2010/9/22

ギェー**検事の証拠捏造事件**  憲法・社会・官僚・人権

ギェー**検事の証拠捏造事件**

弁護士としては、検察側が証拠隠しをすることはある、と思っている。先例としては、松川事件における諏訪メモです。これを隠していることが分かり後に出て、逆転無罪となった。
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/saics/matukawa_jiken.html

また警察が、証拠を捏造、またはない所から作成することはあると思っている。血痕や、発見日時などなど。いくつもの冤罪事件で、最終的に裁判所が認定している。

だがなあ、検察官がここまでしたのは初めてでないかなあ。
「隠滅」という罪名だろうけれど、「証拠捏造事件」と書くべきです。
「誤って書き換え」の筈がないではないか。捜査段階の日付ならば格別。
−ちなみに、これを法廷には出さなかったというのは、もっと早くの段階で公判検事らは、実態を知っていたということなんだろう、と推測する−

と書いたら、当たってた。というか、大阪地検の特捜部長も検事正も知っていたと推測できる。

(同僚検事「改ざん」指摘しトラブル…不問に付す
公判を担当する公判部などで問題になった。前田容疑者は、特捜部の大坪弘道部長(現・京都地検次席検事)らに「故意ではないが、自分がFDを操作した可能性がある」と報告した。小林敬検事正に「(前田容疑者に対し)データを変えた可能性があると別の検事が指摘し、トラブルになったが、大丈夫だ」と伝えたという。(2010年9月22日14時35分 読売新聞)


文書の更新日付の調整なんて、私とてもできないです。
更新したら、今日の日時が入ってい―しまうのではないか、と思ったが、そうならない方法もあるんですね。なんかソフトを落とせばできるみたいだけれど、それをダウンロードしたのか。

うーん、写真については、夫婦の暴力問題で、アザを写した写真の日付が偽りだと主張し、実質認められたことがありましたです。あれは携帯電話の日時設定を変えれば昔の日時で撮れる。自分の写真を昔の日付で撮影して弾劾証拠として提出したものです。

*******
証拠隠滅容疑で大阪地検特捜部主任検事を逮捕−産経新聞 9月21日(火)21時4分配信
偽の証明書が発行された郵便不正事件
押収したフロッピーディスク(FD)を改竄(かいざん)していた疑い
最高検は21日夜、大阪地検特捜部検事で、この事件の主任を務めた前田恒彦容疑者(43)を逮捕
FDの最終更新日時。当初の「2004年6月1日」から、検察側主張に沿う「6月8日」に書き換え
前田容疑者は20日の事情聴取に「誤って書き換えてしまった」と
*****
2

2010/9/21

2題−「障害者の踏切事故」「算定方法に興味  日常のこと

2題−「障害者の踏切事故」「算定方法に興味

東京府中でしたか、またお年寄りの踏切事故があったとのこと。

飛び込み自殺とかは自殺問題として止められなかったかの思いはあるが、迷惑至極
自動車の事故なぞ、運転方法などのひどさという外ないが、

このような事故がまだ、起こるんですね、なんとひどく悲しい話だ。

で、http://ncc1701.jugem.jp/?eid=4171の方によれば、
【 フジテレビ 】
 フジテレビのニュースでは、この踏切で過去2度の死亡事故が起きたことを受けて、電鉄会社が改善措置を取っていたことを報じたうえで、『死亡した女性が携帯電話を取り出して時間を見ていた』と伝えた。インタビューを受けたご高齢の男性が、女性が渡りきれなかったことを「信じられない」と答える映像も流されたので、必ずしも踏切の構造が事故の原因ではないという印象
【 TBS 】
 TBSでは、踏切が20メートル以上あること、カーブのせいで運転士からの視界が踏切に届かないことを報じたうえで、娘さんらしいご婦人に手を引かれて踏切を渡っていた高齢の女性が「一人では困っちゃう」と語り、また、被害者の知り合いの方が「女性は足が悪かった」ともお話しされていて、踏切が高齢者が渡りきれない構造であることを仄めかす内容

とのこと、なんとも。
フジテレビの報道は歪んでいると思うな。年をとれば、前後の危険性を忘れ、そんなことをしてもおかしくない。そもそも異様な形の、それも実に長い踏切。過去数年に2回もの同様の事故があったということは、実に大変なことなんですから。

ちなみに、
>ハインリッヒの法則 (ハインリッヒのほうそく、Heinrich's law) は、労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

3回の事故の裏には、87回の実に危ないことがあり、900回のヒヤリがあっただろうなあ、と。

ちなみに、
>秋の全国交通安全運動と同じ9月21日から30日までの間、全国踏切事故防止旬間

テレビ報道では、ハインリッヒの法則も、全国踏切事故防止旬間も出ていなかったのではなかろうか。深みがない。

国鉄の分割民営化の労働事件の関係で、知ったことでは、危ない踏切には、それ以前は、人の配置が要請された。それが次々となくなっていった。今の政府方針も、基本的には、センサーその他を利用した機械化ばかり。

だがなあ、機械では対応できない事故態様もいくつもあると思う。そして
・高齢化が進んでいるんです。
・車椅子もあるんです。
・目の見えない人もいるんです。
障害者は外に出るな、というような冷たい社会としてはならないはず。バリアフリーは進めるべきもの、明日は我が身です。


危ない踏み切りには、人を配置してしたっていいだろうに、と思う。
交替で3人配置として、1か月40万円くらいかかるだろあが、したっていいだろうに。
今、若者の就職先が少ないんです。

人件費節約は、安全性にはかかわらない出改札などは分かるが、
あんな踏切で、センサーや機械だけで対応するというのが、やはりおかしいのではないかな。

*********
それから、下記のこと。
確か、精神的な障害は別として肉体的にはそう長く入院していたのではなかったのではないかしら。
PTSDなどでかなりの高額認定となったのか、そのあたりを知りたいところ。判例集に載って先例になるだろう、と。

それから島田被告側は、金額的に相当に支払うとしていたと記憶するが、どうして裁判所で和解手続とできなかったのかな、知りたい。
裁判所で改めて深々と頭を下げようとする姿勢はとっていたのかな。

民事訴訟法上の「和解」という法律用語もいけないのではないかな、「合意」がいいのではと、しばしば思うものです。実際、「単に合意したという意味でのことだから」と裁判官からも弁護士からも説明して成立することもあるんだから

>島田紳助さんらに1千万円賠償命令…女性暴行事件
>女性が島田さんらに計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁
>裁判官は島田さんと同社に計約1045万円の賠償を命じ
>2004年10月、女性に「口の利き方が悪い。上司を呼び捨てにするな」などとどなって暴力を振るい、けが
>同社も島田さんに対する使用者として責任を負う
>島田さんは同年12月に傷害罪で略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受け、全額納付
(2010年9月21日23時10分 読売新聞)
2

2010/9/18

海江田万里氏−インフレ扇動?その他  定義・知識人の責任

1−海江田さん
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/987.html#comment18949

に書き込んで下さった方もいる。
経済財政担当大臣とのこと、財務大臣ではないけれど。
なんとも。

これが、インフレ気分をかもし出し、デフレスパイラルを止めるため登用だということであるならば、なんとも面白いが。
まあ多分、小沢支持派からの登用と当選順列というだけのことなんだろうけれど。

2−新法務大臣
記者会見を夜間になって見た。死刑制度について、裁判の尊重などと言うだけであり、ハンコは押すよという趣旨なんだろうと思った。

3−ブログを見ているだけなんだが、有田さんの言いたいこと、やはり分からない。
http://sinzinrui.blog.so-net.ne.jp/archive/20100917
の9月15日前後のところ

西村新人類さんの指摘、実に面白い。
http://sinzinrui.blog.so-net.ne.jp/archive/20100917
3

2010/9/14

ピエロと『水に落ちた犬は棒で叩け』  憲法・社会・官僚・人権

>民主党代表選は14日、菅直人再選
>任期は2012年9月末まで。
>総数1222ポイントのうち、菅氏が721ポイント(国会議員412ポイント、地方議員60ポイント、党員・サポーター249ポイント)、小沢氏が491ポイント(国会議員400ポイント、地方議員40ポイント、党員・サポーター51ポイント)

とのこと。党員・サポーター票での差が最も大きかったですね。
先に述べたとおり、これで正しかったと思う。

今、菅代表にあって、「水に落ちた犬は棒でたたけ」ができるかどうかが課題。

これで小沢氏は自滅していこうからほおっておこう、それで民主党分裂を止められるかも、なんていう考えもあろう。

だが、それは甘い、と。今、「水に落ちた犬は棒でたたけ」を徹底することが大切だと思う。つまり、一応、握手はしても、実際は、

1−山岡氏を初め小沢氏周辺で派手な動きをした人はまともな人事につけず
2−その周辺の一部の人は忠誠を誓わせて、取り立てる。
3−もちろん小沢氏は無役にする。

そもそも
1−3か月前に幹事長を辞任したばかりの小沢さん
2−わずか3か月前に、菅氏は、議員一致で選任された
(訂正−樽床伸二さんという人が出て、129票をとり、菅氏291票だったのでした、まあ形式的な選挙だと感じましたが、訂正)
3−今のところ、理想的ではなくても明白な失政が無い菅政権

それなのに選挙、それも小沢さんを持ちだすなど、政治家としてそもそも失格です。小沢さんと周辺がした「遅れて来た青年」の権力闘争でしかなかったものです。

小沢さんが言う政策内容も、現実に与党であることを無視したものばかりでした。経緯と責任を無視した普天間基地解決での大言壮語しかり。高速道路・新幹線まで言い出した日には、田中派の時への先祖帰りだと感じました。
「目的のためには手段を選ばず」そのままの大言壮語でした。そんなことで、国民・サポーターが騙されるとでも思ったのだろうか、不思議。

今、徹底して「棒で叩く」ことが必要。

それにより分裂する危険性はあろう、だが、大義は尚更になく、出ていくのは一部にとどまろう。

そして、その場合は、尚更に自民党の中に手をつっ込むことがしやくすくなる。
菅さんらと一緒に動いて欲しい自民党議員も、そして一緒にやりたい議員らも、何人もいるだろうから。これから10年、いや5年の政策傾向の共通点ということで、他当の議員の一人ひとりをよく見てみるべし、と。

今、小沢さんを棒で叩くこと、自民党に手を突っ込むことの2つが、できるかどうかが大切な所だと考える。
菅さん、できるだろうか。するだろうか。


********
それにしても、鳩山さん、酷いものでした。相応の政治生命は終わった、と言うべきでしょう。

1−3か月前に、首相を引責辞任したばかり。なんて調整役をしていい立場、できる立場だと考えたのだろうか。
2−民主党は自分が作ったみたいな言い方、ひどいものだ。お金を出したとしても、集まる人の一人ひとりが作ったものです。
3−小沢さんが昨年の衆議院選勝利をもたらし、自分を首相にしてくれた、それを大義として小沢さんを支持するとか言っていた。酷いものだ、これは大義ではなく「恩義」という。実に恥ずかしい。鳩山さんを首相にしたのは、民主党に投票した人一人ひとりなんですよ。

鳩山さんには、
・全くもって国民目線などなかったこと、
・言って良いことといけないことの区別ができない人であること
を、改めて証明してしまったのです。

金銭で持って今後とも権力を動かそうとするかもしれないが、ずてに親からの贈与の問題でケチをつけられており、政党交付金制度がある今日、影響力には限度がある。所詮少数派にとどまるものかと。
8

2010/9/10

巨星墜つ−阿部三郎先生死去  日常のこと

クリックすると元のサイズで表示します 

 阿部先生が亡くなってしまった。「先生」と書くのは、私あまりしないのだが、まさに「先生」以外の表現ができない方です。巨星だった。

オウム真理教の破産管財の関係で、実にお世話になって来た。未だオウム集団からの現実的な恐怖がある中、管財人に就任して下さった。24時間警備がつき、不便でおられたが我慢して下さった。

阿部先生がいなければ、オウムに関する先例のない3つの特別法−破産だが税金などへの配当は劣後させる、否認権行使の2年時効を完成後なのに復活させる、オウム集団の財産が破産者オウム真理教から流出したと推定させる、そして国が外部被害者につき、限度があるが被害立替給付をする−など、できなかっただろう。
(なお、団体規制法は官側からの要請です)

被害者も被害対策弁護団らがんばったけれど、阿部先生の実力をもってしなければ、実現できなかっただろう。

阿部先生は、法律制定のために、先日閉鎖したばかりの旧い各議員会館の各部屋を回り、遥かに年下の、自分が指導すべき立場の議員らに説いて回って下さった。もちろん、人間関係を持つ有力議員への説得活動を、次々とした下さった。既に80歳前後となっておられたのに、実に頭が下がった。

その謦咳に何度も接することができたのこと、ありがたかった。
破産終結後、お礼でメモリアルの盾を贈呈できたのが、唯一まともにできたお礼だった。

オウムの債権者集会での、私の幾つかの、うるさい提案も受け入れてくれた。これからのオウム対策に役立つだろう。

人は必ず死ぬ、とはそのとおり。だが、もっともっと生きていて欲しかったと思う方もある。

願わくば、オウム真理教が完全に無くなるのを見届けてもらいたかった。

>8日、心不全で死去、84歳。
「お別れの会」は
>10月14日午後2時から
>東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。
5

2010/9/9

傍目八目−民主党という部分社会  憲法・社会・官僚・人権

【▽傍目八目・▼岡目八目】
意味−人の碁をわきから見ていると、打っている人より八目も先まで手が読めるということから、第三者は当事者よりも情勢が客観的によく判断できるということ。

民主党での代表選をみるに、こんな言葉を思い出した。
有田さんはどうするのだろうか。
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/

小沢一郎氏につき、首相ではまずいと判断する理由を整理してみると、
小沢さんは、「法の支配」を軽視する傾向、そして独断専行かつ「目的のためには手段を選ばない」傾向が強いからまずい、
と判断するものです。

その集団の中に入れば、その論理があり、何より対象となる問題や人物に近いことによる、全体からみれば特別事情による判断をすることになる。それは時に正しいが、時にひどく魅力ある人物だった時など、途方もない間違いを犯すことになる。

それが、政治集団でなければ、やがて尻すぼみになるだけ、内部崩壊するだけ、中での悲劇があるだけ、外に被害を与えても限度がある。
カルト問題にもそんな所がある。古代帝国富士王朝ザインとか、秋田のなんとかキリストなどなど。内部で女性が裸となって、その陰部の下を男たちが通ったり、男女関係をインターネットに出していたりしても、哀しいばかり。

だが、それが政治集団であるとき、ましてその首領が日本国総理大臣なるものであるとき、強く言う外はない。間違った判断は、国民に経済的な苦しみを与える。政治は混乱し、外交関係に障害を与え、長期的にも国益に反するのだから。

小沢さんは、端的にいえば

1−権力好きであり、「目的のためには手段を選ばない」。
その時々の権力を維持するために、政党をつくりかえ続けてきた。その折々の自分の考えを表現するために。それが剛腕の証ではあろうが、同時に筋違いのことも厭わない方、だと思う。
最近でも、昨年の中国政府首脳が来日した時の天皇の政治利用など、端的なものです。

この調子で、首相という権力を与えるのはまず過ぎる、と。

2−法の支配を軽視し、「目的のためには手段を選ばない」
内閣法制局は必要ない、とまた言われたとのこと。なんと
民主党の政調会もなくすか、また形骸化させておくのでょう。

この部局は、自民党の自衛隊扱いにつき、9条との関係で海外出兵を止めてきた、大きな力でした。テクノクラートでしかないと言われるかもしれないが、憲法以下の法秩序の下で自民党でさえ好き勝手なできないようにしてきた部局です。

後に最高裁で違憲だとか言われても、例えば戦争は既に始まっていたりするのですから、遅いものです。提出する法律が憲法に違反しているかどうかを、政府与党に物申す部局であり、必要です。

小沢さんは、カエサルになりたいのかも、と思うが、時代があまりに違うと。
法の支配を軽視するのは、混乱をもたらす。

3−自分は正しい、という唯我独尊が強すぎる。
もちろん、政治家たるもの、ある程度はこの傾向が無くてはならないものでしょう。

ですが、人の話を所詮は聞いていない傾向が強すぎる、と思う。

4−自らの責任を総括せずに「君子豹変す」を平気でできる人でしょう。

沖縄県の普天間基地問題など、自ら幹事長であった時に鳩山総理大臣がコケタものです。それが、なんと自分は関係がなかったような顔をして、ぬけぬけと、菅政権の批判材料にする、信じがたいほどです。自分の責任を認めないひとなんでしょう。

小沢氏には、実は一環した政策などないと感じる。著書では、自衛隊の海外派兵につき、国連のお墨付きがあれば出兵できる、としているが、あっと言う間に、国連のお墨付きなど関係がなくなるでしょう。君子豹変は、怖すぎる。

5−そんなことだから、周囲の残るのは結局、イエスマンばかりとななる。小沢氏のこれまでの経緯からして、肯定できることでしょう。
彼が壊し屋、混乱期の権力を作る人の限りではそれで良いだろうが、その後に政治を実際に展開していく場面では、困るんです。つまり首領としては、剛腕などある筈がない。

ところが、そんなご本人の傾向から、逆に、民主党議員の少なくない方が幻惑されるのではかなわない。

国会議員たるものは、「権力」の恐ろしさとを知っておくべきだと思う。
・中国に何百人も議員を連れて行きたがる小沢さん、
・正月には多くの議員を集めて悦に入っている小沢さん、
・地元では明らかに利益誘導により選挙地盤を固めてきた小沢さん
・多くの議員との信義など構わず排除しイエスマンばかりが結局周りにいて、権力者をつくりかえて来た小沢さん

仮に近くに行けば魅力的な人だからとて、言うことのどこが信用できるのか。
国会議員たるもの、カルト指導者に幻惑されるような素朴な頭では、困るんです。


歴史に責任を持ってほしいです。
4

2010/9/7

政権交代−変わったという実感が必要  憲法・社会・官僚・人権

変わった!という実感が必要なんだがなあ。

下記のこと、特に予算がかかるものでもないのに、未だ実現していない。
早く実現して欲しいと、つくづく思う。
そして、下記のことは、小沢さんが首相となれば、まず実現されないのではないかしら。
今はちょうど、下記が争いの中身になっている事案は扱っていないので、書きます。

1−離婚の場合の共同親権を可能とする制度の創設。

−日本では離婚には同意しているのに親権をどちらにするかで争い、それだけが理由で裁判にまでなっている事件がかなり多いです。

例えば、小さな子どもを母が看ているが、父の方で、母が看ることは了解するが親権までは駄目、という事案です。父として面接交渉できなくなるのでは、とやはり心配するから。監護者を母としつつ、父を親権者とする方法もあるが、そうすると母の方としてやはり心配となってしまいます。
この場合、監護者は母としつつ、親権は共同とできるようにすれば、離婚は直ちに成立するんです。

逆に、離婚して親権者でもなくなった父の方が、養育費を払い続けてくれるか、進学費用は払ってくれるかと心配する母も多い。面接交渉を決めても、面接しようとしない父が、少なくなくいる。調停などで決まればいいのだが、やはり親権者としては残っているということの方が、父の責任感もあろうというものだから、そんな悩みも理解できます。

共同親権とできるようにすれば、弁護士に相談するまでもなく、市役所に届け出るだけで終わる事案も多いでしょう。早く成立させてほしいものです。

2−選択夫婦別姓の制度−15歳〜20歳で姓の選択

−これ、未だに「家族の一体性」を失うから、反対。などと言う人がいる。実に弱ったものです。家族の一体性とか夫婦の偕老同穴なんていうのは、姓によって何か変わるものではないです。

やたら昔の「家制度」的な発想の人にあっては、少子化対策にもなるんだ、ということも理解してほしいです。現在では子どもが少なくなってしまっていて、姓を一緒にしなければならないとすると婚姻届出を出しにくいから結婚を控えるとか、実際ありますもん。つまり、見合いだろうが、結婚仲介業者だろうが、恋愛だろうが、「姓」のことが障害になっていて、実にもったいない。

もとより、選択式であり、同姓とするのも勿論自由です。
ちなみに、外国人と結婚するときは、同姓にならなくていいのが、現在の法律です。おかしくないかしら。憲法14条違反ではないかしらん。

それから、課題の子どもの「姓」ですが、そんなの夫婦間での毎回の自由でいいのではないか、と個人的には思います。
ただ、一律にした方が良いとする意見もあり、それならそれでも良いです。そんなところで何時までも改正できないことの方が問題だと考えるから。

ただ、どちらにしても、15歳から20歳あたりで、子どもが一度は選択できるようにすべきだろう、と。子どもの人格にかかわることなんだから。

3−18歳成年制度

−これ、弁護士の団体でも、反対する声がある。理由の
第1は、18歳から20歳までの間の未成年契約取消権がなくなり、保護に欠けるからというもの。
第2は、離婚の際の養育費設定について20歳までが18歳になってしまいやすい、というもの。
第3は、18歳で親の同意なく結婚できることとなるが、それでは福祉に欠ける、というもの。

うーん、第1については、20歳過ぎても騙される人は騙されるし、18歳と20歳でどれほど違いがあるかな、と思います。高校での消費者教育を充実させるべきだが、それが実現できるまで20歳のままとするというのは、違うんではないかい、と考えます。

第2については、実態としては、今すでに18歳の3月までとしたり、大学等行っていれば23歳までとしたりまでとしたりの調停条項となることが多いです。本来、20歳も当然ではなく子どもが20歳前に収入あれば、扶養義務もなくなるものです。特に反対する理由にならないの手はないかな。

第3は、親の同意もなく結婚したがる18歳であれば、今やほっといても同居してしまう、と。子どももできてしまう、と。
そんなありふれた実態をみるとき、むしろ親が反対しても、結婚できるようにしておいた方が本人(特に赤ん坊を生む女性)の保護になると思うんです。

だから、18歳成人にすることに賛成です。早くに改正していいはず。

4−夫婦間の契約取消権

−これ、意外に知られていない。夫婦間の契約は取消自由なんです。もちろん、解釈上は、実質的にも夫婦であり続けた場合なんだが、これが微妙な判断です。だから、取消しにより利益を得る側は取消した、と言い、不利な側はまだ夫婦の実態があったなどという、なんか消耗な争いをするんです。

もともとは、夫婦間では、圧力が多くあったりするから弱者を保護しなければならない〜、後に取り消しできるとしたというのだけれど、今やかなり平等になってきています。一律に取消自由と言うのではなく、民法の一般原則で、強迫や詐欺その他の取消権があればいいのではないか、と思うんです。

むしろ、事業家夫婦だったりすると、実際に契約関係を締結しなければならないことがある。会社の運営や売買などね。それなのにこの制度があると、取引先が後に「夫婦間の取消権があるから不安」という第三者がいたりして、むしろ社会で障害になっていると思うんです。無くなすべきではないかなあ。、

5−婚姻年齢の平等化−18歳か16歳か

−憲法14条からして平等にすべきでしょう。平均寿命は男の方が短いのだし、女の方は早くていいという合理性はない。で、18歳か16歳か、悩みますね。

16歳程度で子どもを産む女性も多いことは昔からのことです。だから女性も18歳にするなどは、現実にそぐわずむしろその保護に欠ける、と。18歳説なんて、現実を見ないものです。とすると男も16歳にするか、なんです、実態は。

私は、実際それで良いと思います。
というのは、一度だけだけれど、17歳なので結婚できない、だから中絶を求める、養育費など尚更支払わない、として逃げ回った若い男やその親と交渉したことがあります。18歳未満でも認知できるのは当然ですが、結婚年齢になっていないとして、尚更に無責任な男やその親も現実にいるのです。弁護士の所まで来ていないままの、そんな事例は多くあるのではないかしら。

だから、16歳でいいのではないか、と思う。

で、大切なことは、「婚姻による成人擬制」というのがあるのだけれど、16歳で成人擬制はやはり早すぎるから、この成人擬制という制度自体を無くすべきではないか、18歳までは、まあ若い祖父母の責任をもたせるべきでは、と考えるんです。

草々
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ