2010/7/23

FX・先物と、賭博罪  メディア・ネット

どもっ。
********
第23章 賭博及び富くじに関する罪
(賭博)
第185条
賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第186条
常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2  賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
(富くじ発売等)
第187条
富くじを発売した者は、二年以下の懲役又は百五十万円以下の罰金に処する。
2  富くじ発売の取次ぎをした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。

**********

FXとか、証拠金での外為取引とか、実にまったくメディアが宣伝している。テレビでは実に1秒以下の注意はあるが、なんか夢みたいな内容の宣伝。新聞やそのサイトでそう宣伝している。危険性は書いてあるが、まあ夢を多く描いている。

だがなあ、そもそも不思議なんです。仮に危険が十分に書いてあっても、これは「賭博」でしょうが。なんでそんなの販売・宣伝していいの?と

なんかFXって、400倍まであるとのこと、凄過ぎる。
400倍ので契約すれば、100万円で4億円の取引ができる。つまり400分の1=0.25%価格が上がれば、200万円になると。
逆に、0.25%下げれば100万円はなくなる、と。1%下がればあと300万円出さなければいけない、と。10%下がれば、4300万円を出さなければならない、と。

弁護士として多く闘ってきた先物取引なぞでも(現物と言う先物もあったりしてね)、10倍程度が多かった。それでも次々と追加証拠金を求められ、損失を被った人が多い。

そしてもちろん、それら売り買いには、相応の手数料がかかかると。証拠金を超えた手数料となっていたりして、仲介業者だけは損をしない。凄い話。

信じがたいことなんです。手元にないお金で賭博をするんですから。

合法なパチンコ、宝くじ、競馬、競輪、競艇にしても、違法な丁半博打、ポーカーゲームなどにしても、スッカラカンになることがあっても、100万円で1000万円とか、4億円の取引などできない。
そりゃ、その挙句に借金漬けになることはあっても、そうは借りまくれない。まあ最大年収の10倍程度までを、数年以上かかってつくっていくくらい。それでも職を失ったり、横領事件の発端となったり、自殺、一家離散などの悲劇が多くある。ギャンブルだからね。

で、これまでも酷いものだったんです。大会社やマスメディア。ギャンブルとまで言わないが、一時払い養老保険や投資信託なぞ、損失を多くの国民に与え続けているのに、知らない振りであり、報道もない。大切な広告主だからかな。

国民の中には、生命保険の満期金が予定通りに来るものと思っていたりする人もいる。それは幾らなんでも知らなさすぎ、と言いたいが、「確実」みたいなことを大手の生命保険会社の人や勧誘銀行が言ってたのですから。

で、今度は、大手の会社がギャンブルに誘い、メディアがその宣伝を平気でしている、と。本当ならば逮捕され重く処罰される「賭博」よりもはるかに危険なレベルの賭博行為を、堂々としているんです。実に、不思議です。

相撲の世界でのギャンブル、暴力団云々と異なり、多くの国民に大変な被害があるのです。というか、大会社がヤクザ化し、メディアがその提灯持ちかと。

どうぞ、皆様、騙されないように。


それから、生きるためとはいえ、そんな会社で働いている方々、なんとか外の仕事を探しましょう。後の夢見が悪いものです。判断基準は、自分の親や子どもを客や同業者として誘える仕事かどうか、なのだろうと。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ