2008/2/11

南大門−放火炎上  憲法・社会・官僚・人権

ぎえっ、燃えてしまったんだね。なんと。
テレビでもみたが、実に全く大変なことです。

放火なのかな、みたいだね。

思い出したのは、金閣寺の炎上。
まあ、戦後ではあっても私が生まれる前だし、テレビ映像を見たこともないが、
水上勉の文庫「五番町夕霧楼」の中の小説?とか、三島由紀夫の「金閣寺」で読み、またなんだったか映画で見た記憶。
衝撃的だったのは、金閣寺の放火犯は若いお坊さんであったということです。
今、調べれてみれば、実母が記者から飛び降りて自殺しているんだね、なんと。本人は病気が?亢進して獄中で死亡だとのこと。うーん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA%E6%94%BE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

南大門は1300年代の建築、韓国で最も旧い木造建物ということであり、国宝一号とのこと。
日本で言えば、金閣寺よりももっと、うーん法隆寺が焼失したようなものだろうか。

行ったことはないけれどソウルの真ん中だから、モロに燃え落ちるところを多くの人が見たし、テレビではほとんど全国民が見たのだろう。
だから、金閣寺の場合よりも更に格段のショックだろう。

(あっ、思い出した。金閣寺の放火については、管理の為に昼は人がいるのだが、夜間はいない。で「現住建造物に当たるか」「非現住建造物」かの争いがあったのだったかしら。判決は懲役7年程度だったようだし。結論はおって調べます。)

で、すこし自分として不安に思うこと。
−まさか日本人が犯人ではないだろうなぁ。
・「嫌韓感情」ということで、ひどく感情的な国民は両方にいるし、
・2月11日は考えてみれば、日本の建国記念の日、昔で言えば神武天皇が即位した日?だから。

まあ違うと思うけれど。坂本弁護士一家殺人事件の調査においても、11月3日夜−日本国憲法公布の日−ということで気にしていたものです。朝日新聞社襲撃殺人事件はその少し前の5月3日−日本国憲法施行の日−だったし。でも坂本事件については、11月3日夜が犯行日となったのは、その前からの経緯の中で麻原が指示したからという偶然に過ぎず、特に何の意味もなかったものでした。

朝鮮の方々に対して、お悔やみ申し上げます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ