2010/9/14

ピエロと『水に落ちた犬は棒で叩け』  憲法・社会・官僚・人権

>民主党代表選は14日、菅直人再選
>任期は2012年9月末まで。
>総数1222ポイントのうち、菅氏が721ポイント(国会議員412ポイント、地方議員60ポイント、党員・サポーター249ポイント)、小沢氏が491ポイント(国会議員400ポイント、地方議員40ポイント、党員・サポーター51ポイント)

とのこと。党員・サポーター票での差が最も大きかったですね。
先に述べたとおり、これで正しかったと思う。

今、菅代表にあって、「水に落ちた犬は棒でたたけ」ができるかどうかが課題。

これで小沢氏は自滅していこうからほおっておこう、それで民主党分裂を止められるかも、なんていう考えもあろう。

だが、それは甘い、と。今、「水に落ちた犬は棒でたたけ」を徹底することが大切だと思う。つまり、一応、握手はしても、実際は、

1−山岡氏を初め小沢氏周辺で派手な動きをした人はまともな人事につけず
2−その周辺の一部の人は忠誠を誓わせて、取り立てる。
3−もちろん小沢氏は無役にする。

そもそも
1−3か月前に幹事長を辞任したばかりの小沢さん
2−わずか3か月前に、菅氏は、議員一致で選任された
(訂正−樽床伸二さんという人が出て、129票をとり、菅氏291票だったのでした、まあ形式的な選挙だと感じましたが、訂正)
3−今のところ、理想的ではなくても明白な失政が無い菅政権

それなのに選挙、それも小沢さんを持ちだすなど、政治家としてそもそも失格です。小沢さんと周辺がした「遅れて来た青年」の権力闘争でしかなかったものです。

小沢さんが言う政策内容も、現実に与党であることを無視したものばかりでした。経緯と責任を無視した普天間基地解決での大言壮語しかり。高速道路・新幹線まで言い出した日には、田中派の時への先祖帰りだと感じました。
「目的のためには手段を選ばず」そのままの大言壮語でした。そんなことで、国民・サポーターが騙されるとでも思ったのだろうか、不思議。

今、徹底して「棒で叩く」ことが必要。

それにより分裂する危険性はあろう、だが、大義は尚更になく、出ていくのは一部にとどまろう。

そして、その場合は、尚更に自民党の中に手をつっ込むことがしやくすくなる。
菅さんらと一緒に動いて欲しい自民党議員も、そして一緒にやりたい議員らも、何人もいるだろうから。これから10年、いや5年の政策傾向の共通点ということで、他当の議員の一人ひとりをよく見てみるべし、と。

今、小沢さんを棒で叩くこと、自民党に手を突っ込むことの2つが、できるかどうかが大切な所だと考える。
菅さん、できるだろうか。するだろうか。


********
それにしても、鳩山さん、酷いものでした。相応の政治生命は終わった、と言うべきでしょう。

1−3か月前に、首相を引責辞任したばかり。なんて調整役をしていい立場、できる立場だと考えたのだろうか。
2−民主党は自分が作ったみたいな言い方、ひどいものだ。お金を出したとしても、集まる人の一人ひとりが作ったものです。
3−小沢さんが昨年の衆議院選勝利をもたらし、自分を首相にしてくれた、それを大義として小沢さんを支持するとか言っていた。酷いものだ、これは大義ではなく「恩義」という。実に恥ずかしい。鳩山さんを首相にしたのは、民主党に投票した人一人ひとりなんですよ。

鳩山さんには、
・全くもって国民目線などなかったこと、
・言って良いことといけないことの区別ができない人であること
を、改めて証明してしまったのです。

金銭で持って今後とも権力を動かそうとするかもしれないが、ずてに親からの贈与の問題でケチをつけられており、政党交付金制度がある今日、影響力には限度がある。所詮少数派にとどまるものかと。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ