2011/2/23

絶対的権力  外国・外交


「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対的に腐敗する」

という言葉を思い出すなあ。
これ、高校の時に先生から教わった言葉、だれか学者さんの言葉だろうけれど。

チェニジアの倒された絶対者の生活−1兆円相当?やたら凄い靴などなど−をみると。
また、どこの国でも、自分の家族・親族を優先させ、国家予算と自分の財産とを混同しているのをみると。

リビアのカダフィ大佐とか、その他これから倒れていくだろう絶対者も同様だろう。

若い方は知らないかと思うが、それ以前も
・フィリピンのイメルダの靴だったか
・ルーマニアのチャウチャスク夫婦のやたら贅沢だったか
・インドネシアのスハルトだったか、スカルノだったか
・毛沢東も晩年かなり贅沢をしていたのではなかったかしら、女性関係でも。
まあ、証言がいくつもある
・北朝鮮の金王朝
・統一協会の文鮮明一家
などもそう。

過去の豊臣秀吉そのた、日本や世界の歴史に大いにあろう。

ああ、オウムの麻原一家など、本人が目がほとんど見えなかったことも影響しているのだろうが、贅沢など知れたものでした。信者と異なって、良いホテルや、ファミリーレストラン、遊園地といった程度。彼の場合は、むしろ社会の破壊、他人の幸福の破壊自体を目指していたから怖かった。

権力者には
「死ぬとき持っていけるのは6文銭だけ」とか
「立って半畳、寝て一畳」
といった老子の思想というか

「この世は幻」
といった仏教の思想?は、その意味では必要なんだがなあ。

なお、その意味では、やたら贅沢とか、親族家族優先などをしていない権力者は、まずは絶対的な権力者にはなっていないもの、と言う推定が働くものではあろう。

その観点からは、日本の天皇制は、昔から象徴的な地位の趣きが強く、だからこそ長く維持されてきたのだろう、と思う。
大日本帝国憲法下の制度こそが伝統に反している、ということを、右翼の人こそ分かってほしいものです。
京都に帰ってもらえばいいものを。
「君が代」の、「キ」を「タ」に変えればいいものを。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ