2008/4/27

2008.4.26inNAGANO  外国・外交

昨日、長野に行ってきました。まあ駅前を数時間ウロウロしていたようなもの。
数日前に指定席を取ろうとしたのだが、朝1番のは満席、朝2番のに乗り、まあ午前9時少し前に着きました。
で東京駅に早くつけたので朝1番の自由席に乗ろうとしたのですが、中国支援の人ばかりでとっくに満席でした。

私は、カレンダーの紙の裏に下記の通り書いて持参しました。
下段は、むしろ更に過激だったかも。
Free Tibet !
Free China !

で感想など。

1−うーん、中国支援の方が多かったな、次に警察官、次にチベット支援、マスメディア。駅前の感覚で言うと、中国支援は全体で5000人はいるのでは?という感じ。

2−聖火自体はとんと見られませんでした。とても見えるものではありません。

3−中国支援の人の、まあ統一的な行動には驚きました。遠くに大型パスがあって、大学ごとかなぁ、班別みたいになっていて、10数人ずつ移動して行動していた。
チベット支援の方は、一部には統一してきているみたい人がいたが、あとはまあ良い意味でも悪い意味でも烏合の衆。西洋人もかなりいた。

4−中国支援の人の旗その他は、まさに統一的。大きなもの、小さなもの、アイラブ中国の紙。
チベット支援の方は、烏合の衆。購入されたような大小さまざまな旗の外は、パソコン印字、手書き文字の紙。

5−テレビを後に見ると、やたら激している対立のところばかりのような感じね。でも現地は違うのです。各地で大声での歌声やスローガンや、激した口論対立もあったけど、そこでは両派が決して暴力に走らないように互いに自省しあっていた。

で、重要なことは、端っこのほうでは、両派の人がタバコを吸いながら議論していたり、とか。

6−私、中国派の大きな声をしていた人が、ダライラマと麻原彰晃のツーショット写真を掲げていたので、思わず「麻原を知っているの?ドゥーユーノー麻原?」と聞いてしまった。するとなんか興奮して「あなたシニタイデスカ」と言われてしまった。うーん「シリタイデスカ」だったのか分からん。でそれは辞めた。

まったくもって、ダライタマ政庁は、ちゃんとオウム問題を総括して償わないから、このように利用されるのです。

7−5の所では、チベットの歴史的経緯とかもあるが、むしろ中国の民主化が議論されていたように感じた。
留学生としては中国の民主化問題は知っているし、私も「今日の長野みたいな自由が中国でもできるといいね」と日本語や片言の英語で言うと、同意せざるを得ないみたい。いつもは中国の民主化に心寄せている人が、今回はナショナリズムで動くほかなかった、のでしょう。

8−それにしても右翼の「シナ人出て行け」は邪魔だな、いかんよ。右翼が「フリーチベット」とよくもまあ言うもんだ。

中国支援の方の、赤いやたら大きな旗、それも大量なのは邪魔ですよ、鉄柱?も入っていて危ないよ。警察は注意すると反作用が怖いからしない方針にしたのだろうけれど、サヨクの運動デモのときなどは到底認められないでしょ。それも駅の中からやっているんだから危ない。

と、備忘録でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ