2010/8/29

キューバ  外国・外交

キューバは、どうなっていくのかな。

>米、教育関係者などのキューバ渡航制限緩和へ
>対象は教育機関、宗教、文化団体の関係者。人的交流の促進でキューバの民主化を促す狙い
>キューバに家族を持つキューバ系米国人の渡航や送金に関する規制を原則撤廃する措置を取ってきた。
>高等教育機関の関係者は最長2年間のキューバ滞在が可能
>キューバへの直行便が発着する米空港の数も増える
>キューバ政府は今年7月、2003年に拘束した政治犯52人の釈放を決め

>キューバ、たばこ配給停止「必需品ではない」
>経済の低迷が続くキューバは9月から、たばこの配給制度を停止する。
>同国政府が28日までに、「優先度の高い必需品ではない」として決定
>財政難克服のため、生活用品の配給制度を段階的に見直す方針
>55歳以上のキューバ国民は月4箱(計80本)のたばこを6・5ペソ(約24円)で購入できる
>手帳なしで買う場合は1箱でも7ペソ
>転売して利ざやを稼ぎ生活費に充てる人も少なくない
>最近、ジャガイモなども配給品目から除外された
>国民生活は一層厳しくなりそうだ。(2010年8月29日09時58分 読売新聞)

ご存知、カリブ海にある社会主義国
唯一、まともだとも思われた社会会主義国だったのだが。

「シッコ」だったか、医療保険にかかる米国のひどさを著わす映画の中で
キューバの制度の有意性もでていて、
米国の最貧層にとってみれば、大変素敵ということになるのだろうが、
その医療レベルは心配のものでもある。
あれは、米国で、政府のまともな医療保険制度がないこと自体が問題なのであり
カナダや日本と比較すれば済むはずのことでした。

だが、人間の嗜好品であるタバコを、まったく提供できなくなっているようでは、崩壊が近いものです。
米国からのアメとムチ政策もあるのだろうが、もともといつまでもつものではない、と。

計画経済−すなわち、国民の欲望を国家があからさまに調整するというシステムは
それ自体が、人間の本性に反していると考えるから。


なにごとにも、メリットとデメリットがある。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ