2009/2/22

「朝鮮人」差別  メディア・ネット

うーん、情報収集のために2チャンネルとか見てると、実にまったくいやになってしまう。

芸能人とか、政治家とか、宗教家とかで、自分よりも、目立ったり、優遇されていると感じることが契機なのか
「誰々は朝鮮だ、韓国だ」とか書いていたり、ね。

実にまったく、人は、なんでこんなに人を差別したがるのか、と。
人間というものおぞましい所がそのまま出ているんだもの。

そりゃ、日本には在日朝鮮人、在日韓国人の人も多くいるよ。帰化している人も多くいるよ。
戦前に出稼ぎできた人やその子孫も多く、強制連行された人やその子孫も一部あろう。戦後に来た人も実に多い。自分の依頼者にも幾らでもいるもの(うーん、一昨年か、韓国離婚法が届出だけではできなくなっており、実に厄介です)。

帰化した人もいるし、韓国国籍の人も多いし、まだ韓国籍も取らず朝鮮国籍のままの人もいる。そもそもここ数十年や数年前に来たばかりの人も多い。

悲しいことに日本語しか話せない人も多い。親しくなってから、なんで日本に帰化しないのですか?と聞いたこともあるが、それぞれ個人の自由でしょう。

それがなあ、なんで「韓国だ、朝鮮だ」という事で、自分が優位に立った気になるのだろう?、バカか、と思う。人間の価値と民族や国籍とか関係ないだろうがっ。

そりゃ、問題ある行動を起こした人、社会的影響力がある人について、その生育過程を知ることは大切であり、その意味では国籍も話題となることもあろう。
だが、ネット上の差別言辞は、そんなのではない。問題ある行動をした人について、
ともかく「朝鮮だっ」と決め付けたがる。そしてそれで解決した気持ちになっている。バカかっ。

「日本国籍」を持つ「大和民族」の一人として、実に恥ずかしい。
私の所は、相当旧い縄文式土器が出たところであり、集落の移り変わりを実に鎌倉時代までは遡れる感じでして、それは誇りにしている。

で、祖先の一部は、そこから出たのだろうけれど、親が2人、祖父母が4人、その上が8人、16人、32人、64人、128人、256人、512人、1024人と、まあ江戸時代の後期でも2028人ぐらいか、先祖がいるわけでしてね。

日本の各地には「高麗」という地名があったり、そもそも弥生人は朝鮮半島から来たのでは?と思うし、いろいろな文化も朝鮮半島から来たものです。天皇だって朝鮮半島の血がもちろん入っていよう、当たり前のこと。
皆、祖先の少なくとも一人は天皇だろうし、同じく一人は朝鮮からでしょう。

差別発言、いい加減、恥ずかしく思えよっ、と思う。
--------
うーん、昔、街金のところになんと一人で行ってしまい、厳しく金利減額の交渉をしたところ、「朝鮮人って言って差別してたのにそんな強い態度なんですかぁ」と言われてしまったことがあった。その時は、「それは申し訳なかったです、でもあの、私や○○さんが差別したのではないし、利息制限法並みにすることと関係ないでしょ」と言いました(訂正します、これは記憶間違いでした。単に「そうでしたかあ、でもそれは今日は関係ないです。」ぐらい言えただけ ) 。今は貸金業法も厳しくなったからそんな事態も無かろうが、そんなこともあったな。

ああ、新聞記者、大分昔だが、話していたなかで、パチンコ店や街の金融業者には在日の人が多いことを知らなかったのに驚いた。教科書には書いてないけれど、そんなことぐらい本などしっかり読んで知っていなよっ、と思った。

昔の日本の銀行は、在日の人を採用しなかったから、その能力や学歴があっても銀行に入れず、朝鮮系の銀行や小さな金融機関に入るしかなかった。大企業も雇わないことが多かったから、パチンコ店の経営などになるしかなかった。そんな背景だった。それを 新聞記者が知らないんだもの、無知。
なお、今は大分変わったと思う。まだ採用しない銀行もあるのかな。国籍比率の表など無いのだろうけれど、大きく変わったのではないかなぁ。
--------

ああ、差別問題となると、
すぐ強制連行や従軍慰安婦問題ばかりを言う人もいたりして、それも馴染めない。
挙句は、北朝鮮拉致事件の議論の中で
「では、日本は何人を朝鮮半島から拉致してきたんだ」
なんて言ったり書いたりする人がいる。
全くもって、現在進行形の犯罪、人権侵害・国家主権の侵害の問題について、過去のことを持ち出すのだから。

強制連行された人とその子孫ばかりという認識がそもそも間違いですし、従軍慰安婦問題も、すべて手をひっぱって連れた来たというような表現するのならば間違いだと。

しかし一方で、「侵略したのは日本だ」という厭な事実を、あくまでも認めない「自尊史観」は尚更にバカかっ、と思う。
いかにそれ以前の朝鮮半島が朝廷の下で苦しんでいたとしても、日本が幾ら朝鮮半島に投資したとしても、侵略は侵略。従軍慰安婦も、経済格差を背景に、日本軍の関与があってこそ、かなりの前線まで連れて行ったのです。私、実際に前線で従軍慰安婦を見てきたお年寄りから聞いているもの。その世代で兵隊に行った人にとっては常識の部類でしょう、その悲惨さと共に。

「自虐史観」とか批判されるけれど、確かに「自尊史観」よりは良いのです。
歴史は将来、同じ過ちを起こさないためにこそ学ぶのだから。
希望することは、やはり事実に則って欲しいということです。


------
思い起こせば、何年か前、年賀状に
「人の世に熱あれ、人間に光りあれ」
と、水平社宣言の最後の素敵な言葉を書いたら、滝本さん、誤解されるよっ、と言われたことがあった、なんか心配してくれたみたい。
ふーう、と思った。あの文章は住井すゑさんの「橋のない川」で知って、実に素敵だから使っただけなのだが。
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/siryou/kiso/suiheisya_sengen.html

閑話休題
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ