2008/8/5

河野澄子さん死去  カルト・宗教・犯罪

そうでしたか、亡くなってしまったんだ。
2008年8月5日午前3時4分。

1994年6月27日の夜でしたね、松本サリン。
私には数年前にしか感じないけれど、もう丸14年なんだ。
澄子さんが46歳の時だったんだ。

なんと。
麻原彰晃を初めとするオウム集団のおぞましさ
それが今も、アレフ・ひかりの輪などとして残るおぞましさを感じ、
自らの力のなさを恥じます。

(「冥福を祈ります」というのは私は言わないです。もう、このブログにも書きましたが、「そんな祈りより、生き返らせてくれよっ」ですから。)

下記のところ、直さないといけない。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/meibo.html

-------
で、参考までに上祐ブログ。なんか言いたくなるなあ。
お願いだから上祐さん、澄子さん死去につき、何もコメントするなよ。
-------
http://www.joyus.jp/diary/
長野・高峰高原に行きました (2008年08月01日)

今、長野県の小諸市にある、ひかりの輪の道場に滞在しています。
主たる目的は、最近ここで始めた団体の指導員の教学・修行の手助けや、
お盆に、ここで予定されている団体の出家修行者の修行の準備などです。

本部道場などと比べると一軒家でこじんまりとしていますが、
自然豊かな場所柄もあって、感じが良いので気に入っています。

とはいえ、一日中、道場施設の中での修行だけではと思い、
いつものパターンで、近くの優れた自然の中に行ってみました。
----------
0

2008/8/5

エスカレーター、地震  日常のこと

東京の大きなエスカレーターでまた事故。
なんかなあ、乗った重量が大きすぎたということのようですが、これに乗った人の責任とは勿論思えないし、集まりを運営した人の責任とも私は思えないです。

だってエレベーターと異なり、エスカレーターって、どこにも重量制限、人数制限なんて書いてないじゃないか。エレベーターのように重いときにブザーがなるわけでもない。危なければ、ガチッと止まるだけというように作れないとすればおかしいではないか。

「動く階段」という感覚のエスカレーター
制限があるなら、明確に表示されていなければならないし、
ブザーが鳴り、確実に停止することを要求されて当たり前だと思う。

製造物責任そのものではないか、と考えるのですが。
国は、今頃になって周知徹底を通達したとのこと、それで責任が済まされるとは思えないのですが。

---
ああ、地震。
長周波の揺れとか、昔は考えに入れなくて良かったことを考えなければならないみたい。遠いところの大地震で、離れたところのビルまでもが倒壊し、石油タンクが火災か。怖い。
しかしなんで、やたら高いビルがこれだけできてから、そんなことが話題になるのだあ?ひどい話。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ