2008/2/29

ネットでの批判記事無罪―平和神軍相手の件  カルト・宗教・犯罪

カルト的な団体について、一般人がサイト上に記述したことについて、刑事起訴されていましたが、本日、無罪となりました。

珍しくも刑事起訴の前から始まっていた民事訴訟は、末尾の通り。
(民事訴訟が先行しているとき、通例は刑事起訴はしないのだが、なんで?)

東京新聞は、下記
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008030190070727.html

紀藤正樹・山口貴士弁護士らが弁護活動をしていました。

紀藤弁護士のサイトは下記
http://kito.cocolog-nifty.com/

山口弁護士のブログ
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2008/02/post_1756.html
2008年2月29日午後1時半 東京地方裁判所428号言い渡し
>【主文】被告人は無罪
>【要旨】(公訴棄却の申立て)●公訴棄却の申立ては理由がない。
>(名誉毀損罪の構成要件該当性)●肯定。⇒ 一部納得できない。
>(公共の利害に関する事実)○肯定!
>(公益目的)○肯定!
>(真実性/相当性)
>●真実であるとの立証はない。⇒ 納得できません
>●相当性も認められない。⇒ 納得できません
>(特別の違法性阻却事由)◎インターネットの個人利用者としての調査義務を尽くしていたことなどを評価し、名誉毀損罪の成立を否定した。⇒ 評価できる。大手マスメディアと個人では調査義務が違うことを明らかにした。
-----------
とのこと。

当たり前の結論ですが、実に、良かったです。
それにしても、
1―なんでその記述が問題とされたのか。
2―平和神軍などの問題性を検察官は知らなかったのか。
3―しかも起訴という判断を、なんで検察官はしたのか。
が不思議です。

詳しくは、オーマイニュースにて、吉本 敏洋さんという人が、報道してくれています。
―サイト上の記載で名誉棄損「刑事」裁判、表現の自由と法制度を考える―

http://www.ohmynews.co.jp/news/20070410/1878
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070410/2968
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070621/12388

----------------
民事訴訟外について―ウィキペデイアより
このチェーン飲食店会社(以下A社と表記)は2003年2月10日に、平和神軍観察会の管理人である個人に対し、名誉毀損と営業妨害を理由に3,150万円を請求する訴訟を東京地方裁判所に提起する。中杉弘(本名黒須英治)が運営する日本平和神軍との一体性があるかのような記述をされたためである。

判決では、東京高等裁判所での控訴審と最高裁判所での上告審において、「被控訴人(A社)と黒須英治とは一定の関係があると評価することは誤りではない」と認定されたものの、「日本平和神軍との関係が個別の法主体性を否定されるほど一体又は極めて密接なものであるとまでいうことはできない」として、平和神軍観察会の管理人に77万円の賠償を命じる判決が確定している。

刑事裁判―A社からの告訴を受け、2004年12月28日に平和神軍観察会の管理人が東京地方検察庁から起訴される。
---------------
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ