2009/3/10

3月28日―北海道大学  カルト・宗教・犯罪

下記の集まりがあります。
遠隔地の方も、北海道旅行とかかねて、どうぞご参加くださいませ。
---------
日本脱カルト協会公開講座2009

カルト予防と大学の責任

日時: 2009年3月28日土曜日13:00-17:00(12:30 開場)
会場: 北海道大学学術交流会館
(札幌市北区北7条西4丁目、札幌駅北口より徒歩5分)
地図は、http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/map4.htm

参加申し込み等: 当日受付、資料代1000円(学生聴講無料)

講演
「大学のカルト問題」-櫻井義秀
「若者とカルト・カウンセリング」-パスカル・ズィヴィ
「カルト(統一協会)の勧誘方法は憲法違反」-郷路征記
パネルディスカッション―「カルトの勧誘から学生たちを守るために」

<講演者・司会紹介>
櫻井義秀―宗教社会学者(北海道大学)
パスカル・ズィヴィ―カウンセラー(マインド・コントロール研究所)
-参考-http://www2.ocn.ne.jp/~mind123c/
郷路征記―弁護士(郷路法律事務所)
-参考-http://gouro.kitaguni.tv/
-参考-http://www.glo.gr.jp/
西田公昭―社会心理学者(静岡県立大学)
平野 学―臨床心理士・カウンセラー(慶応大学)

主催:日本脱カルト協会

後援:日本学生相談学会、北海道大学学生相談室
------
付録―大学間のネットワークもできつつある。
―まあ、カルトの巣窟で、オウム事件でも多数の被告人など関係者を出し、責任あるはずの東京大学、早稲田大学、京都大学はまだまだだが。
------------
カルト宗教から大学生を守れ 45大学が立ち上がる

 カルト宗教から大学生を守ろうと、大学職員やカルト問題を専門に研究する教授らが今月中旬、キャンパス内の勧誘情報を交換するネットワークを立ち上げる。大学を横断するカルト対策は初めてだという。これまでに45大学の計50人が参加を表明。勧誘が盛んになる入学シーズンを前に、ネットワークによる情報共有で、カルト宗教による学生の被害を防ぐのが狙いだ。

 「カルトは姿を隠して近づいてくる。対策には情報戦が不可欠」。発起人の川島堅二・恵泉女学園大学教授はこう話す。
 カルト問題を研究する「日本脱カルト協会」によると、カルト宗教は本来の名称や目的を隠したサークルで、「大学生活について先輩から話を聞こう」「就職に向けて自己分析をしよう」などと学生を勧誘。正体を明かさぬまま、ノルマを課した物販や新規勧誘に駆り出したり、親密になった後に「辞めると不幸になる」と脅して入信させ、お布施を強要するなどしているという。

 過去には警察当局の調べで、オウム真理教が偽装サークルで学生を勧誘していた事例が判明。同協会関係者には、カルト入信者の家族から寄せられる脱会相談が現在も絶えないという。

 これまでは、各大学ごとにカルトをテーマにした講習会や討論会で注意を喚起してきたが、川島教授らは「彼らは多くの大学で同じ名前や手口で活動している。情報の共有でみえてくることがある」として、入学シーズンを前に取り組みを始めることにした。

参加者は大学の教員や学生課職員、カウンセラーなど。メーリングリストに登録し、学生から寄せられる偽装サークルや、いかがわしい勧誘の情報を電子メールで一斉に送受信する。必要に応じ、カルト問題を研究している教授が勧誘の断り方や脱会方法をアドバイスするほか、新入生にオリエンテーションなどで注意を促すとしている。

 「カルトの線引き」や「信教の自由との兼ね合い」などを課題として指摘する声もあるが、川島教授は「うそをついて勧誘するのは、そもそも詐欺行為。活動にどっぷり漬かると本分である学業を全うできなくなることが多い。学生を守るのは大学側の社会的、教育的な責任」と話している。(産経新聞)

---------------
0

2009/3/4


ソーパーカ師って、並木清貴くんだったね。
オウム集団の幹部ですから、本名を出しました。

そういえば、1989年8月、坂本にも会っていた大幹部の別所幸広君が
救援連絡センター http://kyuen.ld.infoseek.co.jp/
の事務局をしていると、いくつかからから流れてきたが、本当なのかしら。
オウム弁護―オウムが費用負担をする私選の所―の関係で、山際さんや山中さんらと知り合ったはずだからおかしくないけれど。

ああ、3日の尋問には、手塚愛一郎さんも傍聴に来ていたな。
1990年の波野村騒動のときから、オウムの人権論を言っていた方。
そんな「人権派」や、ヨイショしてきた中沢新一や荒俣宏などといった知識人が、オウムを増長させ、サリン事件にまで至ったのでした。

以下、2チャンネルから、「なるほどぉ」と思ったので。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1236002065/l50
------
136 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 16:22:38 ID:k6d7lTwy
ソーパーカ師のことだけど

昔わたしがオウム以外の人でも戒律を守って日々の生活している人がいるなら
その人は賞賛に値すると思いますと言ったところ、

「いやー彼らはよくても天界にしかいけないからね〜」
といきなり見下し発言されてあたしはどん引きしました。

またスリランカやチベットなどの伝統仏教を実践している僧たちについても、
近くにいてふれ合うことがあれば彼らから学ぶことはたくさんあるでしょうねと言ったところ

「いやー最終地点までいけるのは世界中でここ(オウム)しかないんだよ」と
勘違い発言。

どうですかこの傲慢さと器の小ささ。
2年くらい前の話ですけど、彼はこんなこと言うんですよ。

正直もういい加減辞めようと思うきっかけになりました。
そして辞めました。
-------
0

2009/3/4

悲劇は続いてる―三女と四女  カルト・宗教・犯罪

悲劇は続いています。
カルト団体での子どもは、教祖の子どもであっても基本的に被害者です。統一協会でも、昔のブランチデビディアンでも、人民寺院でも、そしてオウム集団でも。

麻原さんがあんな団体を作らなければ、
騙されたにしても、あんな団体に入る信者がいなければ、
酷い事件も、こんな悲劇も起こらなかったのだから。

---------

松本元被告の三女が、サイゾーあてに、名誉毀損とプライバシー侵害?で数百万円だったか請求している訴訟の裁判の尋問、私も傍聴してきました。39席に50人の希望で傍聴券事件でした。

尋問順序は、四女、編集長そして三女でした。
四女や編集長の尋問のときは、原告であるにかかわらず三女は座っておらず、
三女の尋問のときは、四女は特別傍聴席に座っていました。

感想、うーん、
1―お姉さんであるはずの三女が幼く見えました。声もやたら小さかったし、自信なさげであり、2つの?大学の入学金の金額や出所をまともに説明できなかった。

2―三女が四女の証言のときに聞いていなかったのが実に残念だったです。

3―松井弁護士の尋問手法が、相手方側である四女に対してはもちろん、三女に対しても、ひどく威圧的で驚いたです。裁判長から終わり頃、指摘されていました。

例えば、主尋問の冒頭、三女に対して、裁判をせざるを得なくなって、水着も脱いで素裸にされてしまうんだね、素裸になりなさい、そのつらさを言うべき、なんていう言い方。セクハラではないか、とさえ感じた。

それから後見人を解任されたことにつき、いろいろ言ってもおられ、主目的は、なんか同弁護士が自分を守るための裁判なのではないか、とさえ思いました。

4―意外だったのは、三女として、松井弁護士が控訴趣意書を出さずにお父さんの刑事裁判を確定させたことにつき、「不審に思うこともあったけれど、裁判所が棄却しないと言っていたのに、と思っている」と話したことは、少し意外でした。裁判所がおかしい、とだけ言うかと思ったら、本音では弁護人もおかしいと思ってもいるんだなぁと思いました。

私として、この弁護士に対して、このことで懲戒請求を出していて良かったなぁ、と改めて思いました。同じ重大ミスをした松下明夫弁護士については仙台弁護士会懲戒委員会はもう懲戒処分を出しているのに、第二東京弁護士会の懲戒委員会は、まだ議決していない、どうなっているんだぁ。

法廷での言葉など、滝本として聞き取ったところの一部を記述します。
--------------

四女の主尋問にて

質問―今日、被告側の証人として出廷したのは?
答え―家族がこれ以上世間を欺いて、迷惑をかけるのをやめにしたかった。

質問―三女に言いたいことは?
答え―早く現実に向き合って欲しい

質問―裁判所には
答え―2004年から5年にかけてオウム事件のことを知って被害者に申し訳なかったです。自分の学業ばかり考えるよりも、自分の立場にまず責任を負わなければ、と思いました。それで、家族を見ていると、本来は賠償する責任があるのに、それをせずオウムから必要最低限でもないお金を貰った生活している。私は自立しなければいけないと思った。それで家出した。それから本当に色々なことがありました。もし自分のことだけだったらもっと前に挫けていた。もし自分で責任を取れないときは自害して責任を明らかにしようと決意して頑張ってきました。

家出したときはすべてのものを失ったと思ってきたけど、最近大事な人と再会できたりして、命が残っているんだと気づきました。それから父が被害者からどれだけのものを奪ったのか、ということを考えさせられました。だから私の家族態度は決して許されないと思う。嘘をついているのは明白なんです。適切な判断をお願いします。

三女の反対尋問にて

質問―お父さんが生き物を大切に、と教えてくれたとのことですが、現実に地下鉄サリン事件を初め、お父さんがしたことはどう考えていますか?
答え―父の話を聞きたいです、父の教えて欲しいです。何があったか。

質問―事件は貴方にとってまだ真偽不明なの?お父さんが言わなければ。
答え―私が見てきた父と、父が世間で言われていることと余りに違うので。

再主尋問にて
質問―お父さんが好きなんでしょ!なんでそう言うのを遠慮しているの?
答え―はい、だから余りにも色々な想いが正直、事件のことを聞かれるとなんと答えていいか分からない。
--------------

お母さんは、どうか考えて欲しいです。
アレフだろうが偽装脱会者からの援助だろうが、オウム集団のお金で食べている限り、桎梏は外れないです。自分だけでなく、子どもさんらも。
真実に離れれば、意外に優しいのが日本です。日本は宗教の扱いをそれぐらいは分かる伝統をもう持つに至っていますから。
1

2009/3/3

河野さん  カルト・宗教・犯罪

私は、井上被告は死刑とする必要はない、むしろそうすべきでないと考え、法廷でも話してきたし、今もそう思っています。

末尾のこと、どうして記事になったのか、何のための報道なのか、そして、どういうルートで報道されたのだろうか。

井上被告は、河野さんが対応すべき、またして良い被告人だとは思えない。
だって、井上被告は松本サリン事件では、被告人ではないのだから。
また、河野さんはカルト問題や、オウム集団自体とあい対してきたものでもないのだから。

河野さんは、過去、あの状態の上祐と会って、その謝罪の言葉を聞いたりし、それを報道されるままとして、つまりは上祐の立場を承認する社会的効果を及ぼすこともした。上祐もそれを受けてしっかり利用している。
http://www.joyus.jp/diary/042008/0063.htmlなどね。

(上祐は、私に謝罪に来たいと連絡があったが、組織を作ったりその中に居る間はもちろん受け付けないさぁ、と返事した。しかし組織を作っているという不誠実性について改めないままです。上祐は河野さんを利用しただけ、それを河野さんは了解されるのだろうか)

河野さんは、なにかオウム事件の本質を見間違えておられるのではないか、と思う。
松本サリン事件で、警察、メディア、社会からの強烈な行為をされたことから、まず問題なのはそちらの方、という感覚を持たれたのだろうとは思うが。

オウム事件や問題で、まずもって責任あるのは、オウム集団自体。
それは教祖と信者から構成されている組織。
決して、警察や社会が、オウム事件の最大の課題ではない。

河野さんがひそかに井上被告と会ったり交流することは
報道もされないだけなら
本人の態度の確認、オウム事件というものを感じてもらう為に
そして河野さんとして、オウムというものを知りたいだけで会うのならば、
なんら異議を言わないのだが。

------
2月27日20時44分配信 毎日新聞より
<松本サリン事件>河野義行さんがオウム被告と面会
 94年6月に発生した「松本サリン事件」被害者で第一通報
者の河野義行さん(59)=長野県松本市北深志=は27日、
東京・小菅の東京拘置所を訪れ、死刑判決を受け最高裁に上告
中の元オウム真理教幹部、井上嘉浩被告(39)と面会した。
河野さんが係争中のオウム事件被告に面会するのは初めてで、
井上被告は深々とお辞儀し「奥さんが亡くなり申し訳ない」と
涙ぐんだという。
 河野さんによると、08年4月、河野さんが京都で講演した
際、来場していた井上被告の両親と会話する機会があった。そ
の際、河野さんが井上被告に会い激励する約束をした。
 面会時間は約25分。教団入りの理由を尋ねたところ、井上
被告は「ヨガをしながら、神秘的体験をしたかった」と語り、
重大事件に関与したことを悔やんだという。【渡辺諒】
-------
1

2009/3/2

狂気が増している  カルト・宗教・犯罪

まあ、今日は麻原さんの54歳の誕生日なんだが、
アレフ―A派―の狂気が増している、と思う。

このところ、
1―あまりに負け筋な、それも一部「人権派」からさえも支持されないような裁判を起こしたり、
2―下記のような手記を出したり、
3―反対分子の放逐が進んできたり、
4―幹部らの目や表情が、以前より血走ってきたように思う。

警戒が必要。当面内部での事件。

以下は、アレフ-サマナの手記-しかし出典はどこなんだあ?
------
皆さんは、どのようにしてグルの涅槃を止めようとされてますか?
《グルへの熱き想い》

 わたしはかつてある師から、このような話しを聞きました。

 その師が在家の時、全く出家の意思がなかったそうです。ところが、ある時グルからお呼びがあって、グルのところに行ってみると「出家しなさい」ということだったそうです。その話しの途中でその師は、「何か変だなあ。どうもコーザルをいじられているのではないかな?と思ったそうです。そして最後には「出家します。」と返事してしまったのです。
  出家が決まったので自宅に帰り荷物の整理をしていました。ところがふと気付くと右手で握り拳を握っていたそうです。そして最後「ヤルゾ!ヤルゾ!」叫んでしまった。ということです。

 このようなお力をお持ちのグルです。

  例え死刑が確定しても死刑執行するには法務大臣のOKの印が要ります。
  私達弟子がしっかりとグルの意思の実践をなして、グルを求めれば法務大臣やその筋の人のコーザルをグルがいじられて私達の為にこの世にとどまって頂けると私は思うのです。
  故に国や公安がグルを死刑にするのではない。もし、グルが死刑執行されたとしたら、それは私達の否定的想念の現象化だと私は断言したい。
 
 では、私達はどのようにしたら強い心をつくれるのか?
 丁度この時期、ミラレパ正大師の2月決意に「10000時間積み上げの法則」のことが載っていました。
 私自身がどのようにしてグルが涅槃されないように自分の心を強くするかをこの「10000時間積み上げの法則」と関連して述べさせて頂きます。
 
 私はかねてからグルとのパイプを確立する為に、立位礼拝2万時間を目標にやってきました。そして数年前にティローパ正悟師に接見し「帰依マントラがいいぞ」とすすめられたこともあり、帰依マントラを1億回以上、出来れば5億回を目標にしました。そしてこれ等を達成するには不放逸さが必要ですので、欲如意足を2万時間以上を目標に設定しました。

  現在、欲如意足1万時間、立位礼拝6700時間、帰依マントラ3200万回になりますが、これ毎の修行を進めて来て今感じることは、一つの修行を徹底して記憶修習・記憶実践するとデータが上から降りて来て、自分の力で分からなかったことがドンドン分かるようになるということです。

  これは例えて説明するならば、記憶修習・記憶実践は井戸掘りと同じと思います。井戸堀りは水の層のあるところまでひたすら掘り続けます。一方、記憶修習は表層意識→潜在意識→超潜在意識と積み上げます。潜在意識まで修習が届けば形状界からデータが降りてくるようになり、超潜在意識まで記憶修習が届けば非形状界のデータが降りてくる。という仮説を私は立てました。高い世界のデータが降りれば、天才となっても不思議はないということで、ミラレパ正大師の「10000時間積み上げの法則」は非常に納得出来、又、私達の修行と非常に関連するものと思いました。

  又、潜在意識の力は表層意識の数千倍と言われています。故に記憶修習により言葉に現象を動かす、人を動かす力がつくと思います。そして、この積み上げを達成する為に絶対に必要なもの、それは、不放逸さ⇒決意ではないでしょうか。

 〈決意(発願)−願望−欲求〉
  欲求を大きく2つに分けると
  煩悩的欲求−下向の欲求−三悪趣になる欲求
  グルから与えられた決意の欲求−上向の欲求−マハーニルヴァーナに至る欲求

 私達は修行を始めるまでに既に煩悩的欲求を深く根付かせている筈です。
  そして私達の積んだ功徳は私達に根付いた強い欲求に流れ使われています。
  だから、私達は自己の煩悩に対抗出来、又、それを上回る強い欲求を根付かせないと私達の功徳は煩悩を満たす為に使われ不放逸に修行出来ないことになります。
  グルのような偉大な方でも、とても不可能と思われる日々のスケジュールを立てて、その前にそれを達成する決意をしっかりとなさっています。
  私達はどんな煩悩を有しているか?どんな決意・発願を根付かせているか?で私達の未来、転生先が決まると言っても過言ではないと私は思っています。

 皆さんは、どのようにしてグルの涅槃を止めようとされてますか?

 グルが修行者とおっしゃった経営の神様、松下幸之助が亡き後の経営の神様稲盛和夫は「物事を達成する為には(決意ではなく)熱意を持て!と言っています。決意(欲求)を深く根付かせればその思いは熱く熱く燃えてきます。

  私たち弟子が熱きグルを求める心と救済成功への思いを胸に燃やせば、グルは涅槃されないと確信します。
  燃えろ!燃えろ!燃えろ! 救済の炎よ燃えろ!
  そしてこの地球上の煩悩を燃え尽くせ!
  グルの救済は必ずや成功すると確信します。
  グルから頂いた救済の炎のもらい火を、私達一人一人がこの地球上に広めようではないですか!
  仮に「10000時間の積み上げ」は「継続は力なり」になると思うので、その継続がどのような力を生むか具体例を一つ上げてみました。

 積み上げ−継続−記憶修習・記憶実践により、念(思念)の力が強くなる。
  みんなの念のレベルアップをすることが、現象を思うように動かす力をつけ、グルの救済計画の成功につながると私は思います。
----

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ