2011/7/8

県知事、野党やマス・メディア、評論家―自分の見解は?  大地震・原発・基地


定期点検中の原発についてのストレステストのこと、

そりゃ、菅首相の進め方は酷いものです。海江田大臣が再開を求めたのに同意しておいて、今度はストレステストをしてから、だと。

はしごを外された海江田大臣は、可哀想、という気にもなろう、と。菅首相の批判は、その方法について強くなるのは当然だろう、と。

だがね、そもそもが安全にかかわることなんだ。

原発のある各県の知事も、野党も、「政府の方針が定まらないと」なんて言っておらず、自分の見解・方針を述べたらどうなんだ、と思う。

マスメディアや評論家も同じさあ。


自治体によっては、過去、首長により住民投票などまでして、原発を建設させなかった所も、いくつもある。
それらは、首長がしっかりと、自分の方針・見解をもったからです。

福島第一原発事故という事態の後の今、
ストレステストをしないまま、当面の対策もつまりは済んでいないままなのに
・国が再開すべし、と言ったならば自分が考えずに再開するのかい?
・国が再開するな、と言ったならば自分で考えもせずに、再開させないのかい?
−批判だけなら、実に簡単だね


県民の生命・健康を守るのは、首長の責任でもないのかい?
野党にはその責任はないのかい?
(正しくは、社民党と共産党は見解を示しており、自民党さん外に対してです)

マスメディアも評論家も、批判だけしていればいいというものなのかい?
そんなの、本来の重要論点ではないでしょうが、
と根本的な批判をします。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ