2008/4/27

2008.4.26inNAGANO  外国・外交

昨日、長野に行ってきました。まあ駅前を数時間ウロウロしていたようなもの。
数日前に指定席を取ろうとしたのだが、朝1番のは満席、朝2番のに乗り、まあ午前9時少し前に着きました。
で東京駅に早くつけたので朝1番の自由席に乗ろうとしたのですが、中国支援の人ばかりでとっくに満席でした。

私は、カレンダーの紙の裏に下記の通り書いて持参しました。
下段は、むしろ更に過激だったかも。
Free Tibet !
Free China !

で感想など。

1−うーん、中国支援の方が多かったな、次に警察官、次にチベット支援、マスメディア。駅前の感覚で言うと、中国支援は全体で5000人はいるのでは?という感じ。

2−聖火自体はとんと見られませんでした。とても見えるものではありません。

3−中国支援の人の、まあ統一的な行動には驚きました。遠くに大型パスがあって、大学ごとかなぁ、班別みたいになっていて、10数人ずつ移動して行動していた。
チベット支援の方は、一部には統一してきているみたい人がいたが、あとはまあ良い意味でも悪い意味でも烏合の衆。西洋人もかなりいた。

4−中国支援の人の旗その他は、まさに統一的。大きなもの、小さなもの、アイラブ中国の紙。
チベット支援の方は、烏合の衆。購入されたような大小さまざまな旗の外は、パソコン印字、手書き文字の紙。

5−テレビを後に見ると、やたら激している対立のところばかりのような感じね。でも現地は違うのです。各地で大声での歌声やスローガンや、激した口論対立もあったけど、そこでは両派が決して暴力に走らないように互いに自省しあっていた。

で、重要なことは、端っこのほうでは、両派の人がタバコを吸いながら議論していたり、とか。

6−私、中国派の大きな声をしていた人が、ダライラマと麻原彰晃のツーショット写真を掲げていたので、思わず「麻原を知っているの?ドゥーユーノー麻原?」と聞いてしまった。するとなんか興奮して「あなたシニタイデスカ」と言われてしまった。うーん「シリタイデスカ」だったのか分からん。でそれは辞めた。

まったくもって、ダライタマ政庁は、ちゃんとオウム問題を総括して償わないから、このように利用されるのです。

7−5の所では、チベットの歴史的経緯とかもあるが、むしろ中国の民主化が議論されていたように感じた。
留学生としては中国の民主化問題は知っているし、私も「今日の長野みたいな自由が中国でもできるといいね」と日本語や片言の英語で言うと、同意せざるを得ないみたい。いつもは中国の民主化に心寄せている人が、今回はナショナリズムで動くほかなかった、のでしょう。

8−それにしても右翼の「シナ人出て行け」は邪魔だな、いかんよ。右翼が「フリーチベット」とよくもまあ言うもんだ。

中国支援の方の、赤いやたら大きな旗、それも大量なのは邪魔ですよ、鉄柱?も入っていて危ないよ。警察は注意すると反作用が怖いからしない方針にしたのだろうけれど、サヨクの運動デモのときなどは到底認められないでしょ。それも駅の中からやっているんだから危ない。

と、備忘録でした。
0

2008/4/23

4月26日、長野へ  外国・外交

まあ、先にこのブログにも書いてしまった。
なので、26日に長野に行きます。朝早くから。
用事で、昼過ぎには帰途につかないといけない。

「FREE IN CHIBET」
で良いのかしら、綴りが間違っていないかしら。

日本ではあの聖火防衛隊ではなく、機動隊の警護ということ。
えらいっ、日本警察。

あのー、
1−聖火に対しては、なんら妨害活動をしないようにしましょう。
2−右翼の街頭宣伝車はまさに邪魔者です。日本国民のごく一部の反中国派がしていると思われてしまう。
3−チベット旗をもったとき、2000人くらいの中国の人が妨害するやも知れず、正々粛々と、ここは表現の自由がある日本だと議論し、ある程度の被害はありえても甘受しましょう。

--------
なお、チベット政府、ダライタマは、オウム問題の清算をして欲しいと思ってます。
だが、それはそれ、これはこれ。
0

2008/4/23

安田弁護士−高裁で逆転有罪  憲法・社会・官僚・人権

高裁で逆転有罪だったんですね、驚き。
一審では詳細な事実審理の上で、殆ど真っ白無罪。
それが逆転とは、驚き。

私は、安田弁護士の、
・死刑廃止論や
・光市事件での弁護団の記者会見などでの失礼さ
・何より、死刑判決の蓋然性が高いときは着々と時間をかけて弁護する
というやり方には大いに反対であり、かつもと今はその同じ事務所の
・松井弁護士に就き先に述べたとおり懲戒請求をしているものですが

それはそれ、これはこれ。

この事件では安田弁護士は無罪になるべきだと考えており、
まあ名前だけですが、高裁の弁護人弁護士のひとりにになっています。
驚き。
次は最高裁だな、と思う。裁判所の独立がためされているように感じる。
0

2008/4/22

光市母子殺人事件  カルト・宗教・犯罪

死刑判決だったんですね。
それは最高裁で原審破棄差し戻しがされたときから蓋然性の高かったことですが、やはり。

1−判決文で私が注目するのは、「熱心な弁護活動の中、反省が薄れたとも言える」とかいう文脈です。

うーん、うーん、具体的な事件の証拠関係その他を、あまり知らないので概論になりますが、弁護活動批判ですよね。よほど高裁裁判長らは怒ったのだろう、と思います。

ただ、最高裁で、元の高裁の無期懲役判決について破棄差し戻しがあった中で、情状論で死刑判決を避けられるはずがないのも確実。たとえ荒唐無稽であっても、本人がそう言っているならば、その弁護活動を批判する文脈はいかがなものか、と考えます。

2−量刑水準としては、確かに年齢、境遇からするに、一歩、重くなってきたのだろう、と考えます。弁護士、裁判官、検察官ともにその職にある人はそう考えているだろう、と思います。

人を殺せば直ちに死刑、というならば簡単だけれど、しかしそういうものではないです。やはり。もしそうならば、殺人事件は暗数を含めて年間2000人くらいだから、?本来はそのくらいが年間の死刑になっていなければらないことになる。

3−週刊朝日に鳩山法務大臣の死刑論議の記事があるみたいです。
だが、なんか読む気がしない。
一度は死刑執行に立ち会ってから言ってくれ、できる立場なんだから、と思う。
0

2008/4/19

人は時に人を殺して良い  憲法・社会・官僚・人権

うーん、死刑廃止論議を見ていて、時に
1−人は、決して人を殺してはいけないから(宗教者の言い方だったり、「人権派」の言い方だったりする)
2−国家にあっても、人を殺してはいけないから(亀井議員の言い方)
なんていうことをいう人がいて、唖然とします。

私は、死刑廃止論の理由として、
1−冤罪の危険性とか、
2−死刑執行人の苦悩、というところを言うのはよく分かるんです。
ただ、それでも
1−冤罪の危険性がないというほかない事件もある。
2−誰かが執行しなければならないものであって崇高な職務である。苦悩を少しでも減少させるべく、それを環境、社会認識、哲学、イデオロギーにおいて設定すべき
ということから、私は死刑存置論なんです。

>1−人は、決して人を殺してはいけない
というの間違いですよ、明らかに。議論が乱雑に過ぎる。

自分や他の人を今、殺そうとする人がいればその人を正当防衛により殺しても違法ではないし、船が沈没して1枚の板を2人が争うとき相手を蹴飛ばして海に沈めても(カルネアデスの船板)違法ではない。まあどちらの場合も従容として自分の方が死ぬ人もいるだろうし、映画タイタニックのデカプリオみたいなことはできると思うが、誰も、正当防衛での殺人さえしない聖人?になれ、と人にいう権利iもない。

私は戦争は避けたいけれども、真実の自衛戦争であれば、攻撃してくる人を殺しますです。自衛戦争も認めます。真実の自衛戦争かどうかが問題ですが。モーパッサンの短編集の中の「脂肪の塊」というのが哀しいものなのですが私は好きだなぁ。

つまり「人は時に人を殺して良い」んです。

>2−国家にあっても、人を殺してはいけないから
亀井議員がこんな感じて言っているんだけれど、そうすると亀井議員は自衛戦争も否定的にとららえるのかなぁ、そうは言っていないと思うので不思議。

国家が殺さなくて誰が殺すんだろうか、と思う。

死刑廃止の流れは、キリスト教における「最後の審判」が深く影響しているように思う。人が処罰しなくても、被告人が死亡した後のいつかの「最後の審判」において神が審判してくださる、という感覚、ね。まあ仏教でもあらゆる人に対する「慈悲」概念が影響しているのかな。
だが、そんな宗教概念みたいなものとか、決め付けに同調される謂れはない。

昔のように仇討ちを合法化したいのだろうかしら。
仇討ちは武士階級にしか許されなかったが、町人や農民が仇討ちで殺したときは、十分に情状酌量されていたのだろう、と思います。で
仇討ち制度は、たまたまその立場になった被害者武士の子どもらに非常な負担をかけたものでしょうね。そしてもちろん、仇討ち制度などあれば、法秩序は混乱するばかりでしょう。
死刑を含め刑罰は、個人や地域、部族、お家というものから刑罰権を国家が奪った代わりに、国家においてやってくれなければ困るものです。「日本」がいつまで国家かは分からないが、そのような「国家」というもの自体は死滅しようがない。

最後に、
1−私の死刑存置論の積極的な根拠は
「生物にとって自分の命は通例最も大切なもの。その大切なものをもって贖うのが最も重い刑罰であり、もっとも重い刑罰を廃止することは間違っている。そして刑罰の本質は応報であって、人間が決して神ではない以上、死刑制度を存続させるべき」というところです。
2−その上で、具体的には被告人により死刑は不相当・不適切というべきものがあり、その一つとしてオウム事件における教祖以外の12人がある、と考えています。
・マインド・コントロールの激しさ、
・1994年5月からの事件は明らかにイニシエーションとして使われた薬物使用影響が現れていること、
・12人は、個人それぞれは何らの犯罪傾向がないものであったこと。
によります。

参考までに、私が麻原法廷で述べたことなど下記にあります。本人は右2メートルほどに、二女や三女が傍聴席にいるところで述べてきました。同被告の死刑執行には立ち会いたいです。
資料 30 2003.3.27−「麻原さん」法廷で最後の意見陳述−東京地裁にて
資料 25の2 − 資料25のより正確なもの
資料 25 2000.5.12−麻原さん法廷での、最後の陳述予定のもの
資料 24 2000.3.9−麻原さん法廷での滝本陳述−予定していたもの
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shiryou24-.htm
1

2008/4/16

暑い  日常のこと

体温調節機能が衰えているのか
昨日、一昨日と急に暖かくなり、なんか変。
仕事は従前どおりしているが、眠かったりする。

先日左胸が痛く、医者にいった。
1994年6月と同じく自然気胸かしら、だったらまた内視鏡手術かなぁ
(あの時は、私へのサリン攻撃の翌月だったのが判明したが因果関係は不明)
と思ったら、今度はレントゲンからは異常なし、とのこと。

うーん、わからん。心電図、血液検査をしてもらったがどうなるか。
結果を聞きにいく時間がない。まあ連絡がないのだから
異常なし、心の痛みと推測か、だったりして。

というか、腰が痛いこともこのところ多くあるから、筋肉痛かも、
とも思う。

閑話休題

0

2008/4/10

頭が下がります  カルト・宗教・犯罪

お疲れさまでした。高橋さん、阿部先生、皆様
以下の高橋さんブログ。
http://blogs.yahoo.co.jp/whitecat12browncat12/22400222.html

うん、9日の10時から回るところ私は裁判期日が入っていて行けなかった。
申し訳なかったです。
お疲れさまでした。高橋さん、阿部先生、皆様

以下、上記ブログの抄本
>朝10時から午後5時まで、昼食に30分ほど
>衆議院第一議員会館、第二議員会館、参議院議員会館
>あちらへ行って、こちらへ行って、
>1階から7階まで行ったり来たり
>管財人、弁護団とも弁護士という仕事を越えて
>「ラ・マンチャの男」じゃないけど、
>被害者救済という真心一つ
>残党といわれる後継団体の信者たちに
>爪の垢を煎じて飲ませたいくらい
>与党案は、3900人近くに12億円ほどの見舞金
>--ということは、結局与党案では、
>支給額を4億円ほどに押さえたいという意向なのか?
>--今さらながら、オウム真理教や現在の教団、
>信者を恨まずにはいられない.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ