2009/10/3

「東京都民は太っ腹」と「広島・長崎でオリンピックを」  外国・外交

「東京都民は太っ腹」と「広島・長崎でオリンピックを」

http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20071230/archive
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20080220/archive

このブログの、上記2007.12.30と2008.2.20に東京への2016年オリンピック招致運動のことを書いた。
招致費用は55億円ですか。実際はいくらかかったのかね、百億円近いのかしら。
東京都民は、何とも太っ腹ですね。

前回の都知事選挙の頃から、この話が前面に出てきた。
もちろん石原都知事の言葉から。
で、そんな「夢」で10%ぐらいの票が動いたのか、石原さんは再選されてしまった。

東京なんとか銀行での数百億円もの損失もあったのにね。
しょもな、としか言いようがない。

南米大陸で初めて開催することの意義は大きい。

昭和15年オリンピックにつき、柔道の嘉納じごろうさんが頑張って、
「オリンピックはヨーロッパのものではない、世界の大陸すべてが」と言って
なんとか招致できたことと、同じことです。

日本は、結局これを返上し、東京でできたのは昭和39年。
昭和32年1月生の私でさえ覚えている。
アジア最初のオリンピックです。
嬉しかったものです。教室では、授業をしないでテレビ鑑賞もした。

都知事は、招致演説で「孫に夢を」とか述べたようだが、なんとも。
孫はどこにでもいるんだよ、東京だけではない。勝手な話だ。

ちなみに、鳩山首相の「友愛」演説は、まあここまできていて反対するわけにもいかず、オリンピックの2016年東京開催を夢想する人に対して、お付き合いと言ったところだろう。

いずれも、南米に夢を、世界に平和を、とかにかなうわけがない。

そもそも、2008年のオリンピックは北京だった。
その次々回の2016年に、同じアジアの、それも一度開催している東京
ここが開催地になるわけがないではないか。

まともに考えれば、最初からわかっていたこと。
東京都民は実に太っ腹ですね。

***************
で、オバマ米国大統領のプラハ演説を受けた国連で核兵器廃絶という方向性が、まだまだ建前だが出来た今日、

広島・長崎で、オリンピックを開催できれば、その意義は、とてもとても大きいです。

未だ開催されていないアフリカ大陸の立候補都市が出れば争いとなろうが、そうでなければ、準備をそれなりにしていることを示すだけで、実現されると思う。

地域の支持は勿論、国民的支持が大きく得られ、世界世論の支持も期待できる。

両市長、両県知事、協議して2020年オリンピックに手を挙げましょうよお。
***************
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ