2009/10/27

薬物の使用所持なぞいっくらでもあるのに  メディア・ネット

まったくもって、覚せい剤の使用・所持なぞいっくらでもあるのに、メディアは馬鹿か。

著名人や、教師などならまだ分かる。だが、酒井のり子夫婦の裁判、もってここまでくれば全くもって異常。マスメディアは、オウム事件の麻原公判と同様に、あそこまで動員するに足りる価値あるニュースと捉えたのかい、馬鹿じゃない?

著名人の子ども、それも30歳も過ぎている「子ども」の使用までも報道されてる。不可思議至極。男が女をバカにする原因の一つである女性週刊誌のネタ、そのものではないか。

いかに視聴率とか取れるからとて、ここまでくれば下卑た興味という外なく、いい加減にされたし。

たとえば、この9月だったか札幌弁護士会の弁護士が覚せい剤取締法違反で逮捕された、それも現職の副会長、その方がはるかに大きいニュースであるはず。

*****
話は少し別だが、たとえば、インフルエンザ。

季節性のインフルエンザで、もともと毎年2000人程が死亡し、肺炎など含めれば1万人から死んでいることを、どうしてしっかり報道しないのか。不思議至極。
17



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ