2009/1/27

なんかなあ、まあ男女平等  カルト・宗教・犯罪

西村新人類さんブログで知った。
http://sinzinrui.blog.so-net.ne.jp/

んー、たしかになぁ。
その男女逆で逮捕されるのは時に扱います。男が金を支払っていたり、つまり売春が背景にあったりする。
女性が逮捕されるのは、女性教師だとか、の場合だったりした。

これはどういう事例なのだろうか、
限界事例としては
「18歳の男または女が、17歳の女または男と男女関係になっても罪になる」と。
うーん。高校生あたりいくらでもあるだろうが、まじめな付き合いでもないものが。被害者が15歳以上の場合は、加害者は5歳は離れていることを有罪の条件とすべきでは、なんて思う。実際は多い「援助交際」という名の売春事例は売春として罪とすべき。


昔は、多摩川のこっち側だったら罪とするが、多摩川の向こう側だと罪にならないのだから憲法違反だ、などと論争をしたものだが。

うーん、うーん。まあ背景事情があるのでしょうね、多分。
だが、背景事情の違いで捕まえたり捕まえなかったりするのも、
罪刑法定主義というか、警察の恣意的な運用が可能となり、おかしいかと。

-------
>可児署は25日、
>愛知県青少年保護育成条例違反(いん行などの禁止)
>名古屋市の飲食店店員---女性(22)を再逮捕した。
>容疑者は2008(平成20)年8月30日午前0時ごろ、
>男子高校生=当時(17)=が18歳未満と知りながら、
>自宅のアパートでみだらな行為をした疑い。
>被害者とはインターネットのオンラインゲームで知り合ったと
>容疑者は今月14日に道交法違反(無免許運転)
>で同署に逮捕されている。
0

2009/1/24

観察処分  カルト・宗教・犯罪

いかんなあ、公安審査委員会

観察処分の更新という判断は当然だが、
上祐グループ―ひかりの輪について―将来の含みを残してしまっている。
その点を強く批判しないと。

それは高橋さんが、下記のブログ記事でのべているとおりのこと。
http://blogs.yahoo.co.jp/whitecat12browncat12/27503613.html
http://blogs.yahoo.co.jp/whitecat12browncat12/27658594.html

すなわち、上祐ブログでは、http://www.joyus.jp/diary/

●公安審査委員会の決定文書より引用
「なお、「ひかりの輪」は、松本および同人の説くオウム真理教の教義からの脱却を目指して活動を行っている旨主張している。当委員会としては、「ひかりの輪」の設立経緯等に照らし、未だ脱却が行われたものと認めることはできないが、今後の「ひかりの輪」の活動が、両サリン事件等に対する真の反省に基づき実施されるものであると認めることができるか、また、被害者や周辺住民等の理解を得られるものであると認めることができるかを注視していくことにしたい。」

と引用して、
>これまでは、こういった将来の可能性など
>全く言及されませんでした。
>その意味で、ようやくスタート地点に立てた気がします。
>甘えにもなりますが、非常に強力な麻原信仰の中から脱却
>することは、非常に無様な形でしかできず、
>私と共にひかりの輪で麻原脱却の自己改革を目指した者の中には、
>大げさに言えば、七転八倒の苦しみを
>味わった者もいました。それを言い換えれば、脱却の遅れのために、
>多くの方にご迷惑をかけてきました。
>しかし、そうした濃厚な闇も、徐々に徐々に晴れてきて、
>前方に明かりが見え始めてきた感じもしています。
>今後、公安審査委員会が指摘した現状の課題・問題点に
>最大限に取り組み、さらなる改善に努め、
>皆さんに安心していただける団体になるように
>努めたいと思います。
だと。


今回は、ひかりの輪のある幹部の人が、本音を話したのが証拠づけられたことがあった。本人はまあ左遷された。それが把握されてしまったから、上祐の上記の言い方も、彼にしては少し遠慮気味かな。だから、まあ取り消し訴訟はできまいて。
もちろん、上祐のつい数年前までの発言についても注目された。

アレフは「子どもの過激派」。
上祐は、もともと麻原から別の団体設立をも示唆されていたのであり、まして合意の上で分裂したのだから、アレフからの「脱会」なぞではないことは明白。上祐派は、ひき続き「嘘をつくのがワーク」の「大人の過激派」に過ぎない。

今回のことは、「ひかりの輪」についても「アレフ」に勝らずと劣らず、観察していく必要があることを如実に示したものです。

そもそも「真に反省」したならば、
オウム集団の人員構成の一部を母体とした団体を作るなど、できないものだ、と。
もちろん、上祐らが、そんな団体の指導者になどなれるものではない、と。
更には「一人オウム」のままでなど居られない、と。

つまり、オウム集団にいた者が団体、つまり2人以上の集まりとして存在する限り、観察処分は永遠とすべきものなのでしてね。

破壊活動防止法が、団体として解散させるための条件「継続又は反覆して将来さらに団体の活動として暴力主義的破壊活動を行う明らかなおそれがあると認めるに足りる十分な理由」が必要なのとは、全く異なるのだから。

今のところ唯一の例外は「カナリヤの会」だけではないかな。実はまあ団体という程のものではなく、脱会後の互いのケアーが主で活動としいうほどのものもないけれど。

脱会そしてその後のことは、まさに七転八倒の苦しみです。
純粋の被害者の方々・遺族の方々には申し訳ないが、私は、真実の脱会者に対しては本当に敬服しています。そりゃ、もともと入らなければいいのだけれど、いろいろ事情があったし、マインド・コントロールや、恐怖感を叩き込むバルドーの導きのイニシエーション、更には1994年からの薬物使用まであったし、更にやめた後の苦労など、実に大変なことなんです。

でも、多くは後に素敵な人になっていく、眩しいですよ。
そんな団体の窓口とか、坂本が一番したかったことなんだろうなぁ、と思う。

上祐は自分で働かず、自分自身を見詰めず、実は七転八倒の苦しみを避けている。
それで宗教指導をするなんてしていて、もっともらしいことを言っていて、実にまったく恥ずかしくないのかなぁ、と本当に不思議です。

読売新聞の記事は下記。
-----
オウム観察処分、3度目の更新...「ひかりの輪」も対象
団体規制法に基づくオウム真理教に対する観察処分について、公安審査委員会(田中康久委員長)は23日、今月末の期限を2月1日から3年間、期間更新することを決定した。
更新は03年、06年に続き3度目。今回は、上祐史浩元代表(46)が設立した新団体「ひかりの輪」が対象となるかが焦点となったが、公安審は更新の対象とした。
団体規制法は「無差別大量殺人行為の首謀者が団体の活動に影響力を有していること」などを観察処分の要件として定めている。
決定では、ひかりの輪の設立前後に、中心メンバーが、設立の目的を麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(53)の意思を実現するためと述べていたことなどを指摘して、ひかりの輪の「更新の請求対象にあたらない」とする主張を退けた。
上祐元代表と対立する教団に対しても「幹部構成員らがオウム真理教の教義への絶対的帰依を指導している」と述べ、松本死刑囚が依然として影響力を有していると判断した。
ただ、ひかりの輪については「今後の活動が、(地下鉄・松本)両サリン事件に対する真の反省に基づき実施されるものであるか注視していく」との文言も盛り込まれた。
決定後、記者会見した現教団の荒木浩広報部長(40)は「(公安庁の指摘する)『麻原開祖の主宰する団体』は存在しないという主張が認められず失望した。今後訴訟も検討する」とコメント。上祐元代表は「決定で指摘されたことを生かし、反省を深めていきたい」と話した。
一方、双方の拠点施設がある東京都世田谷区南烏山の住民でつくる「烏山地域オウム真理教(現アレフ)対策住民協議会」の古馬一行事務局長は、「『ひかりの輪』では今も頻繁にセミナーが行われているが、オウムと何が違うのかわからず不安。更新は当然」と、ほっとした様子だった。
(2009年1月23日21時28分 読売新聞)
------
1

2009/1/19


1月4日の日記の関係で、勉強しましたです。
そうそう「ジニ係数」−新聞赤旗からの転載ですが、いい勉強かと。
うーん、うーん。
---------
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-28/20061228faq12_01_0.html

ジニ係数とは? その算出方法は?

 〈問い〉 所得の格差や不平等の指標としてジニ係数が使われますが、どんな意味ですか。近代経済学の概念なのですか。実際に、どのように算出するか、その計算方法も教えてください。(長野・一読者)

 〈答え〉 ジニ係数は、イタリアの数理統計学者のコッラド・ジニ(Corrado Gini)が1936年に考案した統計学の概念です。

 ジニ係数は、統計データさえあれば簡単に計算できるために、所得格差などを分析するさいにはよく使われる指標です。もともと統計学の概念ですから、近代経済学か、マルクス経済学か、という問題とは直接の関係はありません。

 ジニ係数は0と1の間の数値となりますが、数値が大きければ大きいほど(1にちかいほど)格差が大きく、数値が小さいほど(0に近いほど)、格差が小さいことを表しています。たとえば、ジニ係数が0・263から0・574に上昇したら、格差が拡大したことを意味します。

 ジニ係数の便利な点は、所得の分配や格差の実態を一個の数値に凝縮して示せること、したがって、ジニ係数を比較して、格差の程度を比較することができることです。

 しかし、ジニ係数の計算は、二重、三重に量的な平均化を積み重ねて一個の数値を算出しますから、その格差がどのような質的意味をもっているのか、その格差の原因については、なにも語らないという限界をもっています。

 また、ジニ係数を算出するもとになる統計(「家計調査」など)の標本(データ)それ自体が、今日の所得格差の実態を正確に表しているかどうか、という問題もあります。

 《ジニ係数の算出方法》

 ジニ係数の算出方法は、次の手順をふんで計算すれば、それほど複雑ではありません。

 (1)対象となる集団に含まれるすべての数値間の差の絶対値を合計して、平均する(これを「平均差」という)。

 (2)全体の平均値を計算する。

 (3)平均差を全体の平均値の2倍で割る(2倍で割るのは、ジニ係数を0と1の間に収めるため)。この結果がジニ係数です。

 たとえば(245万円、362万円、826万円)のジニ係数は次のようになります。

 (1)(―245−362―+―245−826―+―362−245―+―362−826―+―826−245―+―826−362―)/6

=2324/6=387.3(平均差)

 (2)(245+362+826)/3=1433/3=477.7(平均値)

 (3)387.3/(2×477.7)=0.4054

 よって、ジニ係数は、0.4054
0

2009/1/19

疲れ  日常のこと

なんかなあ、今日は疲れが積もっている感じです。

特に仕事がうまくいかなかったのでもない。

特に何があったものでもない。

また一年かぁ、まだ生きていないとなぁ、と感じたり。


ああっ、手紙はやはり手書きに限る。

通例の弁護士とどうしてこうも変わってしまったのか。

仕事ではあるのだろうけれど、その重さに潰れそう。

年末年始、何人かの死亡を知った。

人は事件を起し、また自死もする。

ああすればよかった、こうしたらどうだったか、と頭から離れない。

で、珍しく詩集を買ってゆっくり読んだり、ね。


うわをっ、弁護士資格の第一は心臓に毛を生やすこと。
0

2009/1/13

マナー、迷信、カレーうどん  日常のこと

マナーとかは、やたら気になるときもあり、しかし
知らなければ知らないでいいような気もする。

自分は、いつのまにかスパゲッティ−を音を立てて食べる人を横目にみるようになってしまった。
一方、そばはツルツルと食べるべきだと言われるが、どうにもうまく食べられない。

まあ、口を開けたままでクチャクチャやるのは明らかに格好が悪いが、アレは鼻でも悪いせいなのか、とも思う。まあ、自分の子どもに対しては注意する。

テーブルに肘をつくのは日本ではいかんが、韓国では良かったか。
ご飯でも汁物でも、日本では手に持つのは当り前。
だが、韓国でははしたない、と。
日本では茶碗を持たなければ犬食いといわれてしまう。

うーん、なんかこうなると迷信みたいな感じ、とも思える。
3人並んだ写真を撮るものではない、と昔、そう取ってしまった写真をみた母に言われて(真中が先に死ぬのだということです)未だ3人では撮れない。
まあ一人が人形か何かを持ったりして、4人扱いにする、とかね。
弱ったもんだ。

なお、日本であっても、
カレーうどんは、決してツルツルと食べてはならない。
カレーが飛び散って服を汚すから。

それでも今日の昼も少し飛んでしまった。ああ。

閑話休題
0

2009/1/8

アレフが慰謝料請求だと  カルト・宗教・犯罪

アレフ側が提訴だと。
しかし、そもそも任意集団アレフの代表って誰なんだ?
それから、心理的苦痛ってなんなんだろうかしら。
秘儀って、麻原さんビデオ、ヴァジラヤーナの教えのこと?
開いた口が塞がらないような裁判をするのがカルト団体の特質でもあります。
なんとも。

「セミナー盗撮された」 オウムが元信者を提訴

2009.1.5 21:06

>「宗教的な秘儀にあたるセミナーを盗撮され精神的苦痛を受けた」などと
>元在家信者の男性に慰謝料など約150万円の支払いを求め
>訴状によると、男性は在家信者だった平成19年8月ごろ、
>バッグに隠していたカ メラで教団の会員向け勉強会や集団修行の様子を撮影
>教団は東京地裁に放送中止の仮処分を申し立てたが却下
>映像は9月30日にTBS放送
>男性が事前に内容を口外しないとの契約書に署名した上で参加したものも
>教団は「信頼を損ねられ、精神的苦痛を受けた」
>男性は「徹底的に争う」「都合の悪い放送内容だったので訴えたのだろう」

〜で、放送された映像は下記。
ユーチューブに出ている。ますます見てしまいましょう。〜

私がコメントとして出ているあの番組だったのですね。
アレフとしては、手痛い暴露だったでしょう。
メディア界で、なにか表彰はされなかったのかなぁ。

http://www.youtube.com/v/QeEOVQ0EGX0&rel=1
http://www.youtube.com/v/aoLh2mfGtQw&rel=1
http://www.youtube.com/v/M9hmGLNExcY&rel=1
0

2009/1/4

富士山  日常のこと

日本人には2種類ある。
富士山を好きな人と、特に好きでない人。
好きな人はどこか素直で、好きでない人はどこかひねている。
とか、本当かなぁ。

人間には2種類ある。
自分が好きで好きで好きでたまらない人と、嫌いで嫌いでたまらない人。
なお、嫌いでも生存本能はあるからなんとか生きていられる。
って、どうかなぁ。

人間には2種類ある。
占いを聞くのが好きな人と、占いめいて人に言うのが好きな人。
って、いかが。

人間には2種類ある。
2種類あるといいたがる人と、そんな単純ではないよという人。
って循環論法ですな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ