10年近くも前の私の告訴事件も、とうとう犯人は捕まらないままだった。当時、数千通のメール爆弾や当時管理していた「小うるさおじちゃん掲示板」への嫌がらせ書き込みがあり(当時、私はいずれも1つずつの削除方法しか知らず大変でした)、まあ私の弁護士業務の一環なので、威力業務妨害罪で告訴したものです。
 状況からしてオウム真理教関係者だと思われたこともあるのだろう、正式に受理されて警察は発信元を探っていった。ICPOへの照会の了解書とかいうのまで書かされて調べていったが、相手国のその前の相手国の協力がなんか無かったみたいで、結局、時効切れ扱いとなった記憶です。


 つまり、プロクシとかいうのですか、その知識自体は警察ももちろん持っているが、その対応は、まあ当時はお手あげの実態だと。
 そんな状況が、今も変わらないのかな。
 サイバーポリスとかできたが、エッチサイト探しをしてそのサーバーから情報提供してもらい、逮捕するだけが仕事なんだろうか。
 どうなってしまうのだろうか。


 「サイバーフォース=サイバー軍隊」を本気で作っていくべきだと確信します。日本は遅すぎる、と。
 独自ウィルスまで作ったこの犯人に対しては、警察長長官、検事総長、最高裁長官そして総理大臣の連名で「今回に限り逮捕も絶対にせず、起訴をせず、有罪にもしないから、日本のサイバー防衛のために協力すべくどうか出頭してください」とするのが、冗談ではなく本気で正しいと思う。ハッカーをもっとしっかりと集めるべき、陸上自衛隊の半分程度の予算は割くべし。高給優遇にて。

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ