2012/9/11

9.11は、自殺予防デー、なんだぁ。  日常のこと

9.11は、自殺予防デーなんだぁ。

なんとも。
********
10日午後4時45分頃、松下郵政改革・金融相(73)が東京都江東区の自宅マンションで首をつっているのを、外出先から帰宅した妻が発見
 松下金融相は港区の病院に搬送されたが、死亡が確認された。関係者によると、自宅からは野田首相、官房長官、妻宛ての遺書が見つかったという。
********


多分、色々な事が重なったのだろう。週刊新潮で何か報道とかも言われているが、忙しさ、選挙のこと、そして初老性ないし老人性の鬱病のような人の状態は、時に見かけるものでもあります。

5−60代の、初老性の鬱病みたいな人もかなりいるように思う。

この世代から上は、まあ人生の責任は果たしてきたからそろそろいいかな、なんて思うこともあるのだろう。そして、ふっと死の誘惑に負けてしまう、と。

臓器移植のカードは書いてあるかな、発見しやすいかな、早めに上手に発見してもらわないと、なんて気にしながらね。

そんな自らの自殺の防止にこそ、この年齢以降は、ますます生きがいを求めて、あちこち活動したり、責任をもつ立場になったりしているのでは、なんて思うこともある。

年をとると「名誉欲」なんて私は昔、言っていたけれど、それだけでしているのではないんだな、とこの頃分かってきた気もする。

自分は、自殺は人間の一つの権利でもある、なんて考えもしはするのだけれど、なんかなあ、大自然の理に反しているようにも思うし、人に迷惑と心理的苦痛をやたら与えるし、他の人に心理的に伝染するもの。

だから、やはり権利ではないよな。
自分では死なないのが「命を使う」という意味でもあるんだろうし。


少し考えた詩です
*******

今日はまだ生きていて下さい。

今日一日をやり過ごすこと、

「仮病」を使い、伏せったままでもいいのかも。

実際、そんなことを考える病気なのかもしれないし

そりゃ、嫌なことや恥ずかしいことあるかもしれない

それでも今日一日をやりすごすこと

厄介そうならば、まだこの先も大変そうならば、仕事も何も辞めてしまうこと

人は、思うほど自分に関心を持っていないし

迷惑をかけあって生きていくものなんだろうし。

とりあえず今日はズルして休んでも、いいんじゃないかな。


********

こんな歌♪もあった。

*****
ガイコツが真面目な顔してこう言った

どうせみんな、みんなくたばって

おいらみたいになっちまうんだから

せめて命のある間

つまらぬことにウロウロしないで大事に大事に使っておくれよ

一度しかない、おまはんの命

*******、
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ